プラウドタワー武蔵小金井クロス(新築)−人気の駅近×大規模×再開発のタワー誕生

JUGEMテーマ:マンション


★ JR中央本線「武蔵小金井」駅より徒歩3分(nonowa口より徒歩2分(イースト)・徒歩3分(ウエスト)の場所に立地する野村不動産分譲・清水建設施工・地上24階地下2階建(イースト)、地上26階地下2階建(ウエスト)・総戸数716戸の『プラウドタワー武蔵小金井クロス』です。

 アドレスは小金井市本町6丁目です。本町(ほんちょう)は、1丁目から6丁目まであり、小金井市の中央部に位置します。北は桜町、東は緑町、南東は中町、南は前原町、南西は貫井南町、西は貫井北町に隣接します。JR中央本線が東西に貫通しており、1丁目・6丁目はJR中央本線の南側、2丁目〜5丁目がJR中央本線の北側にあります。

 本マンションの所在する6丁目には小金井市役所が置かれ、小金井市の行政における中心でもあります。おおむね西から東へ仙川が流れています。本マンションの所在する本町6丁目の住宅地は、小金井市の中でも最も価格が高くなっています。本町には本年1月1日現在で10,854世帯20,251人が住んでいますが、このうち本マンションの所在する本町6丁目には1,002世帯1,860人が住んでおり、本町の中では世帯数・人口とも最も少なくなっています。


 「武蔵小金井」駅から本マンションまでは徒歩2分(イースト)・徒歩3分(ウエスト)です。同駅NONOWA口からアクウエルモールを通り抜けて南下するだけのルートです。駅まですから、武蔵小金井アクウェルモールまで徒歩1分(イースト)・徒歩3分(ウエスト)、イトーヨーカドー武蔵小金井店まで徒歩1分(イースト)、徒歩2分(ウエスト)、nonowa武蔵小金井まで徒歩2分(イースト)・徒歩3分(ウエスト)と、各種商業施設にとても近いのが大きなメリットです。小学校は、市立第一小学校まで徒歩7分(イースト)・徒歩9分(ウエスト)です。

 また、都心へのアクセスは、「吉祥寺」駅直通9分(通勤時9分)、「新宿」駅21分(通勤時28分)、「渋谷」駅25分(通勤時33分)、「池袋」駅26分(通勤時34分)、「東京」駅34分(通勤時42分)、「銀座」駅34分(通勤時41分)と良好です。ただし、JR中央線頼みなので同線が事故・災害等により動かなくなると影響を受けやすい面があります。

 本マンション敷地内には広大な
コミュニティ広場創出、2020年夏には足元に、生活サポートから、ファッション雑貨、食料品まで、真新しい施設に活気とにぎわいにあふれる4階構成の大型商業施設が誕生予定です。共用施設はゲストルーム3室、フィットネススタジオ、ヨガスタジオ、マルチラウンジ、キッズルーム、ライブラリー&カフェラウンジ、アクアラウンジ、パーティラウンジ、スカイワークサロンと多彩です。

 タワーは
清水建設施工の制震構造です。直接基礎工法なので、地盤の強さが安心できます。武蔵野台地の高台に立地しますので、特に南側の国分寺崖線に向けた眺望が良好です。西南側には富士山の眺望も得ることができます。

 廊下は内廊下設計で、ワイドスパンが中心の間取りです。
1R〜4LDK、専有面積34.03平米〜112.41平米のプランで、幅広い層をターゲットにしています。

 販売価格の発表はこれからですが、お隣の駅で分譲中の
『シティタワー国分寺 ザツイン』が平均坪単価420万円台(ウエスト)、390万円台(イースト)ですので、やはり平均坪単価400万円台内外が基準となっていくのでしょう。

 公式HPによれば、東京都の築10年マンションで
最寄り駅から徒歩3分以内であればリセールバリューが105.6%、総戸数が500戸以上であればリセールバリューが145.7%なのだそうです。本マンションは、その両者を兼ね備え、かつ、大規模再開発物件でもありますので、中古市場での資産価値は本エリアでトップクラスになることでしょう。

 しかし最近は、このような傾向を見越して価格に織り込んでしまうため、
当初の分譲価格が高騰する傾向にもあります。今回の価格設定がどの程度になるか、また、それが停滞気味の直近の市況から見て妥当なのかどうかがポイントです。

 野村不動産は、2008年に同じ「武蔵小金井」駅で
『プラウドタワー武蔵小金井』(「武蔵小金井」駅徒歩1分)を、2016年に「立川」駅で『プラウドタワー立川』(「立川」駅徒歩2分)を分譲し、JR中央線沿線でも名を馳せています。本物件もこれらに続く成功物件となるか、注目です。販売時期は来年1月下旬からが予定されています。

公式ホームページ ⇒プラウドタワー武蔵小金井クロス

TOPへ


| 新築マンション 小金井市 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) |