THE GRAND MILLENNIA TOWER&SUITE(グランドミレーニア)(新築)−「動」の池袋・「静」の目白間の坪350万円タワー
JUGEMテーマ:マンション

★ JR山手線・同湘南新宿ライン(宇都宮線&横須賀線)・同埼京線・東武東上線・西武池袋&豊島線・東京メトロ丸ノ内線・同有楽町線・同副都心線「池袋」駅より徒歩6分、JR山手線「目白」駅より徒歩9分の場所に立地する住友不動産分譲・前田建設施工・地上31階地下1階建・総戸数411戸の『THE GRAND MILLENNIA TOWER&SUITE(グランドミレーニア)』です。

 アドレスは豊島区南池袋1丁目です。南池袋は、北側は東池袋、東側は雑司が谷、文京区大塚、南側は目白、西側は西池袋に接しており、「池袋」駅東南側及びグリーン大通りの南側を占め、雑司ヶ谷霊園南側を除いて旧弦巻川暗渠よりほぼ北側にあたります。雑司ヶ谷霊園は南池袋4丁目の大半を占めるため、それに関連する寺社も多く存在します。なお、もともと南池袋1丁目は雑司が谷6丁目でありました。

 また、
西武百貨店池袋本店、池袋パルコ、池袋ショッピングパーク(東口地下街)を始めとして「池袋」駅東口の繁華街を東池袋と二分する形で街並みを形成し、主に南池袋1丁目はショッピング街、グリーン大通り沿いは金融街になります。その一方で、雑司ヶ谷霊園や南池袋公園を始めとした神社仏閣や緑地が多く、静寂な環境でもあるため各種学校や大学も存在しています。

 東池袋地区再開発計画に伴い、明治通りのバイパス設置工事によりグリーン大通りとの交差点から南に道路用地が確保整備されています。豊島区内では都電荒川線沿いに雑司が谷・高田まで延伸し新目白通りに連絡する予定です。雑司ヶ谷霊園付近の家屋は既に立ち退いており、明治通りの渋滞は緩和されますが旧来の町並みが消滅しつつあります。また、明治通りと交差し西口の繁華街に通じるびっくりガードがあり、ホテルメトロポリタンから劇場通りへと繋がっている交通の要衝でもあります。

 本マンションの
最大のセールスポイントは、動の「池袋」エリアと静の「目白」エリアの両方の魅力を享受できることです。まず、大型デパートをはじめ、ファッション、グルメ、生活雑貨、大型家電量販店から、映画館、水族館などのエンターテイメント施設まで、多彩な店舗が揃う日本有数の商業エリア「池袋」が徒歩圏にあり、現地から徒歩 6分のビッグターミナル「池袋」駅には、JRや私鉄、地下鉄各線が乗り入れており、新宿、渋谷、東京をはじめ、大手町や銀座など、主要なビジネスエリアやショッピングゾーンへダイレクトアクセスが可能です。

 一方、現地付近には
桜の名所と知られる区内最古の寺である法明寺や目白庭園徒歩9分の「目白」駅周辺には学習院大学、さらに雑司が谷や椿山荘など、緑陰のロケーションも広がっています。また、「池袋」駅から本マンションまでのルートも、池袋の雑多な繁華街を通らなくても済むというのも立地にふさわしいメリットです。

 第2の特徴は、大規模タワーマンションでありながら
「公開空地」を設ける必要がなく、ゲートで守られたタワーマンションになっていることです。これにより、敷地全体にセキュリティを構築することが可能となり、防犯カメラを含めると6段階のセキュリティにより敷地、建物内への第三者の立ち入りを制限し、24時間×365 日の有人管理と併せ、居住者の安心感を高めています。また、明治通りから建物まで約40メートルのアプローチを確保、プライバシー性を高めるとともに、都会の喧騒からも充分に距離を取ることを可能としました。

 なお、本マンションは
ハンズフリーシステムを採用、両手に荷物があってもわざわざ鍵を取り出す必要がありません。細かな点ですが、これは結構重宝します。セキュリティの高さは煩わしさの裏返しでもあるのですが、ハンズフリーはこの問題を大部分解決してくれます。

 第3の優れた点は、
全住戸ワイドフロンテージである点に加え、主開口部側の柱を室外に出すアウトフレーム工法により、有効率の高いゆとりある室内空間を実現していることです。タワーマンションにありがちな柱の出っ張りをなくし、狭い専有面積でも隈なく活用することができます。また、住友不動産お得意のダイナミックパノラマウインドウによりダイナミックな眺望を楽しめますが、北向き以外は夏の日照の暑さ対策が必要となるでしょう。

 建物外観は、
建物四隅に柱を配さず、コーナーサッシを採用することで、視覚的なボリューム感を軽減するとともに、ブルーグレイのタイルを基調とすることで、ガラスの輝きとタイルの質感が織り成す洗練されたファサードデザインになっています。免震タワーである点もポイントとなるでしょう。

 共用設備はエントランスホール以外ほとんどなく、ある意味潔い選択です。エントランスゲート、グランドエントランス、エントランスホールはワインレッドの壁を用いるなど「アヴァンギャルド」(前衛的)なデザインとなっており、都市型タワーマンションのスタイリッシュ性を強調しています。

 本マンションの
間取りは1LDK〜3LDK、専有面積43.08平米〜82.59平米で、『シティタワー武蔵小杉』と同様、最近の住友不動産のタワーマンションは専有面積を抑えることでグロスを低くし、買いやすい価格帯に仕上げています。上記のように、アウトフレーム工法で間取りの有効面積を広げればコンパクトかつ快適に居住することができ、買主にとっても(戸数を稼げる)売主にとってもメリットが大きくなるからでしょう。

 一方、
グロスの低さは坪単価の安さとは一致せず、本マンションの平均坪単価は350万円程度とされています。この価格帯は、同じく池袋タワーマンションとしてライバル物件でもあった『Brillia Tower 池袋』同水準となっています。

 ちなみに、
『Brillia Tower 池袋』(「東池袋」駅徒歩1分、「池袋」駅徒歩8分)は、豊島区役所との一体複合施設×隈研吾氏デザイン監修という話題性に富んだプロジェクトで、販売戸数322戸を本年7月13日の第1期登録受付開始より約7週間で全戸契約完売を達成しました。一方、本マンションについては、売主スタイルとして一気に売りに走ることはなく第1期先着順が45戸の販売となっています。

 第1期先着順販売の概要は、
間取り1LDK〜3LDK、専有面積43.08平米〜82.59平米に対し販売価格4,933.1万円〜9,381.1万円、坪単価375万円〜379万円程度となっています。また、第2期販売は10月下旬予定となっています。標準相場をごくおおまかに試算すると、322万円[目白坪単価]×0.988[駅距離補正]=坪単価318万円となり、本マンションの平均坪単価350万円程度と比較すると、標準相場より10%程度割高との試算結果です。

 これを
本年初頭まで平均坪単価200万円台後半で販売していた『ルミナリータワー池袋』(「池袋」駅徒歩4分)と比較すると、環境が異なるとは言え「かなり高い価格」と見えますが、今後のマンション価格の先高観やデフレ脱却を予想するならば、「今のうちに買いだ」となるかもしれません。

 目白・池袋エリアでも数々の大規模マンションを販売し、
エリア価格を形成してきた住友不動産も、この価格帯には自信があるものと思われます。日本の景気や成長力を信じるか否か、が本マンションの購入決断の鍵となりそうです。

公式ホームページ ⇒THE GRAND MILLENNIA TOWER&SUITE(グランドミレーニア)

TOPへ


| 新築マンション 豊島区 | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
リビオレゾン駒込六義園プライムゲートレジデンス(新築)−マンション名の長さの理由
JUGEMテーマ:マンション

★ JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」駅より徒歩2分の場所に立地する新日鉄興和不動産分譲・ナカノフドー建設施工・地上13階(ウエスト)・14階(イースト)建・総戸数90戸(ウエスト50戸・イースト40戸)の『リビオレゾン駒込六義園プライムゲートレジデンス』です。

 アドレスは豊島区駒込1丁目です。駒込は、豊島区北部・駒込台地に位置しますが、台地は昔から人が住む場所として格好の地であり、駒込一丁目遺跡地域からは、弥生後期の遺跡が発見されている区内有数の場所になっています。これまで20軒を超える竪穴住居が発掘されているほか、駒込の地名は多数歴史に登場しており、駒込は日本武尊が命名者との説があるほどです。

 本マンションは、
「駒込」駅からわずか徒歩2分の場所に立地します。同駅前南側ロータリーから南東へ伸びる道が3本あり、その真ん中の一番細い道を選択して、マクドナルドを左手に見ながら歩くと、道の両脇に本マンションの工事現場が現れます。

 この敷地は、本マンションの計画以前は
道路の両側ともラブホテル(ホテル・アルパ及びホテル・アルパパート2)がありました。駅前にもかかわらずそれだけ人目のつかない静かな場所だったといえるかもしれません。いずれにしても、本マンションの誕生は周辺の方々からも歓迎されていることと思います。なお、本マンションのお隣には劇団東俳の事務所が入るビルがあります。

 総戸数が100戸近くあり、「駒込」駅徒歩2分の立地は、平成20年竣工の『パークハウス駒込六義園』以来です。しかも、同じ徒歩2分表示ながら、同駅への距離は本マンションの方が近くなります。本マンションを過ぎると、上記のパークハウスをはじめ、コーシャハイム等の落ち着いたマンション群が道沿いに続きますが、本マンションがその住宅群の入口になるというわけで、まさにマンション名の「プライムゲート」を実感します。

 「プライムゲート」の意味合いはこれだけではなく、
同駅の商業エリアへの入口であり、かつ、徒歩3分の六義園へのゲートにもなりうるという意味を込めています。私も現地を歩きましたが、六義園に連なる雰囲気はあまりなかったものの、商業地と住宅地の接点という利便性は実感しました。同駅との間にはスーパーがなく、同駅を飛び越すか(エネルギースーパーたじま)、同駅からさらに離れるか(大丸ピーコックなど)しかないのが唯一不便を感じる点です。

 本マンションは、
道を挟んで地上14階建て40戸のイースト棟と地上13階建て50戸のウエスト棟の2棟からなり、まるで鳥居のような「ゲート」になっているとも感じます。本マンション名が長いのも、「駒込」にあって「六義園」に近く、しかも最前線(「プライム」な)の「ゲート」であり、どの要素も名前で表現したかったからなのでしょう。

 間取りは、
総戸数90戸中角部屋が77戸あり、1LDK・2LDKが中心となります。駒込という立地を活かしてファミリー層も住める3LDKが欲しかったとの声もネット上にはありましたが、駅前ながらそれだけ環境的にも悪くない場所といえます。3人のご家族でしたら2LDKにお住まいになることもできますので、そのような需要は結構多そうです。ただし、45.88屬2LDKは、間取りを上手にとってはいるものの、やはり狭さを感じるのではないでしょうか。なお、通学校である駒込小学校には徒歩9分、駒込中学校には徒歩8分の距離となります。

 販売価格は、専有面積37.26屐56.12屬紡个3,000万円台〜5,500万円台、坪単価にして274万円〜329万円程度となります。標準相場をごくおおまかに試算すると、276万円[駒込坪単価]×1.091[駅距離補正]=坪単価301万円となり、上記坪単価レンジの中央値と比較すると、ちょうど相場どおりとなりました。安心して購入できる適正価格ということができるでしょう。

 売主である
新日鉄興和不動産は、新日鉄都市開発と興和不動産が本年10月1日に経営統合してできた会社で、本マンションは、そのスタートを飾る物件の一つともなります。新日鉄都市開発は系列の販売会社を持たず、グローバル住販などに販売を受託していましたが、本マンションの販売受託は三井不動産レジデンシャルが担っています。

 私が現地を訪れたときは、三井不動産レジデンシャルの販売スタッフの方々が現地の様子を見に来て、
チラシの置き場所などを指示したりしていました。販売開始は11月上旬予定で、いよいよ予約受付開始、そのロケーションの良さ等から購入検討者の期待が高まっています。

本マンションの工事現場を「駒込」駅方面に向けて写したものです。本マンションが駅前商業地へのゲートの役割を果たします。車の往来はほとんどなく、駅前にもかかわらずあたりは静かです(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



本マンションウエスト棟の工事現場です。イースト棟よりも敷地面積が広く、戸数も10戸多くなります。



本マンションイースト棟の工事現場です。ウエスト棟よりも階数が1階多い地上14階建てとなります。



本マンションの工事現場から南東側の住宅街に向けて写したものです。交差点を越えると、緑の多い落ち着いたマンション主体の住宅街です。写真左手に劇団東俳の事務所のビルがあります。



公式ホームページ ⇒リビオレゾン駒込六義園プライムゲートレジデンス

TOPへ


| 新築マンション 豊島区 | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
プレミスト西池袋(新築)−華やぎと落ち着きの街にフィットしたコンパクト住宅
JUGEMテーマ:マンション

★ JR山手線「池袋」駅より徒歩9分、東京メトロ副都心線「池袋」駅より徒歩5分、同有楽町線「要町」駅より徒歩3分の場所に立地する大和ハウス工業分譲・青木あすなろ建設施工・地上14階建・総戸数74戸の『プレミスト西池袋』です。

 アドレスは豊島区西池袋5丁目です。西池袋は、元々、中小規模の商店や飲食店の多い商店街が広がっていましたが、戦後、旧豊島師範学校跡に西口マーケットと呼ばれた闇市が形成され長らく残ったため、東口に比べて開発が遅れました。闇市の撤去後も開発はなかなか進みませんでしたが、国鉄職員住宅団地跡にホテルメトロポリタンが建設されたのを皮切りに、旧豊島師範学校跡に東京芸術劇場が、芝浦工大高校跡にメトロポリタンプラザが建設されるなど、ここに来て街並みは大きな進化を遂げています。

 西池袋も、「池袋」駅周辺は、東池袋と同様の繁華街ですが、少し駅周辺を離れると、ずいぶん落ち着いた街並みとなります。本マンションの立地場所周辺も、商店や飲食店は周囲にありますが、住む場所としては東池袋側よりも適した雰囲気です。道路の向かいには祥雲寺があり、本マンションの窓からお墓が見える可能性はありますが、緑に親しめる住環境ともなっています。

 本マンションの
最寄駅は「要町」駅で、本マンションから西へ要町通りを下ること徒歩3分で着くのですが、使用頻度としては少ないでしょう。「池袋」駅までは、東京メトロ副都心線のC2入口までほぼフラットな道のりを徒歩5分で、地下に入ってからはエチカ池袋を楽しみながらJR「池袋」駅まで行けるルートとなっています。

 池袋というと、夜の女性の一人歩きは大丈夫か、と心配する向きもありますが、この
エチカ池袋ルートは安心で、かつ、むしろ女性が楽しめる道のりのような気がします。また、地上ルートとしても、要町通りの南側は、立教大学や立教池袋高校がある文教エリアともなっています。立教大学は最近女子学生も多く、街の雰囲気は変わりつつあります。

 本マンションは、その
北側を要町通りに接する地上14階建てのマンションです。面積644.42屬良瀉呂北東角地で、東側にも細い道が走っていますが、ほぼ大通り沿いのビルに囲まれた立地と言っていいでしょう。西側及び東側には商業ビル、そして南側にはマンションがあるため、北向きバルコニー中心(C〜Fタイプ)ですが、L字型の敷地形状に合わせて南向きバルコニー(A〜Bタイプ)もあります。

 外観は、並木道の
緑に映えるホワイトフォルムで、エントランスホールは2層吹き抜けとしました。建物は単純な板状ではなく、CタイプとDタイプの住戸の間に切れ込み状の窪みを作ることにより光と風を取り入れ、角住戸率を83%としています。しかし、それでも北向き住戸の日照には厳しいものがあると思われます。

 設備・仕様としては、
食器洗い乾燥機、天然御影石のキッチン天板が目を引きます。二重床・二重天井、複層ガラスなど、構造面も基本を押さえています。日常のお買いものは、「池袋」駅西口の東武百貨店等で帰宅時に買うのが便利です。このほか、マルエツが徒歩10分、ファミリーマートは徒歩1分の距離にあります。

 間取りは、
1LDK(35.58)、2LDK(47.39屐49.74)、3LDK(63.29)といずれも通常の間取りより一回り小ぶりなサイズになっています。「池袋」駅周辺に住もうと思うと、やはり広さは諦めなければならないのかもしれません。どの間取りも、一番小さな洋室は4.0帖又は4.3帖と、4.5帖未満の広さとなっています。

 販売価格は、2,670万円〜5,990万円で、坪単価換算で248万円〜313万円です。標準相場をごくおおまかに試算すると、287万円[池袋坪単価]×1.041[駅距離補正]=坪単価299万円となりますので、上記坪単価レンジの中央値と比較すると、約6%割安との結果となりました。

 しかし、購入検討者からは、住環境が異なるとは言え、
「池袋」駅東口徒歩4分で現在分譲中の『ルミナリータワー池袋』の坪単価が229万円〜332万円、平均坪単価は200万後半とされていることから、相対的な比較として割高であるとの印象を持たれているようです。しかし、もし単身女性が1LDKの購入を検討するとしたら、私は本マンションの方が条件はよいと思います。

 そういえば、私の
知人のキャリアウーマンも要町に長く住んでおり、この辺りは実は女性にとって住みやすい場所なのでしょう。都心のように取り澄ました雰囲気がなく、渋谷のように若すぎもせず、「池袋」駅周辺には、東武百貨店・西武百貨店・ルミネ・パルコ・マルイシティ・ビックカメラ・ヤマダ電機LABI1日本総本店などが密集しており、ファッション度が高く、利便性はこの上ありませんエチカ池袋もできてうらやましささえ感じる街並みにフィットしたマンションということができるでしょう。

本マンションの工事現場を要町通りから写したものです。この向きがメインで北向きになります。街路樹の緑が潤いを与えています(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



本マンションの北側が接する要町通りです。首都高速に向かう道路でもあり、交通量があります。バスも頻繁に通っており、便利です。



本マンションの南側です。隣接するマンションとの間に隙間がなく、圧迫感があります。



本マンションの東側道路から要町通り方向に向けて写したものです。写真左手が本マンションの工事現場です。



同じく本マンションの東側道路を南方向に向けて写したものです。車の往来は少なく、この先はマンション等の住宅街になっています。



本マンションの工事現場の西側を見上げて写したものです。こちらも隣接ビルとの隙間がほとんどありません。




公式ホームページ ⇒プレミスト西池袋

TOPへ


| 新築マンション 豊島区 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
ルミナリータワー池袋(新築)−池袋の利便性を最も享受する割安タワー物件
JUGEMテーマ:マンション

★ JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線、東武東上線、西武池袋線「池袋」駅C9出口より徒歩4分の場所に立地する相鉄不動産&名鉄不動産分譲・長谷工コーポレーション施工・地上30階地下1階建・総戸数219戸の『ルミナリータワー池袋』です。

 アドレスは豊島区池袋2丁目です。池袋は、現在の「池袋」駅西口のホテルメトロポリタン一帯に存在していた、袋型の池が袋池(丸池)と呼ばれており、それが地名の直接の由来となったとされています。古くは武蔵国豊嶋郡池袋村といい、中世にはすでに近隣の地名(長崎・雑司ヶ谷・巣鴨・高田など)とともに確立していたと考えられます。

 明治に入り、1889年の町村制施行で、
巣鴨村の大字となりましたが、池袋の地は古くは栄えているとは言いがたい農村地帯でした。ここが栄えるきっかけとなったのは、鉄道の開業です。特に、東京市電(1943年に東京都電となる)が1939年に「池袋」駅前に乗り入れ、この頃から交通の結節点として、賑わいを見せるようになります。

 今や、
池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つで、「池袋」駅を中心に巨大な百貨店や専門店、飲食店などが局在しています。「池袋」駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)で、「池袋」駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街があります。

 本マンションは、
「池袋」駅西口側に立地します。同駅西口には、売り場面積都内最大の東武百貨店、ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場、池袋西口公園等があります。

 本マンションは、そんな
繁華街の一角に立地します。「池袋」駅入口までは徒歩4分、本マンション正面玄関から劇場通りを南下し、西口五差路の交差点にあるC9出口を利用します。もっとも、この出入口からJR「池袋」駅ホームまでは距離がありますが、来年度には東急東横線への乗り入れが予定されている副都心線ホームまでは近い場所です。

 辺りは繁華街であるだけに、例えば
子育て環境に良いかというと、必ずしもそうとは言えません。本マンションの裏通りにはラブホテル等が点在し、私が現地を訪れたときも、夜の街系の方々をお見かけしました。一方、日常のお買い物等は極めて利便性が高いです。同駅からの帰宅時には東武百貨店のデパ地下や専門店街を利用できますし、単身の場合には、飲食店街も充実、さらに本マンションの1階にはコンビニエンスストアが入ることが予定されています。

 加えて、本マンションの「池袋」駅徒歩4分の立地は、
現在分譲されている同駅を最寄りとするマンションの中では最も駅に近くなっていますし、近年次々とオープンしたEchika、Esola、ルミネなどお洒落度もアップしています。

 敷地面積は1,651.57屬函
タワーマンションにしては小さめですが、翼をモチーフとした斬新なフォルムは人目を引きます。地上30階建ての建物は、低層階・中層階は、近接する建物に眺望を阻まれますが、それを超えれば都心の眺望やきらびやかな夜景を手中にできます。

 間取りは、
タワーの形状から整形とならない居室が出てきます。一方、内廊下設計で、共用施設は充実しています。ただし、共用施設やソフトサービスが多彩な分、月々の管理費は高めになっています。建物は免震、制震ではなく、耐震構造です。二重床・二重天井、四重のセキュリティなど、タワーマンションとしての造り、体制はしっかりしています。

 第1期販売11月に行われ、総戸数219戸の約34%に当たる75戸が販売に出されました。間取り1LDK〜3LDK・専有面積40.30屐75.34屬紡个携稜箍然覆2,798万円〜7,578万円、坪単価換算で229万円〜332万円、平均坪単価は200万後半とされています。標準相場をごくおおまかに試算すると、280万円[池袋坪単価]×1.058[駅距離補正]=坪単価296万円となりましたので、標準相場より割安な価格設定と言えそうです。

 第1期販売の結果は
75戸中12戸が先着順販売に回り、他に要望のあった住戸等を中心に小刻みな販売を行って、現在第1期7次の販売となっています。なお、先着順販売の12戸は減っておらず、価格的には割安ながら、以外にも販売の進捗にはドライブがかかった状態とは必ずしもなっていません。

 利便性の裏腹にある周辺環境がなかなか購入の決断に踏み切れない理由でしょうか。一方、1LDKの購入者は女性が中心のようで、案外女性の方が本物件のメリット・デメリットを冷静に判断してさっと買っているのかもしれません。見方によってはお宝物件とも思える本マンション、竣工の平成25年2月まではまだ1年以上あり、今後はじっくりと販売していくものと思われます。

本マンションの工事現場を西側の劇場通りから写したものです。背後の東側には東横インなどがあります(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



同じく本マンションの工事現場を劇場通りから写したものです。周りを囲む工事の壁には本マンションの大きな宣伝広告が描かれています。



本マンションの西側を走る劇場通りです。片道2車線で交通量は結構あります。



本マンションの南側の通りです。ホテルやマッサージ店の看板などが通りに出ています。



本マンションの東側の通りです。南側の通りよりは住宅系の建物が多くなっています。




公式ホームページ ⇒ルミナリータワー池袋

TOPへ


| 新築マンション 豊島区 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
ザ・タワーレジデンス大塚(新築)−山手線駅徒歩4分にして落ち着きある閑静な立地
JUGEMテーマ:マンション

★ JR山手線「大塚」駅より徒歩4分、都営三田線「巣鴨」駅徒歩8分の場所に立地する東京建物・三菱地所レジデンス・中央商事・東京急行電鉄分譲、東急建設施工、地上23階・地下1階建・総戸数201戸の『ザ・タワーレジデンス大塚』です。

 アドレスは豊島区北大塚1丁目です。現在でこそ豊島区の中心は池袋になっていますが、戦前は大塚駅が城北の中心でした。都営バスや都電荒川線が大塚駅経由なのはその名残です。また東武東上線も北大塚(谷端川沿い−大塚辻町)に路線を計画しており、駅北口のビル(あおい書店とマクドナルド)は当時としては大規模な百貨店(白木屋)でした。

「大塚」駅からゆるやかに坂を上って徒歩4分、
あたりは山手線の駅近とは思えない穏やかな場所です。南西側の目の前には10階を超える都営住宅があり、南向きとはいえ低層階の西半分は視界がさえぎられそうです。都営住宅の東隣で同じく目の前にあるのは巣鴨警察署で、安心感は抜群です。

 北西隣にはさらに日本生命大塚ビルがあり、低層階では圧迫感があるかもしれません。北東側は高台となってダイヤハイツ大塚があり、低層階を中心に囲まれ感があります。

 とはいえ、
立地としては及第点がつけられます。もともとは松平藩の武家屋敷跡で、今でも落ち着きが感じられる土地柄です。ダイヤハイツ大塚のさらに北側には巣鴨公園があり、今の時期はさかんに桜の花びらを散らしていました。大塚銀の鈴通り商店街など、買い物にも不自由しないでしょう。

 23階建のタワーは
免震構造で、大地震時の揺れを約3分の1に抑えます。間取りはスケルトン・インフィルで将来のリフォームに備えられます。オール電化システムを採用、今回の震災で欠点も見えましたが、平常時の便利さとコスト節約のお得感があります。また、キーを持つだけで扉が開く日本初のハンズフリーセキュリティシステムは重宝することでしょう。

 敷地面積は約2,940屬肇織錙璽泪鵐轡腑鵐廛蹈献Дトにしては小ぶりですが、
東側に十分なランドスケープを配します。共用施設は、ラウンジ・パーティールーム・ゲストルームと必要なものを具えました。内廊下方式も高級感、また、将来の需要を見越した電気自動車充電ポールもうれしい施設です。高層階は、新宿・六本木・新橋等の都心の眺望を堪能できます。

 設備・仕様は、ディスポーザーはなさそうですが、天然御影石のカウンターや洗面台が目を引きます。天然大理石の玄関床やタンクレストイレなど、
ワンランク上の設備と言えそうです。

 販売価格は、専有面積40.42屐105.07屬紡个2,900万円台〜11,500万円台となっています。また、55屬2LDKが3,980万円(坪単価239万円)から、15階で眺望が望める63屬離錺ぅ疋好僖2LDKが5,600万円(坪単価293万円)から、73屬瞭邯き角住戸3LDKが5,990万円(坪単価271万円)から、15階で眺望が望める80崑罎瞭鄒掌き角住戸が7,680万円(坪単価317万円)から、ということで、おおむね坪単価240万円前後〜360万円台というレンジのようです。

 標準相場を試算すると、坪単価235万円×1.058[駅距離補正]=249万円ですので、それほど安いというわけではありませんが、
立地から坪単価300万円超を予想していた向きが多く、一般に魅力的な価格帯と感じられています。派手さはないかもしれませんが、落ち着いて住むには格好のタワーマンションだと好印象を持ちました。

目の前の都営住宅です

目の前の都営住宅です。(以下、ご興味のある方は、サムネイル(画像)をクリックし、拡大してご覧ください。)

同じく目の前の巣鴨警察署です

同じく目の前の巣鴨警察署です。

奥がダイヤハイツ巣鴨、左が日本生命大塚ビルです。

見にくいですが、奥がダイヤハイツ大塚、左が日本生命大塚ビルです。

左がダイヤハイツ巣鴨、右が巣鴨公園です。

本マンションの裏手の高台になっている通りで、左がダイヤハイツ大塚、右が巣鴨公園です。

本マンションの現時点の工事現場です

本マンションの現時点の工事現場です。

公式ホームページ ⇒ザ・タワーレジデンス大塚


| 新築マンション 豊島区 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(3) |
Brillia巣鴨(ブリリア巣鴨)北山手賓館−駅徒歩5分、賓館にふさわしき質感を目指す
JUGEMテーマ:マンション

★ JR山手線「巣鴨」駅より徒歩5分、都営三田線「巣鴨」駅より徒歩3分の場所に立地する東京建物分譲・淺沼組施工・地上14階建・総戸数112戸の『Brillia巣鴨(ブリリア巣鴨)北山手賓館』です。

 アドレスは豊島区巣鴨3丁目です。巣鴨は、江戸期には武蔵国豊島郡に現在の豊島区の東半分を占める地域として存在していました。
とげぬき地蔵で有名な高岩寺があり、巣鴨地蔵通り商店街周辺は、「おばあちゃんの原宿」として多くの高齢者でにぎわっています。一方、都内有数のピンクサロン街でもあります。

 また、
染井霊園は桜の名所として有名で、染井霊園のある旧染井村は「ソメイヨシノ」の発祥の地でもあります。霊園には、松平定明、高村光雲、高村光太郎、高村智恵子、二葉亭四迷の墓があります。

 『Brillia巣鴨(ブリリア巣鴨)北山手賓館』は、JR山手線「巣鴨」駅から西へ、自由通りを横断し、ビル・マンション・戸建ての混在したエリアにあります。
目の前は十文字高校・中学校で、昼間の活動音は気になるかもしれません。また、敷地北西側は大塚ゴルフという名のゴルフ練習場で、その音や夜の照明の影響を受けるのか否かは、現地で確認した方がよさそうです。さらに、面積2,865.39屬亮禊撹埓扱舛壁瀉呂琉貮瑤蓮以前は顔料工場であったとの情報もあります。

 一方、『Brillia巣鴨(ブリリア巣鴨)北山手賓館』は「北山手賓館」と名付けた通り、建物にはこだわっています。
外構には割肌2丁掛タイルをまとった門柱、エントランスの外壁には漆黒の御影石、エントランスホール壁には大理石、共用施設のラウンジやライブラリーの壁には天然石・小端積、ライブラリー床にはヘリンボーン貼のフローリング仕様など、「賓館」と呼ばれるにふさわしい素材を使用しています。また、ラウンジの窓越しに水景の中庭の眺めを楽しむことができます。建物周囲には秋彩の散策路や竹の光庭を設けました。

 横に長い敷地形状から、地上14階建ての建物は板状となり、やや周囲への威圧感があります。一方、
全戸南向き、3戸に1基のエレベーター、浴室窓設置率69.64%、全戸対面カウンターキッチン、セカンドバルコニー設置率80.35屐∩憾佑北臠睇侫檗璽繊Ε肇薀鵐ルーム、居室窓が共用廊下に面さないプライバシー設計など、よく考えられた間取りとなっています。

 設備については、
食器洗浄乾燥機、ディスポーザー、ミストサウナ、エアコン1台装備と標準以上の仕様となっており、二重床・二重天井、ペアガラスなど構造面もしっかりしています。

 本日11月22日(土)より11月30日(日)までが第1期登録受付、11月30日午後6時から抽選となります。
第1期は総戸数112戸のうち47戸の売出し、総戸数に対する割合は42%と、まずまずの販売戸数です。

 第1期の販売価格は、
坪単価278万円〜354万円、平均坪単価は300万円をわずかに超える程度のようです。当初の予定販売価格が坪単価330万円との情報がありましたので、正式な価格発表の際に値を下げてきたのかもしれません。

 標準相場をごくおおまかに試算すると、242万円[巣鴨一昨年坪単価]×1.177[地価上昇補正]×1.074[駅距離補正]=坪単価306万円となりますので、
ほぼ相場どおりの価格設定となりました。

 この敷地は、売主である東京建物が高値で仕入れたとの噂もあり、本来であればもっと上乗せして販売したいところでしょうが、このマンション不況がそれを許さなくなりました。
購入検討者にとっては適正価格と言えますが、第1期が完売してもまだ65戸が各フロアにまんべんなく残っていますので、住宅ローン減税が拡充する来年をにらんで希望住戸をじっくり検討するのが得策と言えるでしょう。

公式ホームページ ⇒ Brillia巣鴨(ブリリア巣鴨)北山手賓館

『賃貸マンション・アップデート』へ


| 新築マンション 豊島区 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(10) |
シティタワー池袋ウエストゲート(新築マンション)−西池袋に珍しいタワーマンション、住民とのあつれきも生む
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ有楽町線「要町」駅より徒歩6分、同線「池袋」駅より徒歩11分の場所に立地する住友不動産分譲・奥村組東京支社施工・地上34階地下1階建・総戸数173戸の『シティタワー池袋ウエストゲート』です。

 住友不動産では、平成14年から15年にかけて、東池袋に地上26階建・総戸数217戸の
『セントラルレジデンスシティタワー池袋』(「池袋」駅徒歩11分)を平均坪単価254万円で分譲しています。本マンションは、その西池袋版といったところで、三井不動産レジデンシャルが南池袋の『パークタワー池袋』と区別する形で昨年、東池袋に『パークタワー池袋イーストプレイス』の分譲を開始したことと類似しています。

 東池袋では池袋副都心の再開発が進み、上記のほか、
『エアライズタワー』など、タワーマンションが林立するエリアとなりましたが、西池袋のタワーマンションは珍しいと言えます。
 
 アドレスは豊島区高松1丁目です。高松は、東京メトロ有楽町線・副都心線「要町」駅の北側に広がるエリアで、豊島区の中では住宅街が最もよく形成されているところと言われています。

 『シティタワー池袋ウエストゲート』の立地する高松1丁目は、環状6号線・ゑびす通り商店会・谷端川に面し、千川中学校を取り囲むような地形をしています。近くには商店や消防署、日本香堂、病院、スーパー等があり住みやすいところです。毎年9月の長崎神社の祭礼は、町会あげて盛大に行われています。


 千川中学校に近く、豊島高松郵便局の隣となるこの敷地は、昨年5月まで住宅展示場の「池袋住宅公園」があったところです。敷地の南東側を首都高速中央環状線に接しており、南向き・東向き住戸は騒音・排気ガスの影響を受けるものと思われます。

 面積3,038.61屬良瀉呂和1種住居地域・商業地域・近隣商業地域にかかっており、これらの建蔽率・容積率を活用することにより、タワーマンションの敷地としては小ぶりですが、地上34階建の高層建築が可能となりました。


 総戸数は173戸で、間取りは専有面積41.88屐99.15屬1LDK〜3LDKが予定されており、専有面積100崢兇離廛譽潺▲狃燦佑呂覆い發里痢幅広い購買者層がターゲットとされています。駐車場台数は129台で設置率は74.6%と良好です。

 一方、『シティタワー池袋ウエストゲート』には、
昨年来、近隣にお住まいの方々の反対運動が起きていることも記しておかなければなりません。本マンションは、幹線道路沿いの商業地域に高度の規制がないため、違法建築物とはならないのですが、反対の方々は、「池袋駅周辺の商業地域と幹線道路沿いの商業地域とでは性格が異なる」と主張しています。すなわち、幹線道路沿いの商業地域のほとんどは一般住宅を背にし、用途地域指定の主旨も異なる、というのです。

 法律的にその主張が採択されるのははなかなか困難と思われますが、確かにおっしゃっておられることも理解できます。高松エリアは住宅街として発展してきたところで、中層のマンションはあるものの戸建ての個人住宅が連たんしており、従来の常識からすれば、およそタワーマンションが建つような土地柄ではなかったのです。

 住友不動産では、反対運動への考慮か、その
高さを当初の127mから121mへ、階数を36階建から34階建へと減じました。しかし、反対されている方々のご主張は、近隣既存マンションとの整合性から15階以下の建築物であり、その開きは依然大きなものがあります。

 また、反対運動側は、当地がそもそも低地の沼地であり地盤が弱くタワーマンション建設にふさわしくないこと、駐車場台数がその立地からして(また主張の階数に沿った住宅戸数からして)多すぎ、狭い区道に面した出入り口の設置が懸念されており、駐車場の地下化を求めています。


 豊島区議会には、本件に関する「(仮称)高松1丁目計画について」の請願が平成19年第3回定例会に提出され、採択をされました。しかし、それを受けての対応が現状となっていることから、その動向については留意する必要があります。

 標準相場をごくおおまかに試算すると、252万円[池袋一昨年坪単価]×1.138[地価上昇補正]×0.963[駅距離補正]=坪単価276万円となりました。豊島区高松では現在、
『ランドステージ要町イグジスト』が平均坪単価240万円程度で分譲中です。総戸数34戸の中小規模物件で、お手頃価格と好評の模様、『シティタワー池袋ウエストゲート』はタワー物件とは言え、現在の市況からしてもそれほど大きなプレミアムはつけられないでしょう。したがって、標準相場として試算した坪単価280万円程度が本マンションの水準として妥当なのではないかと考えます。

 タワーマンションで反対運動が出るのは今まであまりなかったことです。従来、タワーマンションは、埋立地や工場跡地、又は駅前の再開発地域への建設がほとんどで、従前の良好な住宅街を脅かす形での計画があまり考えられなかったからです。しかし、タワーマンションの売れ行きが好調で、多数の住戸を確保することができ、技術の進歩で狭小の敷地でも超高層建築が可能となったことなどを背景に、
今後は今回のようなあつれきが増えてくるかもしれません。

 『シティタワー池袋ウエストゲート』の販売開始は本年10月より、竣工は平成22年3月下旬、入居は同年4月上旬が予定されています。現在はまだ注目度が低いようですが、副都心線の開通でますます便利となった「要町」駅を最寄り駅とするタワーマンションとして、これから販売が盛り上がる可能性があります。

公式ホームページ ⇒シティタワー池袋ウエストゲート

『分譲マンション・アップデート』へ


| 新築マンション 豊島区 | 08:03 | comments(0) | trackbacks(3) |
シティハウス南大塚(新築マンション)−価格水準を下げてきた山手線内側高級マンション
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ丸ノ内線「新大塚」駅より徒歩5分、JR山手線「大塚」駅より徒歩6分の場所に立地する住友不動産分譲・前田建設工業施工・地上14階建・総戸数53戸の『シティハウス南大塚』です。

 アドレスは豊島区南大塚2丁目です。もともとは巣鴨村という地名で、現在は、「大塚」駅南口を中心として繁華街や住宅街が広がっています。山手線内側は一つのステイタス、文京区にも連なる界隈は、近隣に護国寺、小石川植物園といった由緒ある名所を擁します。お茶の水女子大学・音羽幼稚園などの有名な教育施設にもやはり徒歩10数分という近さです。

 「大塚」駅南口からは
プラタナス通りを南下し、桜並木通りとつながるエリアに属します。幹線沿いからは一歩奥まったロケーションで、閑静さが保たれており、敷地南西側には南大塚公園もあります。

 『シティハウス南大塚』に隣接する建物は古いものが多いのですが、このような大通りに面していない立地や周辺環境は、
住友不動産が近隣エリアで現在分譲中の『シティテラス目白』及び『シティハウス文京護国寺』よりすぐれているとの意見もあります。

 『シティハウス南大塚』は、
買い物の利便性についても、上記2物件より秀でています。「大塚」駅南口に広がる「さんもーる大塚商店街」「大塚南口盛和会」「大塚銀座通り商店街」の3つの商店街は、あらゆる利便性が手に入ります。また、スーパーも、24時間営業のFOOD EXPRESSやスーパージャンボ、深夜0時まで営業のライフなどが徒歩4〜6分の距離です。

 公共施設は
中央図書館が徒歩8分です。そして、小児科・新生児科で有名な総合病院・都立大塚病院は徒歩4分、その他徒歩8分の東京健生病院や数多くの個人病院など、安心・充実の医療環境です。まさかの時に安心な、この医療機関の充実ぶりに魅かれる購入検討者の方も多いようです。

 建物は住友不動産らしい
スタイリッシュなグレード感ある外観です。面積1,031.84屬里笋箒垢ど瀉鰐明僂覆ら2棟ツイン構成のデュアルフォルム、エントランスはガラスカーテンウォールをはりめぐらし、外部からも見えるような広々としたエントランスホールを設けました。

 中高層階はどの方角も眺望がきき、建物面積の狭さを活かして、
ワイドスパンで、かつ、88%の角住戸率となっています。内廊下設計を採用、ただし、廊下と呼べるほどの長さはなく、エレベーターホールの延長線であるとも言えますが、一部住戸を除いて、エレベーターから直接住戸内が見えないような配慮はされています。1〜3戸で1基のエレベーターとなるのも嬉しいポイントです。

 間取りは、専有面積55.40屐93.04屬2LDK〜3LDKと、同じく南大塚で分譲予定の
『クレヴィア新大塚』(専有面積31.57屐60.04)と差別化が図られています。プレミアム、スーペリア、デラックスと3つに分けた設備・仕様は価格に合わせたものではありますが、いずれも水準以上となっており、満足のいくものです。

 注目の第1期の販売価格は、
デラックスが坪単価315万円〜355万円、スーペリアが坪単価325万円〜360万円、プレミアムが坪単価395万円〜535万円、平均坪単価はプレミアム除きで340万円、プレミアム含みで385万円であったとの情報です。

 事前の大方の予想が坪単価350万円〜400万円であったことを考えれば、
さすがの住友不動産も市況をにらんでやや価格水準を落としてきた印象です。『シティテラス目白』が平均坪単価395万円、『シティハウス文京護国寺』が平均坪単価440万円で、昨年来苦戦していることを考えれば、本件は完成販売でもあり、在庫率の高い住友不動産としてはこれ以上完成在庫を増やしたくない価格設定と言うこともできるでしょう。

 ちなみに、標準相場をごくおおまかに試算すると、251万円[新大塚一昨年坪単価]×1.210[地価上昇補正]×1.041[駅距離補正]=坪単価316万円となりました。確かに
住友不動産価格からすれば割安かもしれませんが、価格の絶対水準からすれば、この物件を購入できる層はごく限られてきます。

 第1期販売は総戸数の半分強に当たる28戸で、現在18戸が先着順販売となっています。これとは計算は合いませんが、15戸程度は売れているとの情報もあります。いずれにせよ、飛ぶように売れている、との感覚ではないようです。

 高級物件が売れるためには、個人の資産を潤し、誰もが先行きを楽観視し始める株式相場の盛り上がりが不可欠なのですが、現在のところ、この必要条件が欠如しています。上記の伊藤忠土地開発の『クレヴィア新大塚』の公式HPがいつの間にか消えているのも気になります。
物件としての評価は悪くないだけに、この価格でも割高だと判断され続けるのか否か、今後の動向に注目です。

公式ホームページ ⇒シティハウス南大塚

『分譲マンション・アップデート』へ


| 新築マンション 豊島区 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(7) |
Brillia駒込染井(ブリリア駒込染井)(新築マンション)−名士の敷地を引き継ぐ
★ JR山手線・都営三田線「巣鴨」駅より徒歩4分、JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」駅より徒歩8分の場所に立地する東京建物分譲・鹿島建設施工・平成20年11月下旬入居予定・総戸数88戸の『Brillia駒込染井(ブリリア駒込染井)』です。

 上野台地を見晴らして飛鳥山に連なる確かな高台立地で、邸宅地として良好な条件を備えていたことから、江戸期から多くの武家屋敷が立ち並び、本マンションの敷地も
津藩藤堂家の下屋敷跡地という由緒正しき場所になっています。

 明治期から「山の手」と定義され、明治時代には三菱財閥の創始者
岩崎弥太郎の所有となりました。JR山手線の敷設後には、旧讃岐高松藩主でのちに貴族院議長となった松平頼壽伯爵邸へと変遷、直近はJTの社宅「レジデンスジェイティ駒込」だったそうです。周辺には緑深い六義園や旧古河庭園、染井霊園など、屈指の名園・緑が点在します。

 敷地は
本郷中・高校仰高小にはさまれた位置にあり、小学校まで近くて安心です。ただ、両校のグラウンドに囲まれるため、砂ぼこり等を気にする方もいらっしゃるようです。駅前に風俗店が並んでいるのは懸念材料ではあるものの、辺りは閑静ないい雰囲気の住宅街、同じ駒込4丁目には2005年築大規模マンション『プラウド駒込』がありますが、本マンションの方が立地的には良いとの声もあります。

 2,705.07屬良瀉鰐明僂呂修譴覆蠅里罎箸蠅あるものの、奥行きには乏しく、南東向き(又は北西向き)中心の横に長い建物(地上6階地下1階)となりそうです。また、この形状では、各住戸の間取りは田の字型を基本とせざるを得ないのではないかと思われます。地下1階が住戸となるのか駐車場となるのかも、本マンションの価値を左右する関心事項です。

 直近では、野村不動産の
『プラウド駒込ディアージュ』が同じ町内で昨年、平均坪単価300万円程度で分譲されました。本マンションの敷地は、その野村不動産に東京建物が競り勝って落札したものらしく、相当な高値で仕入れたのではないかと噂されています。標準相場を試算すると、250万円[駒込昨年坪単価]×1.117[本年地価上昇率]×1.000[駅距離補正]=坪単価279万円となりましたが、坪単価400万円超ではないかという推測がなされています。

 専有面積45.22屐133.13屬料躙与88戸という規模は、近年豊島区駒込において、『プラウド駒込』に次ぐ本格的なマンションとなっています。
巣鴨駅のビル改修工事も計画されており、駅前の雰囲気もだんだん変わってくるかもしれません。周辺の名園の散策はまさに心のオアシス、ゆとりをもって生活を送られる方々にふさわしいレジデンスとなることでしょう。

公式ホームページ ⇒Brillia駒込染井(ブリリア駒込染井)

『賃貸マンション・アップデート』へ


| 新築マンション 豊島区 | 02:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
パークタワー池袋イーストプレイス(新築マンション)−サンシャインシティ徒歩2分の日常
★ JR山手線「池袋」駅より徒歩13分、サンシャインシティに徒歩2分という近さの三井不動産分譲・総戸数204戸の『パークタワー池袋イーストプレイス』です。まさに池袋を庭として暮らす、という表現がふさわしい立地で、ショッピングや映画、レストラン、アミューズメント、アートなど、池袋に集まる施設を活用できる自在さが魅力です。

 デザインコンセプトは「FUSION」、未来的で(Future)、都会的なデザイン(Urban)、都市生活に求められる安全性(Security)と先進性(IT)を兼ね備え、都市のエネルギーをスローダウンさせるやすらぎの空間(Oasis)、新たな緑のボリューム(Nature)の創造を目指している、とのことです。

 『パークタワー池袋イーストプレイス』の南側にあたる東池袋4丁目では再開発が進行中、東京メトロ有楽町線「東池袋」駅と直結の超高層ビル
「ライズシティ池袋」が今年3月に完成し、「大丸ピーコック」が同時オープン、来月には「豊島区立新中央図書館」、9月には「あうるすぽっと舞台芸術交流センター」が次々と誕生、今池袋で最も熱いエリアとなっています。

 地上31階地下1階建て建物のパノラミックビューはもちろん、面積1,375.09屬良瀉呂鮴犬した足元の緑「ポケットパーク」「オープンプラザ」「エントリーウォーク」の小粋なネットワークにも注目です。スタイリッシュなエントランス、木の素材を活かした落ち着きのラウンジ、上質なホテルを思わせるカーペットを敷き詰めた内廊下など、居住者を満足させる共用空間、フロントサービスも充実しています。

 多少懸念されているのは、敷地南西側の最も条件の良い方角に、通りをはさんで
豊島消防署がほぼ隣接していること、また、北東側が春日通りで、両面から騒音が気になるのではないか、という点です。都市型のシングル&ディンクスの居住を想定しているのは、こういう要素もあるからだと思われます。

 専有面積は39.03屐70.42屬犯羈單小ぶりで、北東側が春日通りに面する立地条件等からシングル&ディンクスの居住を想定しているようですが、
朋有小学校が通りをはさんですぐ近く、案外ファミリー層も本マンションの購入を検討している模様です。情報によれば、専有面積57屬遼明廠冑屋2LDK12階〜17階で4,800万円台(坪単価278万円程度)、専有面積68屬瞭鄒廠冑屋3LDK16階で6,800万円程度(坪単価330万円程度)専有面積70屬瞭鄒廠冑屋3LDK27階で7,600万円程度(坪単価358万円程度)ということで、思ったよりも高くない、という購入検討者の印象のようです。

 標準相場を試算すると、252万円[池袋昨年坪単価]×1.158[本年地価上昇率]×0.927[駅距離補正]=坪単価271万円となりますが、本マンションの場合、駅距離よりむしろサンシャインシティからの距離や周辺再開発のポテンシャルを考慮しなければならないのでしょう。

 池袋周辺では、「大塚」駅が最寄り(徒歩8分)ですが、上池袋1丁目でコスモイニシアの 『イニシア上池袋』が良い意味で期待を裏切り、坪単価216万円から、平均でも坪単価250〜270万円程度と、かなり割安な価格で分譲中です。広い住戸もありますし、コストパフォーマンスを求めるなら『イニシア上池袋』、都心性・規模・タワー物件を求めるなら『パークタワー池袋イーストプレイス』ということになるでしょう。

 サンシャインシティにこんなに近い新築物件は、そうそう出るものではありません。シティホテルと見間違うようなスタイリッシュな外観、これから大きく変わる東京副都心・池袋を先取りする高感度な日常を送れるマンションだと思います。


公式ホームページ ⇒ パークタワー池袋イーストプレイス

『賃貸マンション・アップデート』へ


| 新築マンション 豊島区 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(5) |