ヴィンテージ・マンション・カタログ −その4−
★ 9月23日に引き続き、第4回目・最終回の『ヴィンテージマンション・カタログ』に掲げられたヴィンテージマンションのご紹介です。

ヴィラージュ目黒
目黒区三田 JR山手線「恵比寿」駅徒歩10分 JR山手線「目黒」駅徒歩10分 1979年築 RC造 3階建
 目黒三田の住宅街にひっそりたたずむ集合住宅で、日本の伝統とモダニズムの融合を図った名建築家・吉村順三氏の手によるものです。斜面の中腹に位置する建物は南向きで、日当たりの良さ・明るさは折り紙つきです。
 赤い瓦ぶきの屋根と白い壁が地中海を彷彿とさせる建物、屋根から突き出た小さな煙突が建築家の遊び心となっています。2フロアのメゾネット型で、中央にコアを設けているとのことです。戸数の少なさと、あふれるばかりに育った緑の庭が邸宅の雰囲気を醸し出しています。
 本年1月現在の1−2階の賃料が、専有面積169.11屬之邀65万円です。標準相場は、この専有面積で月額71.7万円と試算できますので、数字上は割安となっています。


東急代官山タワー
渋谷区恵比寿西 東急東横線「代官山」駅徒歩1分 RC造 地上6階地下1階建
 1971年に外国人向け高級マンションとして開発されました。地上6階建てですが、当時は「タワー」というほど周囲を圧倒する物件だったのでしょう。以来、エグゼクテイブのための住空間として揺るぎない地位を誇り、かつては黒澤明監督やアントニオ猪木氏も住んでいたことがあるそうです。
 現在まで古き良き代官山のシンボルとして人気を集めてきたヴィンテージマンションですが、昨年10月に清水建設施工により全面リノベーションを行い、生まれ変わりました。 間取りや外観はそのままに、一方で住戸内は全てリフォームを行い、設備を一新、ヴィンテージマンションならではの風格と、新築の機能性を兼ね備えたマンションとなりました。
 総戸数は26戸、専有面積101屐209屬紡个掘月額家賃は53.6万円〜138.4万円となります。標準相場は、この専有面積で月額53.5万円〜110.7万円と試算でき、本マンションがまさに現在の代官山の賃貸相場の標準となっているようです。


ビラ・フレスカ
渋谷区神宮前 JR山手線「原宿」駅徒歩9分 1972年築 RC造 地上7階地下1階
 ル・コルビジェに師事し、1937年のパリ万博で日本館の設計を手掛け、海外でも高い評価を受けた坂倉順三氏の1960年代に始まるビラ・シリーズ、『ビラ・フレスカ』は第4作目に当たります。
 「原宿」駅の喧騒を離れた静かな場所に、まるでギリシャの大きな白亜の御殿かと思う外観で、マンションと言うより1軒の邸宅のようなシルエットです。
 トラス構造の門・床タイル、エントランスの植え込みや周辺の建物もスタイリッシュ、向かいには、第2回でご紹介した同じ坂倉氏の手による『ビラ・セレーナ』や、明治通り沿いには『ビラ・ビアンカ』があります。
 また、有名シェフのイタリアンレストランが近くにあり、有名タレントや政財界の方々も足繁く通われているそうです。
 現在の賃貸家賃は、北向き角部屋の203号室(専有面積77.52)が月額40万円(事務所使用42万円)となっています。標準相場は、この専有面積で35.5万円と試算できますが、このあこがれのヴィンテージマンションに住めるなら厭わない額だと思います。


『賃貸マンション・アップデート』へ


| ヴィンテージ・マンション・カタログ | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヴィンテージ・マンション・カタログ −その3−
 ★ 少し間が空きましたが、8月23日に引き続き、第3回目の『ヴィンテージマンション・カタログ』に掲げられたヴィンテージマンションのご紹介です。相場は、2005年秋〜2006年初頭のものです。

富ヶ谷グランド
渋谷区富ヶ谷 小田急線「代々木八幡」駅徒歩11分 1971年築 売買3,000万円〜4,500万円台中心 賃貸20万円台中心 
 『ホーマット富ヶ谷グランド』とも呼ばれますが、外国人向け高級賃貸住宅として名高い「ホーマット」シリーズを設計した会社が手がけた建物で、丸紅が分譲、間組が施工しました。
 前面には駒場東大のグラウンドが広がり、上層階では眺望も楽しめます。価格帯は、元祖ホーマットより抑え目で、最近の販売価格は、2階北東向き住戸で専有面積64.80屬3,780万円(坪単価193万円)、駐車場料金も月額18,000円とお安くなっています。


代々木テラスアパートメント
渋谷区富ヶ谷 小田急線「代々木八幡」駅徒歩5分 1980年築1LDK〜3LDK 75〜110屐…詑30万円〜50万円台中心
 山の手通りと井の頭通りが交差する渋谷区富ヶ谷ですが、一歩入った住宅街はその喧騒が嘘のように静謐でゆっくりした時間が流れています。
 そこに突如現れる木造の門が欧米人向け高級集合住宅であった『代々木テラスアパートメント』で、以前は老舗料亭の初波奈(はつはな)があった場所、木造の門はその記憶をとどめたものです。約2,000坪の敷地に樹齢100年以上の枝垂れ桜がパティオに佇んでいます。
 広い居室はPP(パブリック・プライベート)分離を基本とし、豊富な収納、メインとゲスト用のバスルーム、真鍮に金メッキを施したドアノブなど欧米仕様、多くの外国人VIPに住み継がれてきました。
 総戸数53戸で大林組が施工しました。テラスアパートメントは代々木のほか麻布にもありますが、敷地の広さ・ゆとり・緑の多さでこちらを指定するファンが多いということです。


目黒ハウス
目黒区三田 JR山手線「恵比寿」駅徒歩9分 同線「目黒」駅徒歩9分 1969年築 SRC造 7階建 2LDK〜3LDK 70〜120屐’簀4,000万円〜7,000万円台中心
 マンションとは思えないほどシンプル&モダンな外観、目黒の高台から見下ろすように建つ南向きのマンションで、足元まで大きく取られた窓からの眺望は素晴らしいものがあります。
 住友不動産が分譲し、熊谷組が施工、圓藤設計建築事務所が設計しました。住友不動産によるリフレッシュ工事でエントランスに木の温もりを持ち込み、管理員室のカウンターを大理石仕上げとしてグレードアップさせました。
 現在売りに出されている最上階7階住戸が専有面積247.2屬波稜箍然22,800万円(坪単価304万円)、30.2帖のリビングから目黒の街並みが一望できるパノラマビューとなっています。


ホーマットグリーンヒルズ
渋谷区渋谷 東京メトロ銀座線「表参道」駅徒歩7分 1972年築 RC造 6階建 3SLDK〜4LDK 200屐220屐’簀13,000万円台中心 賃貸100万円台中心
 表参道の閑静な低層住宅街という高級エリアの渋谷4丁目、趣のある重厚な建物が多いブロックの中でも一際良い雰囲気が感じられる『ホーマットヒルズ』と『ホーマットグリーンヒルズ』、興和不動産が分譲し、大林組が施工、通りを挟んで2棟のホーマットが佇んでいます。
 外国人VIPにも好まれる和と洋を折衷したテイストがホーマットシリーズの特徴ですが、本マンションもエントランスに石灯篭が置いてあります。緑に囲まれたひそやかなアプロ―チも高級感をにじませています。
 最近の販売価格は、専有面積219.40屬25,000万円(坪単価376万円)で、上記の2005年秋〜2006年初頭価格の2倍となりました。おおむね坪単価370万円というのが本マンションの現在の相場のようです。


上目黒シティハウス
目黒区上目黒 東急東横線「中目黒」駅徒歩7分 RC造 3階建
 中目黒の中でも閑静な一帯で、中目黒から祐天寺方面へ向かう細くゆるやかな坂の途中に立地します。私も東山に住んでいた頃は、中目黒に出るときに好んでこの通りを歩いていました。
 各住戸がそれぞれに独立したエントランスとアプローチを有し、独立した住戸の集合体のように、あるところで組み重なったり、分離したりしています。アプローチに使用されている赤色煉瓦が雰囲気良く古びており、緑の植栽とよくマッチしています。


『分譲マンション・アップデート』へ


| ヴィンテージ・マンション・カタログ | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヴィンテージ・マンション・カタログ −その2−
★ 8月21日に引き続き、『ヴィンテージ・マンション・カタログ』に掲げられたヴィンテージマンションのご紹介です。相場は、2005年秋〜2006年初頭のものです。

青山コーポラス
渋谷区渋谷 東京メトロ銀座線「表参道」駅徒歩6分 1965年築 売買2千万円〜4千万円台中心 賃貸30万円台中心
 「××コーポラス」というシリーズは、昭和31年ごろから日本開発(株)が分譲したマンションで、買える人が限られたステイタスシンボルでした。この「青山コーポラス」は、故ダイエー社長の中内さんも昔からご所有だったようです(お亡くなり後、ご売却)。
 バルコニーが張り出し、すべてがモダンで角部屋感覚、エントランスはとてもシンプルで清潔感があります。目の前は青山学院大学、セレクトショップや有名ブランドの路面店が多いエリアです。


ビラ・セレーナ
渋谷区神宮前 JR山手線「原宿」駅徒歩9分 1971年築 売買2,400万円〜22,000万円
 名作との呼び声高く、今なお根強いファンが残るビラ・シリーズの一つ、世紀の建築家ル・コルビジェの弟子であった坂倉順三氏の名建築です。
 神宮前という不動の人気の地を得て、外観、共用部の美しさ、モダンで遊びを感じる色使いと、どこを取り上げても満足させてくれる物件であります。


ガーデン目黒
目黒区三田 JR山手線「目黒」駅徒歩10分 1978年築 売買2千万円〜6千万円台中心
 その名のごとく、庭園の中に家が建っている印象のマンションです。赤い石畳の上に白い壁の低層住宅、アイビーの葉が絡まった垣、敷地内のそこかしこに植えられた木々が西洋の煉瓦畳みのストリートを散策しているような錯覚を覚えさせてくれます。

目白台ハウス
文京区関口 東京メトロ有楽町線「江戸川」駅徒歩5分 1962年築 売買1千万円〜3千万円台中心 賃貸15万円〜30万円台中心
 目白坂の途中、フォーシーズンズホテルの手前に建つマンション、かつては作家の円地文子や瀬戸内寂聴も住んだという話です。名訳の誉れの高い円地文子の「源氏物語」は、この目白台ハウスで命がけの思いで書かれました。重要文化財も数多く残るこの街にふさわしく、堂々たる貫録で、静かに時を重ねてきたというたたずまいをしています。

音羽ハウス
文京区大塚2 東京メトロ有楽町線「護国寺」駅徒歩5分 1970年築 売買4千万円台中心
 住友不動産分譲で、アイビーの葉が一面につたう広大な高台の森にそびえたち、建物の周りも緑が覆う威風堂々のマンションです。
 いわゆる二戸一エレベーター、セントラル冷暖房、ホテルを思わせるモダンな設計、メインストリートからエントランスまでの気品あるゆるやかなアプローチ等が特徴、管理状態の良さにも定評があります。


『賃貸マンション・アップデート』へ


| ヴィンテージ・マンション・カタログ | 00:35 | comments(0) | trackbacks(1) |
ヴィンテージ・マンション・カタログ −その1−
★ 『ヴィンテージ・マンション・カタログ』というホームページがあります。東京R不動産が制作したもので、2005年11月に始動、2006年2月に更新が止まっていますが、そこに取り上げた12件のヴィンテージマンションはいずれも憧憬に値するもので、私はときどきこのHPを開いて楽しんでいます。

 以下、4回に分けて、これらのマンションの概略をご紹介します。なお、相場は、2005年秋〜2006年初頭のものです。


ビラ・ビアンカ 
渋谷区神宮前 JR山手線「原宿」駅徒歩9分 1964年築 売買:4千万円〜5千万円台中心 賃貸:30万円台中心
 1964年、東京オリンピック開催の熱狂の中で完成した建物。神宮前の人気マンション「ビラ・シリーズ」の原点で、完成当時アメリカの「TIME」誌でも取り上げられました。

コルティーレ駒場
目黒区駒場 京王井の頭線「駒場東大前」駅徒歩5分 2001年築 賃貸:140万円〜160万円台中心
 丘の上に建つ静かな邸宅街といった趣を持つマンションで、竹中工務店の代表的な集合住宅作品です。

原宿パークマンション
渋谷区宇田川町 JR「渋谷」駅徒歩8分 1970年築 売買:5千万円台中心
 三井不動産が初めて試みた商業施設併設型マンションとしてエポック・メイキングな挑戦でした。1階に店舗・事務所、2階以上は全て住戸で、メゾネットタイプもあり、大変話題となりました。

青葉台ロイヤルガーデン
目黒区青葉台 東急東横線「代官山」駅徒歩8分 1973年築 売買:9千万円〜1億3千万円台中心
 総戸数12戸という小規模マンションです。ヨーロピアンな雰囲気を持ったタイル壁、ゆるやかな曲線をえがく外観等、シックで重厚な雰囲気をもつヴィンテージです。

代官山マンション
渋谷区代官山町 東急東横線「代官山」駅徒歩7分 1970年築 売買:7千万円台中心
 代官山のにぎわいから隔絶されたような木立の中にたたずむ上質な住環境、広い敷地にゆったりと配置され、色使い、壁のタイルのパターンも上品です。管理も行き届きエントランスに花が生けられています。

コープオリンピア
渋谷区神宮前 JR「原宿」駅徒歩2分 1965年築 売買:3千万円〜1億円台中心
 当初は外国人向けのアメリカ・モダンなマンション、今ではすっかり原宿の顔となりました。ホテルを思わせるフロントのサービス、長年にわたって築き上げられた管理体制、中廊下には赤絨毯が敷かれています。

『分譲マンション・アップデート』へ


| ヴィンテージ・マンション・カタログ | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |