シティインデックス元浅草(新築)−「田原町」駅徒歩4分・2千万円台からの1LDK、

JUGEMテーマ:マンション


★ 東京メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩4分、都営大江戸線・つくばエクスプレス「新御徒町」駅より徒歩9分、つくばエクスプレス「浅草」駅より徒歩10分、都営大江戸線「蔵前」駅より徒歩10分、同浅草線「浅草」駅より徒歩11分、JR山手線・東京メトロ日比谷線「上野」駅より徒歩13分の場所に立地するシティインデックスナインス分譲・片山組施工・地上13階建・総戸数60戸の『シティインデックス元浅草』です。

 アドレスは台東区元浅草4丁目です。元浅草は、台東区中部及び浅草地域の西部に位置し、旧浅草区に当たります。1丁目から4丁目まであり、町域内は商業地と寺院及び住宅地が混在しています。元浅草の地名は、旧下谷区と浅草区の境目、浅草繁華街の西の始め(元)に由来しています。

 江戸時代初めの頃より寺院の多く集まった地域で「新寺町」と通称され、さらに明暦の大火の後、本郷湯島などからも寺院が移転して数を増やし、その各寺院の周りに門前町が作られました。明治以降は細かく分かれていた門前町がまとめて編成され、住居表示の実施により元浅草が町名に採用されました。


 「田原町」駅より本マンションまでは徒歩4分す。同駅1番出口から浅草通りを稲荷町方面へ歩き、ローソンを超えたところで左折、十字路を一つ越えた左手に位置します。「新御徒町」駅からは徒歩9分で、A3出口から春日通りを蔵前方面へ歩き、「孫三通り」を左折してしばらく直進すると「菊屋橋公園」があり、過ぎた十字路を右折、「洋服の寸法直し店・じゅん」のある、2つ目の小さな十字路を左に曲がった左手にあります。

 江戸っ子に愛され、今も観光用の水上バスが行き交っている一級河川
隅田川まで徒歩15分、春には両岸に桜が咲き誇る花見の名所となり、夏の夜空を華やかに彩る隅田川花見大会など、人気イベントも数多く催されています。また、店舗数170以上、800メートルにも連なる調理・厨房備品の専門街「かっぱ橋道具街」に徒歩2分の近さ、台東区立松葉小学校の隣にあり、昭和初期に当時の逓信省が始めた「ラジオ体操」放送が、ここを会場として開始されたことでも知られた区立松葉公園には徒歩7分です。

 普段のお買い物はライフ新御徒町店が徒歩9分、各種ファッション店舗が揃い、地下には食品館もある大型商業施設浅草ロックスまで徒歩10分、最新ブランドが揃う「上野」駅の前にある上野マルイが徒歩15分です。台東区の中核病院である永寿総合病院には徒歩10分、各種手続きができる台東区役所には徒歩11分となります。

 何より
10駅12路線が利用できるロケーションがアピールポイントです。JR各線を利用できる「上野」駅へも歩いて13分、東京メトロ銀座線「浅草」駅も散歩をしながら13分歩けば、日本橋や銀座へ座って行くことも可能です。

 2棟を繋ぐ配棟構成で、ファサードはタイルの濃淡とシャープな縦のラインを活かした造形、バルコニーの正面はガラス手摺を設け、先進性と格調が調和した仕様とするなど、モダンで美しいフォルムとしています。エントランスアプローチの床面は御影石貼りです。

 大通りから少し入った
静かな住環境です。角住戸率は80%、全戸シューズインクローゼット付の収納豊富なプランで、竣工後販売のため、実際の住戸を見て確かめることができます。間取りは1LDK〜2LDK、専有面積32.56平米〜54.06平米と、コンパクトなマンションとなっています。

 現在は先着順申込受付中で、上記専有面積に対し
販売価格2,789万円〜4,938万円、坪単価283万円〜302万円程度です。なお、これまで販売されてきた本マンション住戸の平均坪単価は311万円台となっています。標準相場をごく大まかに試算すると、244万円(田原町坪単価)×1.058(駅距離補正)×1.0198(地価上昇補正)=坪単価258万円となりました。

 台東区は都心に近く、1LDK等のコンパクトマンションも案外多いところです。賃貸需要も旺盛ですから、
ある程度住んだ後は賃貸とし、長く資産として活用していくのに適したマンションと言えそうです。

公式ホームページ ⇒シティインデックス元浅草

TOPへ


| 新築マンション 台東区 | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベルジェンド浅草寿フィエルテ(新築)−坪300万円台が目安のミニマム物件
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩5分、都営大江戸線「蔵前」駅より徒歩7分、同大江戸線・つくばエクスプレス「新御徒町」駅より徒歩8分、都営浅草線「浅草」駅より徒歩10分、JR山手線・京浜東北線「上野」駅より徒歩15分の場所に立地するベルフラッツ分譲・後藤組施工・地上13階建・総戸数24戸の『ベルジェンド浅草寿フィエルテ』です。

 アドレスは台東区寿1丁目です。寿(ことぶき)は1丁目から4丁目まであり、2007年12月1日現在の住民基本台帳人口は4,908人です。浅草・雷門の南、蔵前の北に位置し、浅草地域に属しています。浅草から一歩入った静かな住宅街オフィスや古くからの商店があります。北部は、浅草通りに接しこれを境に西浅草・雷門にそれぞれ接し、東部は駒形に接し、南部は春日通りに接しこれを境に蔵前に接し、西部は新堀通りに接しこれを境に元浅草に接しています。また当地をほぼ中央に分ける形で南北方向に国際通りが通っています。

 旧浅草区としては、 浅草寿町・浅草田原町・浅草黒船町・浅草新福富町・浅草森下町・浅草駒形町・浅草三間町・浅草高原町・浅草栄久町の範囲にあたります。明治3年(1870年)、当時の石浜町、真砂町、黒沢町、福川町の四つの町が合併し、縁起をかついで「浅草寿町」と名づけられました。その後昭和9年(1934年)に新福富町や高原町などを合併し町域を広げ、1丁目から3丁目にまで分けられ、昭和39年(1964年)10月1日、住居表示の実施によって4丁目を追加した形に再び編成されましたが、この時近隣の菊屋橋1〜2丁目元浅草と寿に組込まれ、行政地名としての菊屋橋は消滅しました。

 明治7年(1874年)から浅草寿町十番地(現寿3丁目)に幼少時代の夏目漱石が住んでおり、当時、浅草寿町戸田小学校に通っていました。漱石は、隣の駒形にも住んでいた記録があります。

 このように、当地は
江戸より続く伝統を核としつつも、再開発による新しい波とも調和しています。「東京」駅へは3.2キロメートル圏で、東京スカイツリーには2キロメートル圏と、都心から下町にかけての要のような場所に位置しています。

 「田原町」駅から本マンションまでは徒歩5分です。同駅1番出口を出て浅草通りを西へと歩き、菊屋橋交差点を左折して南下するのが最もわかりやすいルートで、その3つ目の交差点角に立地します。ここから1ブロック南に歩くと、現在分譲中の『ルフォンリブレ 浅草 寿』(「田原町」駅徒歩6分)があるので、こちらが比較物件となります。

 上記のとおり、
利用駅は「田原町」駅以外にも「蔵前」駅、「新御徒町」駅、「浅草」駅、「上野」駅と数多く、東京メトロ銀座線、都営大江戸線、都営浅草線、つくばエクスプレス、そして徒歩15分の距離ですが、「上野」駅ではJR線をはじめとして多彩な路線が利用できます。

 なお、
公式HPでは、本物件とともに『ベルジェンド元浅草クレール』の分譲も掲載しています。こちらは「田原町」駅徒歩6分、「蔵前」駅徒歩10分、「新御徒町」駅徒歩7分、「浅草」駅徒歩12分、「上野」駅徒歩12分と、「田原町」駅には『浅草寿フィエルテ』の方が1分近いのですが、一大ターミナル「上野」駅には『元浅草クレール』の方が3分近いので、どちらが交通利便性が高いか迷うところです。

 敷地面積は175.56平米、建築面積は97.11平米戸建て用地並みに小さく、おそらく1フロア2戸構成で地上13階建て、全戸角部屋です。間取りはStudio・1DK・1LDK専有面積38.80平米〜40.23平米となっています。『元浅草クレール』敷地面積207.88平米、建築面積115.90平米、間取りStudio・1DK・1LDK・2LDK、専有面積30.25平米〜53.79平米で、やはり1フロア2戸構成でしょうが(地上14階地下1階建)、本マンションよりもバラエティがあります。

 このように
2つの現場を同時に持つ理由は、もちろん建築コストが抑えられるからです。したがって、2つのマンションとも、竣工は来年10月中旬、入居は来年11月予定と揃え、効率化を図っています。

 公式HPではまだコンテンツがほとんどなく、まだ上記のような情報しか得られていません。メルクマールは上記の通り、同じ町内の『ルフォンリブレ 浅草 寿』で、同マンションの平均坪単価は300万円台とされています。また、『ルフォンリブレ 浅草 寿』今月第1期販売が行われ、総戸数の約6割の34戸の販売が実施されました。

 本マンションは、
最寄りの「田原町」駅へは徒歩1分『ルフォンリブレ 浅草 寿』に近いのですが、その規模、ブランド力等を考えればハンデがあり、マンション相場も軟調になりかかっていることから、少なくとも価格水準は『ルフォンリブレ 浅草 寿』と揃えた方がよい、と個人的には考えます。販売開始は来年1月を予定しており、シングル物件を探していらっしゃる方には、候補の一つと言えそうです。

公式ホームページ ⇒ベルジェンド浅草寿フィエルテ

TOPへ


| 新築マンション 台東区 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
Brillia(ブリリア) Tower 上野池之端(新築)−来年GW発売!アクセス至便の一等地タワー
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ日比谷線・同銀座線・JR京浜東北線・同山手線「上野」駅より徒歩10分、都営大江戸線「上野御徒町」駅 より徒歩8分、京成本線「京成上野」駅より徒歩9分、東京メトロ千代田線「湯島」駅より徒歩4分の場所に立地する東京建物分譲・施工会社未定・地上36階地下1階建・総戸数361戸の『Brillia(ブリリア) Tower 上野池之端』です

 アドレスは台東区池之端1丁目です。池之端は台東区の西部にあり、文字通り不忍池の端となります。池之端2丁目は、昭和42年の住居表示実施時に池之端仲町、茅町1丁目、上野恩賜公園、茅町2丁目を合わせてできたものです。また、都立旧岩崎邸庭園が町内にあり、この地域の歴史と古くからのにぎわいを感じさせる施設や店舗が存在します。

 縄文時代にはこの地は東京湾の入江で、海岸線の後退とともに取り残されて紀元数世紀頃に池になったと言われています。1625年、江戸幕府は、西の比叡山延暦寺に対応させ、この地に寛永寺を建立、開祖である慈眼大師・天海は、不忍池を琵琶湖に見立て、竹生島になぞらえ弁天島(中之島)を築かせ、そこに弁天堂を作ったのだそうです。

 不忍池は今も、
散策やボート遊びなど多くの人でにぎわっています。特に不忍池の水面をびっしり覆う蓮は一見の価値があり、蓮の花が咲く時期には観光名所ともなっています。

 本マンションは、不忍池を東側に見晴らす不忍通り沿いの高層タワーマンションです。この不忍通り沿いには近年、『パークタワー上野池之端』など高級タワーマンションが次々と建てられているのですが、本マンションはその中でも「上野」駅に近く、「湯島」駅にとも徒歩4分の好立地です。上野を代表する中華料理店「東天紅」の北隣でもあります。台東区が最も栄えていた明治・大正の時代にはこの辺りが東京の一等地でしたし、今でもステイタス感が十分ある場所です。

 近隣には
上野恩賜公園、寛永寺、東京国立博物館が所在し、「日本の粋を纏う」というキャッチフレーズも誇張に聞こえません。若いうちは赤坂、麻布、青山、六本木などもよいですが、シニアになるとこのような場所に住んでみたいと私も思うようになりました。

 ただ、3年前、私が不忍池の周辺を歩いた際には、
ホームレスの住まいがそこかしこにある状態でした。慣れればそれまでなのですが、今はどうなっているのか気になります。

 徒歩10分圏内に8駅15路線があるという驚異的なアクセスの良さを誇ります。各駅からは「大手町」駅直通4分、「東京」駅直通5分、「日本橋」駅直通6分、「新橋」駅直通8分、「銀座」駅・「霞が関」駅直通9分と、都心に引けを取らない利便性です。

 間取りは1LDK〜4LDK、専有面積41.21平米〜127.96平米と、タワーマンションらしく幅広い層をターゲットとし、1LDKには投資家が多く申し込むことでしょう。販売価格については、2011年に同じ町内・同様に不忍池沿いで分譲されたマンション『ウェリス上野池之端』の当時の分譲価格が平均坪単価324万円台でしたが、現在では平均坪単価400万円〜450万円程度にはなるだろうと思われます。

 施工は三井住友建設の予定でしたが、例の横浜物件の杭打ち問題が影響してか「施工会社未定」に変わりました。今後の市況は気になるところですが、立地の良さは不変で、後は価格次第といったところでしょうか。販売開始は来年4月下旬、入居は平成31年6月下旬と、かなり先になる物件です。

公式ホームページ ⇒Brillia(ブリリア) Tower 上野池之端

TOPへ


| 新築マンション 台東区 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
ルフォンリブレ 浅草 寿(新築)−江戸の伝統・漱石ゆかりの地に都会派マンション
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩6分、都営大江戸線「蔵前」駅より徒歩6分、同線・つくばエクスプレス「新御徒町」駅より徒歩7分の場所に立地するサンケイビル分譲・木内建設施工・地上15階建・総戸数56戸の『ルフォンリブレ 浅草 寿』です。

 アドレスは台東区寿1丁目です。寿(ことぶき)は1丁目から4丁目まであり、2007年12月1日現在の住民基本台帳人口は4,908人です。浅草・雷門の南、蔵前の北に位置し、浅草地域に属しています。浅草から一歩入った静かな住宅街オフィスや古くからの商店があります。北部は、浅草通りに接しこれを境に西浅草・雷門にそれぞれ接し、東部は駒形に接し、南部は春日通りに接しこれを境に蔵前に接し、西部は新堀通りに接しこれを境に元浅草に接しています。また当地をほぼ中央に分ける形で南北方向に国際通りが通っています。

 旧浅草区としては、 浅草寿町・浅草田原町・浅草黒船町・浅草新福富町・浅草森下町・浅草駒形町・浅草三間町・浅草高原町・浅草栄久町の範囲にあたります。明治3年(1870年)、当時の石浜町、真砂町、黒沢町、福川町の四つの町が合併し、縁起をかついで「浅草寿町」と名づけられました。その後昭和9年(1934年)に新福富町や高原町などを合併し町域を広げ、1丁目から3丁目にまで分けられ、昭和39年(1964年)10月1日、住居表示の実施によって4丁目を追加した形に再び編成されましたが、この時近隣の菊屋橋1〜2丁目元浅草と寿に組込まれ、行政地名としての菊屋橋は消滅しました。

 明治7年(1874年)から浅草寿町十番地(現寿3丁目)に幼少時代の夏目漱石が住んでおり、当時、浅草寿町戸田小学校に通っていました。漱石は、隣の駒形にも住んでいた記録があります。

 このように、当地は
江戸より続く伝統を核としつつも、再開発による新しい波とも調和しています。「東京」駅へは3.2キロメートル圏で、東京スカイツリーには2キロメートル圏と、都心から下町にかけての要のような場所に位置しています。

 「田原町」駅からは徒歩6分で、同駅から南下し、ことぶきこども園の角を右折、新堀通りに沿ってさらに南下した右手に所在します。

 
敷地面積は566.09平米で、角地を得られなかったのは残念ですが、その分西からの入口をロングアプローチとし、奥行きの深さを演出しています。外観はオフホワイトのタイルでシンプルにまとめて圧迫感を抑え都会的でシャープなフォルムに仕上がっています。ホール内の雪見窓、縦格子等の和の要素現代的に解釈して取り入れるなど、浅草ならではの意匠も施しています。

 周辺施設については、miniピアゴ、ミニストップが徒歩2分セブンイレブン、スーパヤマザキが徒歩4分赤札堂、ハナマサが徒歩6分です。ソフトクリームが評判のミニストップが近いことは人によってはちょっとしたポイントです。また、かっぱ橋道具街徒歩6分のところにあり、生活をする上でもぶらりと街歩きするにも魅力的な立地です。区立蔵前小学校は徒歩6分の距離となります。

 間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は38.24平米〜68.54平米で、南向き・角住戸中心公式HPに掲載されているBタイプ(57.88平米・2LDK)とDタイプ(68.54平米・3LDK)はワイドスパンの角部屋で好印象です。

 販売は9月上旬を予定しており、価格発表もこれからです。近隣の物件については、最近の分譲まで坪単価230万円〜260万円程度が相場でした。標準相場をごくおおまかに試算すると、236万円[田原町坪単価]×1.025[駅距離補正]×1.020[地価上昇補正]=坪単価247万円なりました。

 現在では、
本エリア物件が上記の試算による相場水準に収まることは難しいと考えられ、平均坪単価は250万円〜300万円はすることでしょう。それでも都心3キロ圏内にありながら相対的にはリーズナブルな価格で購入できるのは魅力で、暮らしやすい下町の雰囲気がお好みであれば十分検討に値する物件言えるでしょう。

公式ホームページ ⇒ルフォンリブレ 浅草 寿

TOPへ


| 新築マンション 台東区 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
大江戸タワーレジデンス(新築)−「蔵前」駅徒歩1分の通好みのタワー
JUGEMテーマ:マンション

★ 都営大江戸線「蔵前」駅より徒歩1分、同浅草線「蔵前」駅より徒歩3分、東京メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩10分、東武伊勢崎線「浅草」駅より徒歩12分、つくばエクスプレス「新御徒町」駅より徒歩13分の場所に立地する住友不動産分譲・銭高組施工・地上26階地下1階建・総戸数124戸の『大江戸タワーレジデンス』です。

 アドレスは台東区蔵前2丁目です。蔵前は、台東区の南東部に位置します。町域東部隅田川を境に墨田区本所・横網に、南部台東区柳橋に、南西部浅草橋に、西部新堀通りに接し、これを境に三筋・鳥越にそれぞれ接し、北部春日通りに接し、これを境に寿・駒形にそれぞれ接します。町域内は商業地・住宅地が混在しており、江戸通り沿い付近を中心におもちゃ問屋が並んでいることでも知られ、隣接する駒形には玩具大手のバンダイエポック社が本社を構えています。付近には厩橋蔵前橋が隅田川に架かります。

 蔵前という地名はこの地に
江戸幕府の御米蔵(浅草御蔵)があったことに由来します。この蔵は幕府が天領他から集めた米を収蔵するためのもので、元和6年(1620年)に鳥越神社にあった丘を切り崩し、隅田川を埋め立てなどして造られました。

 明治元年(1868年)、浅草御蔵と蔵奉行以下の役宅地は
明治政府が管理することになり、政府御蔵と称されましたがその後関東大震災によって焼失しました。昭和9年(1934年)、御蔵前片町、福富町、新旅籠町など周辺九つの町を整理統合し蔵前1〜3丁目となり、蔵前が正式な町名として使われるようになりました。昭和22年に台東区が成立した際に町名に「浅草」を冠し、「浅草蔵前」となり、昭和39年(1964年)浅草桂町と統合し、現在の蔵前1〜4丁目となりました。浅草御蔵跡地は現蔵前1〜2丁目の範囲に当たり、かつて跡地の南側には国技館(蔵前国技館)が置かれました。

 本マンションのように
「蔵前」駅徒歩1分のマンションは、2012年の『ライオンズ蔵前レジデンス』以来で、総戸数124戸は、「蔵前」駅エリアでは近年例がない大規模なものです。その意味では、「蔵前」駅周辺のランドマーク的マンションということができるでしょう。

 ただ、
敷地面積は1,605.24平米ですから、それほど大きいわけではなく、建築面積616.67平米で地上26階建ですから、ペンシルタワー的ではあります。しかし、外観意匠は、住友不動産らしくセンスあるもので、ファサードの深い彫りや、2層を1層に見せるデザイン、柔らかなカラーリングなど高層建築物の威圧感を減じ、周辺との調和を考慮しています。

 ラウンジは2層吹抜けで、開放感があります。全戸南西向きのため、東京スカイツリーや隅田川花火大会を部屋から楽しめる住戸は限られていますが、屋上テラスが花火大会当日のプライベート観賞テラスとなる予定です(おそらく住戸ごとの抽選になります)。高層階の住戸では都心眺望を楽しむことができます。

 3階から26階は
1フロア5戸構成で、55A(54.52平米)〜75F(75.50平米)タイプで、中心は65平米サイズとなります。天井の高さは約2,650mmと十分な高さを確保しています。設備としては、タンクレストイレ、ディスポーザー、ミストサウナ、バルコニーのミニシンクが目を引きます。とびきり贅沢な設備と言うわけではありませんが、必要十分なものが備わっています。

 隅田川に近い低地であるため、地震災害が気になりますが、本マンションでは、防災備品、下水道直結トイレ等、災害対策設備はかなり多種多様なものを取り揃えています。入居したら管理組合を中心に、これらの使い方に日ごろから習熟しておく必要があるでしょう。

 近くに大型スーパーがないのがやや難点ですが、miniピアゴが徒歩4分、サミットストアが徒歩10分の距離です。通学区は区立蔵前小学校が徒歩6分の距離、金融機関はみずほ銀行が徒歩2分の距離で便利です。

 気になる
価格帯は、高層階で75平米タイプが7千万円台ということで、坪単価300万円台内外といったところでしょうか。この夏に実施された第1期販売の販売戸数は27戸いうことですから、ややスロースタートといった印象です。標準相場をごくおおまかに試算すると、231万円[蔵前坪単価]×1.107[駅距離補正]=坪単価256万円となりますので、本物件の価格水準に目が慣れるまではもう少し時間を要するのかもしれません。

 現地は
大通りから一歩奥まった三方角地の閑静な立地で、隅田川テラスには徒歩2分の距離、近くには新しいカルチャー発信の地として注目を集める複合商業施設「MIRROR」がオープンしました。伝統の地で新しい文化が芽生えようとする可能性のある場所に、気持ち豊かに住むことができるというのは幸せなことです。一度住んだら離れられない、そんな通好みの街のシンボルとして、本マンションはこれから語られていくことでしょう。

公式ホームページ ⇒大江戸タワーレジデンス

TOPへ


| 新築マンション 台東区 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
クレヴィア上野(新築)−思わず足を止める駅徒歩7分の伸びやかな立地
JUGEMテーマ:マンション

★ JR「上野」駅より徒歩7分、東京メトロ銀座線「稲荷町」駅より徒歩5分の場所に立地する伊藤忠都市開発分譲・大末建設施工・地上15階建・総戸数47戸の『クレヴィア上野』です。

 アドレスは台東区東上野6丁目です。東上野は、台東区の中央部に位置します。町域東部の東上野1丁目から東上野3丁目までは清洲橋通りに接し、東上野6丁目は左衛門橋通りにも接しています。また、これらを境に松が谷、元浅草に接しています。

 町域内は主に
住宅地と商業地とが混在しています。西部の昭和通り沿いは「上野」駅や「御徒町」駅に近く、上野の街の繁華街の一角を担っており、また昭和通りの東側付近には焼肉店やキムチを扱う店などの韓国料理店・食材店が軒を連ねている一角があり、「キムチ横丁」などの愛称で台東区内でも有名なリトルコリア・タウンがあります。

 しかし、本マンションが立地する
東上野6丁目は、そんな繁華街の雰囲気とは一線を画した落ち着いたエリアです。清洲橋通りは片道2車線の大きな道ではありますが、このあたりでは交通量はさほど多くなくタクシーの運転手が側道に止めて休憩をしているなど、のんびりした雰囲気さえあります。大通り沿いながら、私は一目で好ましい印象受けました。

 「上野」駅入谷口からは徒歩7分で、途中首都高速の高架付の昭和通りを横断しなければなりませんが、横断した後は静かで落ち着いた道を東へ進みます。私が現地を訪れたのが休日だったからかもしれませんが、人通りの少ない淑とした雰囲気で、お正月を台東区のこういうところで静かに過ごすのもいいだろうなあ、となぜか思ったりしました。

 「稲荷町」駅からは徒歩5分、こちらは清洲橋通りをシンプルに北上する道のりです。上記のとおり、この付近の清洲橋通りは穏やかですので、のんびり歩くことも可能でしょう。また、「上野」駅ルートも「稲荷町」駅ルートも道のりはフラットです。

 もうひとつ嬉しいのは、
区立上野小学校が目と鼻の先(徒歩2分)にあることです。このほか、区立上野保育園が徒歩1分、区立駒形中学校が徒歩5分といずれも至近距離、台東区役所は徒歩5分、日常のお買い物に便利なマルエツ東上野店も徒歩1分の近さです。

 面積476.43の敷地はほぼスクエアなきれいな北西角地で、南側はコスモスイニシアのマンション建設予定地となっています。本マンションは、この敷地において清洲橋通りに接する西側を正面の顔とした地上15階建ての建物であり、渋いグレータイルを基調とし、墨色50角タイルをアクセントとした伝統美を強調した外観となります。

 また、最近は少なくなった
屋上開放で、ウッドデッキのテラスが設けられます。本マンション東側にはスカイツリーがきれいに見えますので、気晴らしにはよい場所でしょう。一方、公式HPには屋上テラス以外に共用施設の表示がないのですが、1階のエントランス周りがどのような設計なのか気になります。

 逆にセールスポイントとして強調しているのが
間取りの可変性を活かした「Mot私らしさプラン」です。これは例えば3LDKを2+0.5+0.5に分けるなど、家族の個性的な使用に応じた間取りに変更することができます。確かに、他とは区別されたちょっとしたスペースがほしいときに重宝するかもしれません。

 間取りは1K〜3LDK、専有面積31.20屐70.55と、規模の比較的小さなマンションの割にはプランが多彩です。ただし、中心は3LDK66.77屐70.55峙擇2LDK55.65とされています。駐車場は敷地内に6台と、この規模のマンションとしては標準でしょう。

 販売開始予定は本年11月中旬からとまだ先ですので、販売価格等の具体的な情報は公式HPにはまだ掲載されていません標準相場をごくおおまかに試算すると、261万円[上野坪単価]×1.013[駅距離補正]=坪単価264万円となりました。たとえば、上記3LDK66.77屬任△譴弌販売価格5,332万円が標準、との試算となります。なお、建物竣工は1年以上先の平成25年12月、入居は平成26年2月が予定されています。

 通常、
駅からの距離は近ければ近いほどよい、と思いがちですが、本マンション周辺の伸びやかな風景に接していると、駅7分程度の距離が程よい距離なのかも、と思えてくるから不思議です。本マンションの対角線上にある『上野アインスタワー』からは風鈴の音が聞こえてきました。その心地よさに立ち止まってしまうのも、この界隈の有する穏やかな雰囲気のせいなのでしょう。

本マンション工事現場を北西角から写したものです。敷地は北西角地できれいな正方形型をしています(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



本マンション西側が接する清洲橋通りです。片道2車線の大きな通りですが交通量が少なく、側道は駐車スペースになっています。



本マンションの北側道路です。写真奥にあるとおり清洲橋通りの本マンション向かいの建物はそれほど高さがなく、中高層階であれば眺望が抜けると思われます。



清洲橋通りから本マンション北側道路を写したものです。写真奥には東京スカイツリーがくっきりと写っています。



再び清洲橋通り向かいから本マンション工事現場を写したものです。周囲には高い建物が少なく、中高層階では伸びやかな空を享受できます。



公式ホームページ ⇒クレヴィア上野

TOPへ


| 新築マンション 台東区 | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
ザ・パークハウス上野浅草通り(新築)−「上野」駅徒歩3分のお得な普通借地権
JUGEMテーマ:マンション

★ JR山手線「上野」駅より徒歩4分、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅より徒歩3分、都営大江戸線「新御徒町」駅より徒歩9分の場所に立地する三菱地所レジデンス分譲・鍜治田工務店施工・地上14階地下1階建・総戸数48戸の『ザ・パークハウス上野浅草通り』です。

 アドレスは台東区東上野4丁目です。東上野は台東区の中央部に位置します。町域内は主に住宅地と商業地とが混在しており、西部の昭和通り沿いは「上野」駅や「御徒町」駅に近く、上野の街の繁華街の一角を担っています。また昭和通りの東側付近には焼肉店やキムチを扱う店などの韓国料理店・食材店が軒を連ねている一角があり「キムチ横丁」などの愛称で呼ばれている台東区内でも有名なリトルコリア・タウンがあります。また、東上野2丁目から東上野3丁目にかけてはパチンコ・パチスロメーカーの営業所・ショールームが多数存在しています。

 上記のように書くと、本マンションも繁華街立地のように思われそうですが、
そのような雰囲気とは少し異なる住宅系又は事業所系の落ち着いた街並みの中にあります。特に、台東区役所が同じ東上野4丁目に所在し、ほんの目と鼻の先という利便性の高い場所です。さらに上野警察署や上野消防署にも近く心理的な安心感は抜群です。ただし、消防署の夜間のサイレン音は慣れるまでは気になるかもしれません(私のマンションも消防署至近ですがすぐ慣れました)。

 「上野」駅からは本マンションまではフラットな道のりを徒歩3分ないし4分、マンション名ともなっている浅草通りを東に歩くだけのシンプルなルートです。ただ、東京メトロ「上野」駅の1番出入口から入ってからホームまでは少し距離があります。それにしても、いわゆるメジャー7の分譲マンションで「上野」駅にこれだけ近いマンションはここ10年程例がなく、希少価値があります。

 日常のお買い物は、
「上野」駅構内のアトレ上野があるほか、マルエツ東上野店が徒歩5分の距離です。小学校は、台東区立上野小学校が徒歩6分の距離にあります。また、本マンションのご近所として浅草通り沿いに、昭和4年築の欧風の建築物で台東区の「まちかど景観賞」を受賞した比留間歯科医院があります。

 L字型をしている面積504.07屬良瀉呂鷲當娘效聾△箸靴道藩することとなり、すなわち本マンションはいわゆる借地権付き物件です。借地期間は一斉引渡日より30年であり、満了した場合は、30年毎に更新することとなります。普通借地権は、定期借地権のように期限が来たら更地にして返還する義務を生じるものではない点が大きなメリットで、この点土地の所有権にこだわらないのであれば、一般にリーズナブルな価格で通常の分譲マンションと変わらない利用をすることができます。

 普通借地権の貸主はお寺であることが多いのですが、本マンションの東側道路向かいに臨済宗宗雲院がありますので、このお寺が貸主なのかもしれません(あくまで推測です)。なお、本マンション敷地は、浅草通り(南側道路)、東側道路及び西側道路の3面接道となります。

 本マンションは
1フロア4戸が基本の全戸西向きで、東側は駐車場出入口となります。外観デザインは落ち着きのある色を採用し、垂直ラインを強調、エントランス周りには高級感のある御影石を配して、モダンで風格のあるファサードとなっています。

 間取りは、
Aタイプが1LDK56.34屐Bタイプが1LDK56.70屐Cタイプが2LDK60.12屐Dタイプ及びEタイプが3LDK68.32と、A・Bタイプは1LDKとしては広くなりますが、Cタイプは2LDKとして標準、Dタイプ及びEタイプは3LDKとしてはやや小さめといったところです。公式HPには設備・仕様の記載がまだありませんが、ザ・パークハウスブランドですから標準以上のものはあると思われます。

 販売価格は、上記間取りに対し3,600万円台から5,400万円台で、これを坪単価換算すると217万円〜265万円程度となります。標準相場をごくおおまかに試算すると、261万円[上野坪単価]×1.074[駅距離補正]×0.9[普通借地権補正]=坪単価252万円となりました。これを上記坪単価レンジの中央値と比較すると、4%程度割安との試算結果になりますので、安心して購入を検討できるレベルと言ってよいでしょう。

 「上野」駅というと、どうしても
上野公園方面ばかりに目がいきますが、東上野には落ち着いて暮らしが楽しめるたたずまいがあることを初めて知りました。「上野」駅周辺の活気と公共機関に近い安心とが同時に享受でき、普通借地権のメリットを活かしたリーズナブルな駅徒歩3分物件として、十分検討に値するマンションだと考えます。モデルルームの事前案内会は今から2週間後の9月29日(土)からで、いよいよ販売スタートです。

本マンション工事現場を南西角から写したものです。この南西角を占めるDタイプが、交通音等の影響はありますが開放感のある最も条件の良い角部屋となります(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



本マンションの工事現場を浅草通りから写したものです。写真の一番奥に台東区役所の白い建物があり、右手に工事現場に隣接して比留間歯科医院があります。



浅草通りを「上野」駅方面に向けて写したものです。浅草通は片道2〜3車線からなる幹線道路で、交通量があります。



本マンションの東側道路です。本マンションにとっては裏手となり、駐車場へのアプローチとなります。




公式ホームページ ⇒ザ・パークハウス上野浅草通り

TOPへ


| 新築マンション 台東区 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
ライオンズ浅草橋レジデンス(新築)−全戸南向きの和風テイスト浅草橋物件
JUGEMテーマ:マンション

★ JR総武線・都営浅草線「浅草橋」駅より徒歩7分の場所に立地する大京分譲・日広建設施工・地上14階建・総戸数39戸の『ライオンズ浅草橋レジデンス』です。

 アドレスは台東区浅草橋5丁目です。浅草橋は、東京都中央区と台東区にまたがる神田川にかかる橋である「浅草橋」にちなんだ地名で、その名の通り都心と浅草を結ぶ橋であり、かつては浅草寺の門前橋(浅草橋御門)でもありました。浅草地域の南部に位置し、千代田区(神田和泉町・神田佐久間町・東神田)・中央区(東日本橋)との区境にもあたります。

 浅草橋という橋は、
1873年に、技術の高さで有名な肥後の石工である橋本勘五郎に架けられ、1930年に当時の最新技術を駆使して現在の浅草橋が建設されました。現在では人形やビーズアクセサリー、雑貨、店舗用品等を取り扱う店が多々あり、賑わいを見せています。

 本マンションのアドレスである
浅草橋5丁目は、浅草橋から北西方向にかなり離れ、本マンション自体は、幹線道路である蔵前橋通り沿いに立地しています。「浅草橋」駅からは徒歩7分で、事業所ビルや住宅が並ぶ道を北西方向に進み、蔵前橋通りに出たら西進するフラットなルートです。私が現地を訪れたのは休日だったこともあり、蔵前橋通り以外の道のりは車の往来も少なく静かで気持ちの良い道でした。

 面積442.31というあまり大きくない敷地は、南北両面道路で、北側が大通りである蔵前橋通りとなります。全住戸が南向きですので、蔵前橋通りの喧騒からは背を向けることとなり、住環境は良好でしょう。周辺環境としては、蔵前橋通りを越えて1本入った道に「おかず横丁」があり、昔ながらの懐かしい総菜屋などが並んでいます。スーパーは、「ココス ナカムラ」が徒歩3分、「ライフ神田和泉店」が徒歩6分のところにあり、不自由することはないでしょう。

 外観デザインは、
濃茶、ベージュ、濃灰3色の45二丁掛タイルで、3つの色彩が浮かび上がる、印象的な色合いのタイルを採用し、エントランスファサードはサビの風合いを生かした大判タイルで、エントランス脇には、鮮やかな紅葉を愉しめるモミジを植えた坪庭を用意し、夜にはライトアップされる予定です。エントランスホールには和紙アートの美を楽しめる作品が飾られる予定です。

 全戸南向きの住戸は、小規模マンションの長所を活かして
37戸中24戸(約64%)を三面開口・両面バルコニーの角住戸とし、中住戸も幅8m超のワイドスパンとなります。また、同じく37戸中24戸が3LDKで、ファミリータイプ中心の間取りとしています。さらに、本マンションの南面は中低層の建築物が並びますので、中高層階では日照も期待できます。

 構造は
二重床・二重天井で、100年コンクリートを採用、節水トイレやエコガラス等により環境に配慮しています。設備はライオンズらしい高級仕様で、食器洗い乾燥機が標準装備です。

 販売開始は、今から約3カ月先の10月下旬を予定しており、したがって、気になる販売価格も公表されていません標準相場をごくおおまかに試算すると、242万円[浅草橋坪単価]×1.013[駅距離補正]=坪単価245万円となりました。一方、現在も販売中の『Brillia浅草橋』は、「浅草橋」駅徒歩2分の距離で平均坪単価251万円となります。これを駅距離補正で割り戻すと、本マンションの坪単価は233万円となりました。したがって、平均坪単価が240万円程度の販売価格であれば、リ−ズナブルな価格帯と言うことができるでしょう。

 最近、
「浅草橋」駅近辺で新築マンションが多数出ている中で、本マンションは小ぶりな印象を受けますが、全戸南向け・3LDK・高級仕様の内装や外観と、条件のよいマンションだと感じました。特にこれが隣接する千代田区アドレスだと分譲価格もこんなレベルではなく、その意味でコストパフォーマンスに優れたマンションということができます。供給過剰気味の新築マンション市場の中、さっと完売に持って行けるかどうかが注目されます。

本マンションが接する南側道路です。蔵前橋通りに並行する小道で車の往来は多くありません(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



本マンションの正面となる南側から本マンションの工事現場を写したものです。隣接地も事業所ビルの改築工事を行っていました。



蔵前橋通りから本マンションの工事現場を写したものです。本マンションは蔵前橋通りに接する北側を背にするとともに、北側にも出入口を設けて利便性を図っています。



本マンション北側が接する蔵前橋通りです。片道2車線の幹線道路となります。



再び南側から写した本マンションの工事現場です。南側には和風テイストの高級感あるメインエントランスが設置されます。




公式ホームページ ⇒ライオンズ浅草橋レジデンス

TOPへ
 


| 新築マンション 台東区 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
ザ・パークハウス浅草橋タワーレジデンス(新築)−隅田川望む柳橋芸者最後の灯
JUGEMテーマ:マンション

★ JR総武線「浅草橋」駅より徒歩5分、都営浅草線「浅草橋」駅より徒歩4分、JR総武線快速「馬喰町」駅より徒歩8分の場所に立地する三菱地所レジデンス分譲・熊谷組施工・地上20階地下1階建・総戸数102戸の『ザ・パークハウス浅草橋タワーレジデンス』です。

 アドレスは台東区柳橋2丁目です。柳橋という地名は、神田川と隅田川の合流点近くに「柳橋」と称する橋があったのにちなみました。柳橋は、1630年の江戸時代に徳川幕府が設置した米蔵「浅草御蔵」地域で、現在の柳橋二丁目には三河岡崎藩邸や信濃上田藩邸などの武家屋敷しかなく、江戸時代以降は官有地となりました。

 柳橋1丁目は
浅草旅籠町などが中心に江戸前の料亭が軒を連ね、特に柳橋芸妓が有名でした。隅田川の船遊び客の船宿が多く花街として新橋と共に東京を代表する場所になり、柳橋芸者は遊女と違い唄や踊りで立つ事を誇りとし、プライドが高かったと言われています。

 東京大空襲によって辺りは灰と化しましたが、
戦後バラックのお店から再開昭和36年(1961年)頃までが戦後の最盛期で、芸妓約280名、料亭70軒あまりあったそうです。その後は隅田川の環境悪化から衰退の一途をたどり、ついに平成11年(1999年)、細々と活動をしていた芸妓組合も解散したということです。

 なぜこのように長々と柳橋の歴史を書くかと言うと、
本マンションの敷地は、平成11年に花街の灯が消えるときに最後までがんばっていた「料亭いな垣」の跡地だからです。待合としても紹介されていた同店舗は惜しまれつつ幕を閉じ、その後も長らく姿を残していたのですが、ついに本マンションの敷地として引き払われたというわけです。

 私が現地へ訪れた感想は、あたりには
ほとんど花街の面影はなく、むしろ近年の問屋街・倉庫街の色彩が強いというものでした。本マンションに隣接する南側は「人形の久月」と大きく書かれた倉庫とおぼしき古い建物ですし、北側も事業所らしきビルとなります。ただし、現地から数十メートル南へ歩いたところには、浅草芸者で歌手としても活躍した市丸(江戸小歌市丸)さんの家を改装した風流な骨董屋兼カフェがあり、その風情をわずかにとどめています。

 面積1,071.06屬良瀉呂蓮
ダイレクトに隅田川に面しており、さすが料亭の跡地で、隅田川の風情を楽しむことができる立地です。「浅草橋」駅からは徒歩4分〜5分のフラットな道のりで、途中商店街の中を抜けますが、これがまた個性派揃いで、司馬遼太郎が愛した洋食屋「大吉」などもあって、興味は尽きません。

 私が行ったのは休日でしたので、
人通りは閑散として静かでしたが、平日は問屋街・倉庫街らしく、トラックがいっぱい路上等に駐停車するのだそうです。なお、歩いている人を眺めると、意外と若い女性やカップル・ヤングファミリーが目立ち、「こういうところに住むなんて乙だなあ」と感心しました。

 問屋街でもありますが、
一般の人に物を売ってくれる問屋もあり、これがまた面白そうでした。意外と安くない印象もありましたが、箱買いなどができたりするので、楽しさ倍増です。これらを見て回る欧米人の姿もちらほら見かけました。

 さて、街歩き記みたいな文章になってしまいましたが、本マンションは
地上20階建で、一般に「タワー」と呼べる20階建てを確保、全戸南東向きリバービューで、基本1フロア4戸のうち角住戸2戸は両面バルコニーとなります。一方、1フロアで2組となる中住戸と角住戸は、お互いの玄関が近接しており、プライバシー確保の観点から難色を示す方もいらっしゃることでしょう。

 留意すべきは、
事業協力者住戸、いわゆる地権者住戸が54戸あり、総戸数102戸の過半を占めていることです。ネット上で言われているのは、地権者住戸は賃貸用に細分化された低層階と居住用の上層階にあるのではないかとの推測ですが、これはモデルルームでの確認事項でしょう。

 本マンションの外観は、
スマートさを強調する縦ラインと、近隣建物の高さと調和する水平ラインでデザインを形成し、2色のグレー系のカラーを採用、建物の存在感を和らげながらも洗練された雰囲気を大切にしたということです。基本間取りは、Aタイプ(2LDK・54.92)、Bタイプ(3LDK・65.46)、Cタイプ(3LDK・72.02)、Dタイプ(3LDK・75.02)となりますので、ディンクスないし3〜4人家族の生活にフィットしたサイズになっています。なお、設備・仕様については、公式HPではその詳細をまだ明らかにしていません
 
 販売価格の発表もこれからとなります。ちなみに、標準相場をごくおおまかに試算すると、242万円[浅草橋坪単価]×1.058[駅距離補正]=坪単価256万円となりました。また、『住まいサーフィン』予想坪単価は248万円(予想崔渦75万円)となっており、いずれにせよ坪単価250万円内外が目安といったところでしょう。

 東京2大花街と言われた柳橋は、確かに今では外形上面影がないものの、やはりふっと人を引き寄せる雰囲気があります。私は予備知識なく現地に行ったので、「この街の雰囲気は何なんだろう」と不思議に思いながらあたりを歩いたのですが、帰宅して街の由来を調べてみて、合点するところが多々ありました。若者向きのお洒落スポットと言えない街並みに、若い人を多く見かけたのも、そんなこの町特有の磁場に引き寄せられたからかもしれません。

 本マンションのモデルルームは本年9月上旬オープンし、10月下旬から販売を開始する予定です。

本マンションが接する西側道路です。写真左手上に「花火」の文字が見えますが、あたりは問屋・倉庫関係のビルが並んでいます(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



西側道路から写した本マンション工事現場です。写真奥に隅田川の伸びやかな光景が広がっています。



本マンションと北側ビルとの境目です。「東商センター展示会場」との看板があります。本マンションとの間隔はあまりなさそうです



本マンションに隣接する南側ビルです。「人形の久月」と書かれた古いビルで、倉庫と思われますが、入口が封鎖されています。




公式ホームページ ⇒ザ・パークハウス浅草橋タワーレジデンス

TOPへ


| 新築マンション 台東区 | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
タワーレジデンストーキョー(中古)−大病院とスーパー至近の秋葉原駅徒歩8分
JUGEMテーマ:マンション

★ JR山手線・東京メトロ日比谷線「秋葉原」駅より徒歩8分、都営浅草線「浅草橋」駅より徒歩9分、都営新宿線「岩本町」駅より徒歩9分の場所に立地する平成20年築・オリックス不動産旧分譲・三井住友建設施工・地上37階地下1階建・総戸数260戸の『タワーレジデンストーキョー』です。

 アドレスは台東区台東1丁目です。台東は、台東区の南部に位置し、旧下谷区内にあたります。南部は千代田区神田和泉町に接し、本マンションは千代田区神田和泉町とは道路一つ隔てた場所に立地します。本マンションの東側には清洲橋通りがありますが、接しているわけではありませんので、その影響を受けることはありません。町域内は商業地と住宅地が混在しています。

 江戸時代、この地域は古くは下谷村に属しましたが、正保年間には御徒衆の住居地があり、以後もその組屋敷が多く置かれました。これが旧地名「御徒町」の由来となっています。それ以外の地域も殆んどが大名屋敷や旗本をはじめとする武家地でした。1892年(明治25年)に猿若町から市村座が現在の凸版印刷のビルのある場所に移転し、1932年(昭和7年)に焼失するまで歌舞伎の興行を行いましたが、その間六代目尾上菊五郎と初代中村吉右衛門が出演して人気を競い、俗に「二長町時代」と呼ばれる盛況を見せました。

 今でも、その街並みは
どことなく往時を忍ばせる下町の明るい雰囲気があります。近隣では本年7月3日の本ブログ記事でご紹介した『千代田ルネ神田和泉町』が建設工事中です。また、三井記念病院とスーパー「ライフ」(2010年6月オープン)がそれぞれ道路を挟んで斜め向かいにあり、利便性はとても高くなっています。メイン道路である南側道路を含め、交通量はそれほど多くなく、交通音・排気ガスなどは気になりません。

 「秋葉原」駅へは徒歩8分の道のりです。本マンションの南側道路を西進して国道4号線に行き当たったところで南下するフラットでわかりやすいルートです。「秋葉原」駅ですので、同駅付近でコスプレ姿の若者を見かけるのもご愛敬です。

 本マンションは
地上37階建てのタワーマンションで、扇形のユニークな形状をしています。敷地面積は2,543.91屬箸修譴曚病腓くないのですが、周囲を植栽で囲み、公開空地も設け、かつ、外観に赤色系のタイルを効果的に使用して、大きな存在感があります。

 支持地盤は、約20万年前に堆積した東京礫層(れきそう)で、建物の基礎には杭の先端で日本最大級4.0mの大型杭を採用、ピボットバランスド・フレーム方式で扇フォルムの建物全体を強固に支え、110本の制振ダンパーを設置した制震構造を採用し、高強度コンクリートを使用しています。スラブ厚は250mmあり、二重床・二重天井のしっかりした構造です。

 総戸数260戸の大規模タワーマンションにふさわしく、
ホテルライクなフロントサービス、内廊下設計、24時間有人管理体制、各フロア24時間対応ゴミステーション完備、ルーフトップガーデン・ライブラリースペース・ゲストルーム・シアタールーム・クリーニングコーナーなど、充実した共用施設・サービスです。 

 対象住戸は、
地上37階建て建物の13階に所在する専有面積70.73屬3LDKです。バルコニーは西向きで西北角住戸、扇形形状にかからない整形の間取りとなっています。LDは12.3帖で、カウンター付のキッチンが3.2帖あり、LDと隣接して5帖の和室があります。玄関から右手に5.2帖の洋室と6.7帖の主寝室があり、左手に洗面所・浴室・トイレの水回りがあります。収納はウォークインクローゼットはありませんが、各部屋クローゼット・押入のほか、随所に物入れや小さいながらもトランクルームがあり、まずまずの収納力と言っていいでしょう。

 販売価格は6,800万円、坪単価318万円です。『住まいサーフィン』によれば、本マンションの中古想定坪単価は255万円(崔渦77万円)で、台東区アドレスと言うこともあって分譲時に割安だった平均坪単価232万円に対して9.6%の上昇となっています。対象住戸も分譲時価格より相当高い売出価格となっていますが、本マンションの中古相場が固く見積もっても約1割価格が上昇していることから、強気の価格設定ができる環境とも言えます。

 本マンションは
三方道路に囲まれた恵まれた敷地に立地しており、特に東側は石製のベンチ等も設けられ、周辺の方々のほっとできるスペースになっています。また、外部からも1階内部の共用部がくっきり見える街に開かれたマンションのイメージがあります。
 
 このように、
どの点から見ても欠点の少ないタワーマンションだと思います。平成17年分譲時は、低層階で坪単価200万円前後の住戸もあり、うらやましい限りです。賃貸に出しても、家賃設定さえ誤らなければすぐに借り手がつきそうな収益性の高さがあり、マルチに活用可能な物件と言うことができるでしょう。

本マンションを南西角から写したものです。扇形フォルムが斬新で印象的です(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



本マンション南側のメインエントランスです。植栽によりロータリーが目隠しをされています。



本マンション南側の1階ロビーです。エントランスとは対照的に外部にオープンとなって「見せる共用空間」となっています。



本マンション東側道路です。写真左手は公開空地で、ご休憩の方がおられたので撮影を遠慮しましたが、ほっとする憩いの空間です。



本マンション西側の外観です。写真左手の直線縦一列の住戸群の中低層部に対象住戸が所在します。



メインとなる本マンション南側道路です。幅広の片道1車線道路で、交通量がそれほどなく穏やかです。写真やや右手奥にスーパー「ライフ」のトレードマークの看板が見えます。




 種別:中古マンション
 名称:タワーレジデンストーキョー
 価格:6,800万円 (税込)
 所在:台東区台東1丁目
 交通:「秋葉原」駅徒歩8分
 面積:専有 70.73

詳細はこちら(ノムコムより)
タワーレジデンストーキョー

TOPへ


| 新築マンション 台東区 | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) |