<< グランドメゾン不動前(中古)−公園前立地の心地よさ・ワンランク上の品質を体感 | main | Brillia巣鴨(ブリリア巣鴨)北山手賓館−駅徒歩5分、賓館にふさわしき質感を目指す >>
本日の不動産関連ニュース−急転直下!住宅ローン減税方式の抜本見直しを表明
JUGEMテーマ:マンション

★ 21日付東京新聞によれば、政府・与党は20日、追加経済対策に盛り込んだ住宅ローン減税の延長・拡充について、これまでの減税方法を抜本的に見直す方向で検討に入りました。麻生太郎首相が減税額を過去最大の600万円規模に広げる構想を打ち上げたものの、従来の方式では中低所得者層に恩恵が行き渡らない恐れが指摘されており、年末までに新たな方式を考案します。

 この日の自民党税制調査会で、柳沢伯夫小委員長が見直しを表明しました。
減税割合の引き上げなど中低所得者への支援拡大が検討課題になりそうです。

 住宅ローン減税は、今年入居した人の場合、年末時点の借入残高のうち2,000万円以下の部分について1−6年目に1%、7−10年目は0.5%の額が所得税から差し引かれ、10年間の減税額は最大で160万円になります。

 今年末で廃止予定でしたが、景気の悪化を受けて来年以降の延長が決定しました。最大減税額を600円規模に広げ、これまで減税の対象外だった住民税からも控除できるように制度を拡充します。

 だが、減税方法については従来方式の延長線上で検討されていたため、「金持ち優遇」との批判が強まっていました。例えば、
借入残高6,000万円以下に対して1%の控除が受けられるとすれば、10年間の減税額が600万円になりますが、10年後も借入残高が6,000万円残るような高額なローンを組まなければなりません。

 与野党からは「恩恵を最大限に受けられるのは1億円ぐらいの住宅をローンで買うような人ぐらいで、ほとんど利用されない」と実効性を疑問視する声があがっていました。

 このため、柳沢小委員長は、税調の会合で
「生活者に恩恵が行き渡るよう、今までとは違うやり方を考える」と述べ、実務を担う財務省幹部に「これまでの固定観念にとらわれないように」とくぎを刺しました。

 この日の自民党税調では消費税についても議論され、将来的な消費税の引き上げについて異論は出ませんでした。

 (所感)

 話題になっている住宅ローン減税制度の抜本的な見直しが検討されるようです。従来方式の延長線上では、上記記事の通り金持ち優遇になるとの指摘がTV・新聞等でも盛んになされてきました。

 また、所得税からの住宅ローン減税に合わせた住民税からの減税方式について、住宅ローン残高2,000万円までの0.5%を控除する案が浮上していますが、私は11月16日の記事「住宅ローン減税:年収500万より800万の方がお得?」において、この方式も年収が高い方が低い方よりも従来以上に恩恵が受けられる仕組みになる可能性があると書かせていただきました。


 財政当局のマインドは、「過去最大規模の住宅ローン減税の政府・与党取決めを守りつつ、実際の支出は最小限にする」ということであり、国の財政を預かる立場としては自然な思考方法なのでしょう。これをチェックし、是正するよう指導するのが国会議員の役割であり、今回の柳沢自民党税制調査会小委員長の見直し表明は歓迎すべきだと思います。

 しかし、なかなか難しい課題です。そもそも
住宅ローン減税の目的は、住宅の新規取得を促進することで、景気の活性化につなげることにあったはずで、中低所得者の生活救済は、2兆円の定額給付金などの別の施策で行うものでありました。

 ですから、有体に言ってしまえば、
高額マンションを多額の住宅ローンを組んでばんばん買ってほしい、そのためには、そんな住宅ローンに耐えうる高額所得者を優遇してほしい、というのが不動産業界や金融機関の期待であって、低額マンションを少額の住宅ローンを組んで購入する方に傾斜配分して減税しても、業界や金融機関にとっては「死に金」になってしまうのです。

 この議論を突き進めると、
所得税減税でも常に議論の的となる「定率減税か定額減税か」の選択になる可能性もあります。定率減税は、年収や納税額に一定の率をかけて減税するもので、高所得者ほど減税額は大きくなります。一方、定額減税は、年収や納税額の多寡に関係なく定額で減税しますので、納税額が少ないほど減税の割合が必然的に高くなり、低所得者ないし中所得者の税負担が軽減されることとなります。

 現在の住宅ローン減税の仕組みは、広い意味での定率減税です。これを定額減税とすると、最も極端なケースとしては、例えば、「1,000万円以上の住宅ローンを組んだ人は皆、これから10年間、毎年60万円を所得税・住民税から控除する」とするのです。

 この場合、
1,000万円の住宅ローンを組んだ方は600万円還付されて、実質400万円の住宅ローン+金利で済みますが、6,000万円の住宅ローンを組んだ方の還付も600万円で、5,400万円の住宅ローン+金利を負担することとなります。前者の方は60%もの減税になりますが、後者の方は従来通り10%の減税です。これに加え、所得が高い方ほど減税額の割落としをかけていけば、より完璧な中低所得者向け住宅ローン減税となります。

 しかし、
おそらく考えられるのは、現在の定率減税方式の住宅ローン減税を維持しつつ、最大600万円の住宅ローン減税を実現するために、「3,000万円までの住宅ローンに対して2%減税」、「2,000万円までの住宅ローンに対して3%減税」と、現在より減税割合を上げる方法なのでしょう。また、これと併せて、年収や納税額等に応じてその率の割落としをかけていくことが考えられます。

 ただし、
この場合には、住宅ローンをいくら借りたときに減税額が最大になるのか、それが住宅を取得する中低所得者にふさわしい住宅ローン額なのか、をめぐって議論を呼びそうです。いずれにしても決着は年内であり、その結果が注目されます。

『分譲マンション・アップデート』へ


| 最新ニュース | 10:32 | comments(0) | trackbacks(30) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック
犬と触れ合うことで、病院や老人施設の患者らの心身を癒す「セラピードッグ」を広く知ってもらおうと、甲斐市のNPO法人「山梨セラピードッグクラブ」(中村幹代表)で訓練を受けた犬などの写真展が、甲府市丸の内の東横イン元麻布ギャラリーで開かれている。25日ま
犬と猫大好き | 2008/11/22 11:28 AM |
計画的にしたいですね。その前には読んでおきたい話です。
融資これがほんとの話 | 2008/11/24 6:55 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/11/26 12:13 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/11/28 10:36 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/11/28 11:33 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/11/28 12:20 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/12/03 6:49 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/12/07 1:25 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/12/07 11:05 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2008/12/08 10:48 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/02/09 8:09 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/02/11 12:56 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/02/11 5:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/02/11 10:10 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/02/13 2:46 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/04/25 2:56 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/05/11 8:40 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/05/14 9:35 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/05/21 6:52 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/05/21 10:59 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/05/22 5:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/05/22 7:19 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/06/03 2:38 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/06/19 6:32 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/06/29 9:53 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/07/04 9:33 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/07/08 1:07 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/08/09 8:36 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2009/08/14 10:20 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2010/09/15 10:35 AM |