<< ライオンズ四谷タワーゲート(中古)−四谷4丁目交差点の美しきタワー | main | パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワー(新築)−注目度大の武蔵小杉再開発の集大成 >>
マンション市場が水面下で復調に向かう?−7月のマンション月例動向
JUGEMテーマ:マンション

★ 株式会社マーキュリーは9月30日、『本年7月のマンション月例動向』を発表しました。『6月のマンション月例動向』は、東京23区の人気の高いエリアで申込率が停滞したのが特徴でしたが、7月はどうでしょうか。

 まず、
供給戸数は、次のとおりです。

1 東京23区 3,559戸  2 横浜市・川崎市 1,026戸
3 東京都下 661戸  4 千葉県 378戸
5 埼玉県 365戸  6 神奈川県下 217戸


 全体では前年同月比で2.8%の減ですが、これは、埼玉県で昨年7月は大量供給があったためで、埼玉県は前年同月比70.4%の減となっています。逆に、東京23区は前年同月比29.8%増、前月比では44.8%の増となり、大震災の影響等で販売を控えていたものが一挙に出てきた感があります。

 第二に、
初月申込率です。次のとおりです。

1 千葉県   90%  2 東京都下 82%  3 横浜市・川崎市 80%
4 神奈川県下 73%  5 東京23区 70%  6 埼玉県     65%

 
 全体では74%で、前年同月比6.7%の増と、再び好調の目安とされる70%を超えてきました。東京23区と横浜市・川崎市は前年同月比でマイナスとなりましたが、前月比では東京23区も横浜市・川崎市もプラスとなっています。両者とも前月に比べて供給戸数が増えているのに、初月申込率も上がり、復調ぶりを示しました。一方、埼玉県は前月に比べて8%減で、供給が少ないとあまり盛り上がらない、といった傾向もうかがえます。

 第三に、
平均坪単価です。次のとおりです。

1 東京23区 280.9万円  2 東京都下 207.万円
3 横浜市・川崎市 192.4万円  4 埼玉県 164.8万円
5 千葉県 164.6万円  6 神奈川県下 148.8万円


 全体では236.6万円で、前年同月比7.2%高となりました。東京23区は前年同月比では1.7%の減ですが、前月比では4.3%高となっており、5月の296.1万円には及ばないものの、価格を戻してきています。

 第四に、
平均面積です。次のとおりです。

1 埼玉県 75.85屐 。押\虱娶 75.03
3 神奈川県下 73.33屐 。粥‥豕都下 70.45
5 横浜市・川崎市 66.75屐 。供‥豕23区 64.69


 全体では67.35前年同月比では1.0%の増となりました。特に東京23区では前年同月比10.6%の増です。平均面積は長い目で見ると縮小傾向が続いているだけに、プラスの数値が出るとほっとします。

 第五に、
平均価格です。次のとおりです。

1 東京23区 5,498万円  2 東京都下 4,415万円
3 横浜市・川崎市 3,885万円  4 埼玉県 3,782万円
5 千葉県 3,735万円  6 神奈川県下 3,301万円


 全体では4,821万円で、前年同月比8.2%高となりました。平均坪単価の上がった東京都下が9.9%高、平均面積の増えた東京23区が8.8%高です。前月比でも7.6%高で、7月はマンション価格が上向きになったと言えます。

 市区別供給戸数が多かったのは、順番に、武蔵野市、世田谷区、千代田区、川崎市川崎区、新宿区と、新宿区以外は常連エリア以外の場所が顔を出しました。申込率も新宿区は63%ですが、上記の他のエリアはすべて80%以上と好調でした。新宿区も前月の申込率が33%でしたので、今月は数値が多少良くなっています。

 6月販売の主な物件は、
『クレヴィア南千住』(平均坪単価189.4万円)、『ワテラス タワーレジデンス』(平均坪単価429.5万円)、『リヴァリエ』(平均坪単価184.3万円)、『桜堤庭園テラス』(平均坪単価193.7万円)、『プラウド横濱中山』(平均坪単価182.3万円)等でした。

 7月の着工件数は37件で、前年同月41件をついに下回りました。伸びは鈍化しつつありましたが、最近のマンション市況の停滞ぶりを見て新規着工を見合わせる動きが出始めたのでしょうか。

 しかし、
7月は総じて言えば販売動向が復調した月になりました。埼玉県の昨年の大量供給の影響を受けて全体の供給戸数が減になった以外は、他の指標はすべてプラスになっています。特に、東京都下は、初月申込率が前年同月比27.2%の大幅増で、平均坪単価も前年同月比で増減率がトップになっています。大震災の影響で内陸部が人気だとの報道がありましたが、統計データとしても好調ぶりがうかがえます。

 東京23区も、東京都下に次ぐ好調ぶりです。供給戸数が増え、平均坪単価も高いのに、初月申込率が70%に乗ってきました。大震災後の停滞ぶりばかりが報道されるマンション市場ですが、客観データとしては好調ぶりが戻ってきている様子に明るさを感じます。


| 市場動向 | 20:10 | comments(0) | trackbacks(1) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック
初めまして!トTB失礼いたします。記事の内容に興味がありましたのでTBさせていただきました。新宿Axxcisのご紹介を行っております。よろしければ是非遊びに来て下さい。お待ちしております。
Club axxcis 新宿 G★SPOT | 2011/10/04 7:32 PM |