<< 住友不動産が明日総合マンションギャラリー開設!−その真のねらいとは? | main | 2011年版首都圏大規模マンション歴代ランキング発表!−来年は挑戦の年に? >>
ガーラ・プレシャス横濱関内(新築)−意外に高級な外観の兼投資用物件、工事中断が心配
JUGEMテーマ:マンション

★ 横浜市営地下鉄ブルーライン「伊勢佐木長者町」駅より徒歩3分、JR京浜東北線・根岸線「関内」駅より徒歩9分、京浜急行本線「日ノ出町」駅より徒歩12分の場所に立地するエフ・ジェー・ネクスト分譲・ナカノフドー建設施工・地上10階地下1階建・総戸数184戸の『ガーラ・プレシャス横濱関内』です。

 アドレスは横浜市中区富士見町です。富士見町は、以前の大繁華街である伊勢佐木町に隣接しています。伊勢佐木町は明治時代から店舗が集中、明治15年(1882年)に遊郭が高島町から真金町へ再々移転すると、関内から遊郭への通り道となり、伊勢佐木町通りを中心に繁華街へ発展しました。大正初期までには東京・浅草や大阪・千日前と並ぶ大繁華街となり、「ザキブラ」「イセブラ」なる言葉も生まれたそうです。

 昭和40年代以降、かつて「裏口」と呼ばれ長い間油槽所跡地の砂利置き場であった
横浜駅西口が大規模に開発されると地位は低下し、以降横浜駅周辺や同じ老舗である元町商店街、更には新興のみなとみらい21等に客を奪われています。もともとの赤線地帯でもあったため、その筋の商売もいまだに健在で、街の治安に微妙に影を落としています。

 しかし、本マンションの所在する
富士見町は、そのような雰囲気を感じさせない穏やかな街の風景があります。本マンションはちょうど富士見町交差点に位置しますが、その通り自体の交通量があまり多くないため、むしろ交差点に面する北東角地のメリットを十分生かし、存在感があります。

 一点気になるのが、本マンションがもともと
プロパストが開発しようとしたプロジェクトで、平成20年5月に工事に着手した後プロパストが倒産し、平成21年1月に1階部分で工事がストップ、それから1年10カ月後の平成22年11月に工事再開した物件であることです。工事中断の1年10カ月の間は風雨にさらされた状態だったとすれば、工事再開の際のこれに対するケアは大丈夫だったでしょうか。モデルルームで販売員の方にぜひ確認したい点です。

 本マンションから
「伊勢佐木長者町」駅までは徒歩3分、富士見町交差点から北北東の方向の道路を歩き、多少の上り坂(ほとんど気になりません)を経て、伊勢佐木町警察署前交差点を右折し、少し歩けば同駅の4A入口となります。ほぼストレスフリーな快適な道のりです。

 本マンションは
一見して高級感があるのはちょっと驚きました。エントランス外観は天然石を纏い、重厚感があります。基底部より上はホワイトをベースとし、グレーの色彩がアクセントとなって、リズミカルな印象です。外観の出来栄えとしては、なかなかのものがあります。

 南向きの住戸は、向かいの建物で眺望が遮られる住戸が多いと思われます。東向き又は西向き住戸は、一部眺望が遮られるものの、眺望が抜けるか、あるいは圧迫感を感じない住戸も多くなっています。なお、南側の道路は緑も多く穏やかでよい雰囲気です。

 設備・仕様で目立つものと言えば、
省エネエアコンが標準装備されていることで、これは賃貸・投資用に利用されることが多いことを見越してつけられているものでしょう。コンシェルジュサービスは電話による対応となります。二重床・二重天井構造は合格点、住宅瑕疵担保責任保険に入っていますので、10年間は売主の瑕疵担保責任がより確実になります。

 総戸数は184戸と多く、間取りは1LDK中心ですが、1Kから2LDKまであります。第1期は総戸数の約23%に当たる42戸の販売で、1LDK40戸、2LDK2戸、専有面積45.27屐56.53屬紡个携稜箍然2,500万円台〜3,100万円台となっています。これを単純に坪単価に換算すると、坪単価186万円〜189万円となります。

 標準相場をごくおおまかに試算すると、186万円[伊勢佐木長者町坪単価]×1.074[駅距離補正]=
坪単価200万円となりましたので、上記の計算と照らし合わせると、約6%割安との試算結果となりました。倒産の効果もあるのかもしれませんが、投資用マンションの観点からは、初期投資が比較的抑えめなのは歓迎すべきポイントと言えます。

 今は少し元気がない関内・伊勢佐木町エリアですが、
昔栄えた面影は残っており、そのような街の雰囲気が好きな方もいらっしゃることでしょう。主として横浜に勤務地があり、伝統的な横浜を楽しみたいシングル&ディンクスには格好の物件、上記の工事中断の懸念が払しょくされるのならば検討してよいマンションでしょう。

富士見町交差点から写した本マンションの中上層部です。スマートでリズミカルな印象です(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



同じ位置より下層部から上層部までを写したものです。基底部には天然石が使用されており、重厚感があります。



本マンション西面です。西向きは、隣接マンションの駐車場のために大半は日照が確保された圧迫感のない住戸となっています。



本マンションをやや南側から写したものです。



本マンションの南面の道路です。緑が多く気持ちが落ち着く明るい通りとなっています。



本マンションの正面玄関です。重厚な造りが高級感を感じさせます。




公式ホームページ ⇒ガーラ・プレシャス横濱関内

TOPへ


| 新築マンション 横浜市中区 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック