<< 消費税増税でマンション購入はどうなる?−来年の駆け込み需要は発生するか | main | 東京タワーと東京スカイツリー−クリスマスイルミネーションの持つ資産価値 >>
ルミナリータワー池袋(新築)−池袋の利便性を最も享受する割安タワー物件
JUGEMテーマ:マンション

★ JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線、東武東上線、西武池袋線「池袋」駅C9出口より徒歩4分の場所に立地する相鉄不動産&名鉄不動産分譲・長谷工コーポレーション施工・地上30階地下1階建・総戸数219戸の『ルミナリータワー池袋』です。

 アドレスは豊島区池袋2丁目です。池袋は、現在の「池袋」駅西口のホテルメトロポリタン一帯に存在していた、袋型の池が袋池(丸池)と呼ばれており、それが地名の直接の由来となったとされています。古くは武蔵国豊嶋郡池袋村といい、中世にはすでに近隣の地名(長崎・雑司ヶ谷・巣鴨・高田など)とともに確立していたと考えられます。

 明治に入り、1889年の町村制施行で、
巣鴨村の大字となりましたが、池袋の地は古くは栄えているとは言いがたい農村地帯でした。ここが栄えるきっかけとなったのは、鉄道の開業です。特に、東京市電(1943年に東京都電となる)が1939年に「池袋」駅前に乗り入れ、この頃から交通の結節点として、賑わいを見せるようになります。

 今や、
池袋は、新宿、渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つで、「池袋」駅を中心に巨大な百貨店や専門店、飲食店などが局在しています。「池袋」駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)で、「池袋」駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街があります。

 本マンションは、
「池袋」駅西口側に立地します。同駅西口には、売り場面積都内最大の東武百貨店、ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場、池袋西口公園等があります。

 本マンションは、そんな
繁華街の一角に立地します。「池袋」駅入口までは徒歩4分、本マンション正面玄関から劇場通りを南下し、西口五差路の交差点にあるC9出口を利用します。もっとも、この出入口からJR「池袋」駅ホームまでは距離がありますが、来年度には東急東横線への乗り入れが予定されている副都心線ホームまでは近い場所です。

 辺りは繁華街であるだけに、例えば
子育て環境に良いかというと、必ずしもそうとは言えません。本マンションの裏通りにはラブホテル等が点在し、私が現地を訪れたときも、夜の街系の方々をお見かけしました。一方、日常のお買い物等は極めて利便性が高いです。同駅からの帰宅時には東武百貨店のデパ地下や専門店街を利用できますし、単身の場合には、飲食店街も充実、さらに本マンションの1階にはコンビニエンスストアが入ることが予定されています。

 加えて、本マンションの「池袋」駅徒歩4分の立地は、
現在分譲されている同駅を最寄りとするマンションの中では最も駅に近くなっていますし、近年次々とオープンしたEchika、Esola、ルミネなどお洒落度もアップしています。

 敷地面積は1,651.57屬函
タワーマンションにしては小さめですが、翼をモチーフとした斬新なフォルムは人目を引きます。地上30階建ての建物は、低層階・中層階は、近接する建物に眺望を阻まれますが、それを超えれば都心の眺望やきらびやかな夜景を手中にできます。

 間取りは、
タワーの形状から整形とならない居室が出てきます。一方、内廊下設計で、共用施設は充実しています。ただし、共用施設やソフトサービスが多彩な分、月々の管理費は高めになっています。建物は免震、制震ではなく、耐震構造です。二重床・二重天井、四重のセキュリティなど、タワーマンションとしての造り、体制はしっかりしています。

 第1期販売11月に行われ、総戸数219戸の約34%に当たる75戸が販売に出されました。間取り1LDK〜3LDK・専有面積40.30屐75.34屬紡个携稜箍然覆2,798万円〜7,578万円、坪単価換算で229万円〜332万円、平均坪単価は200万後半とされています。標準相場をごくおおまかに試算すると、280万円[池袋坪単価]×1.058[駅距離補正]=坪単価296万円となりましたので、標準相場より割安な価格設定と言えそうです。

 第1期販売の結果は
75戸中12戸が先着順販売に回り、他に要望のあった住戸等を中心に小刻みな販売を行って、現在第1期7次の販売となっています。なお、先着順販売の12戸は減っておらず、価格的には割安ながら、以外にも販売の進捗にはドライブがかかった状態とは必ずしもなっていません。

 利便性の裏腹にある周辺環境がなかなか購入の決断に踏み切れない理由でしょうか。一方、1LDKの購入者は女性が中心のようで、案外女性の方が本物件のメリット・デメリットを冷静に判断してさっと買っているのかもしれません。見方によってはお宝物件とも思える本マンション、竣工の平成25年2月まではまだ1年以上あり、今後はじっくりと販売していくものと思われます。

本マンションの工事現場を西側の劇場通りから写したものです。背後の東側には東横インなどがあります(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



同じく本マンションの工事現場を劇場通りから写したものです。周りを囲む工事の壁には本マンションの大きな宣伝広告が描かれています。



本マンションの西側を走る劇場通りです。片道2車線で交通量は結構あります。



本マンションの南側の通りです。ホテルやマッサージ店の看板などが通りに出ています。



本マンションの東側の通りです。南側の通りよりは住宅系の建物が多くなっています。




公式ホームページ ⇒ルミナリータワー池袋

TOPへ


| 新築マンション 豊島区 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック