<< グランスイート文京本駒込(中古)−文京区立地で価格・CPにも十分な利点 | main | ザ湾岸タワー レックスガーデン(新築)−コスパに優れた湾岸・内廊下・免震タワー >>
20歳代で代官山にマンションを購入?−年収300万で都心マンションを買う方法
JUGEMテーマ:マンション

★ 先週土曜日、私は仕事に、妻は自宅に、上の娘は友人とテニス用品を見に渋谷へ、そして下の娘も友人とショッピングで代官山へ、それぞれが思い思いの休日を過ごしました。下の娘は最近、さまざまなショップがある代官山がお気に入りで、昨年末から連続して代官山にお出かけをしています。

 私が職場から帰ってくると、二人の娘も外出から帰ってきていて、夕食の準備をしていました。下の娘は、私の顔を見るなり、こう言いました。


「決めた!私、大きくなったら代官山に家を買う!」

「ええっ!」

 いきなりの大胆な発言に私は驚きました。小さい頃、私が家族をモデルルームに連れ回しすぎたせいか、下の娘は小学校1年生にして

「私は、『キャピタルマークタワー』がいい!だって、免震で価格も安いんでしょ」

と言って、モデルルームの販売員の方を喜ばせたのですが、彼女が今度は中学2年生にして一等地・代官山に住む決意を固めたようでした。

「まあ、それはパパにとっても夢だね」

と私は言おうとして、やめました。まてよ、私には無理でも、彼女くらい若ければ可能かもしれない、と思ったからです。

 最近読んだ書籍に、
表参道不動産社長の加瀬恵子氏が書いた『年収300万でも表参道に家を買う』という本があります。そこで紹介されているのが国内総生産(GDP)における「帰属家賃」の考え方です。

 これは、
自分が所有する家に住む場合、家賃の受け渡しはないのに、自分の資産(自己所有の家)から受けるサービスがあるということで、家賃を支払っているとみなす、という考え方です。つまり、家を借りている人の賃料は貸主に分配されますが、購入している人は自分に分配している、ということです。そして、加瀬社長は、「この考え方は、自己資本を増やすという点でとても優れている」と言います。つまり、自分に分配することは、資本を増やすために欠かせない条件だ、というのです。

 確かに、私も今、
マンションのローンを月10万円超払い続けています。時にはこの額も重く感じますが、それも要はオーナーである私に私が賃料を払っている、と考えれば、私はその家賃によって、借りている住宅ローンを償却して、徐々に自分の資本を増やしていることになるわけです。

 私はそれまで、家族とともに社宅に入っていましたし、特にマンション入居の直前は
UR賃貸住宅を月12万円程度で借りていました。賃料の安い社宅のときはともかく、月12万円の家賃はオーナーであるURに支払っただけで、後には何も残っていません。これが自分でマンションを所有し、自分に家賃を払っている場合と根本的に異なる点で、単に賃料と住宅ローンの額の比較で済む話ではないわけです。

 こうなると、「家を持つ」ということは、その人の人生の集大成として成し遂げることではなく、むしろ
できるだけ早く自分の家を持った方が、自己資本の増殖が若いうちからできることとなります。

 下の娘にしても、いきなり代官山は無理そうですが、現在売り出し中のマンションで言えば、例えば、
『クレヴィア南麻布』(「白金高輪」駅徒歩5分)は、専有面積25.36屬僚燦佑2,190万円からありました。頭金約10%は親が出すとして、2,000万円程度の住宅ローンを年利1.5%、35年支払いで組めば、毎月の返済額は6.2万円、管理費と修繕積立金を入れても、毎月7.5万円で済み、20歳代の給料(年収300万円)でも払える額になります。

 その後
給与が増えれば、繰り上げ償還もできますし、早ければ30歳代ですべて払い終えてしまうかもしれません。その後はローンのない状態で自分で住み続けてもいいですし、結婚したのであれば他人に貸してまるまる家賃が入ってきます。あるいは、手元にキャッシュを置きたいのであれば、売却してもよいのです。『クレヴィア南麻布』は「白金高輪」駅徒歩5分の立地ですから、貸しても売っても十分なレベルのキャッシュが戻ってくる可能性が大きいと考えます。

 こうやって、その
毎月入ってくるお金や、ローンを支払わずに済んだお金(加瀬社長は、住宅ローンが終わっても家賃を自分に払い続けることを勧めています)を活用すれば、彼女の目標である「代官山に住む」ことを実現するのはそれほど難しいことではありません。

 これは、若いうちに、月7万円の家賃を払って、分譲マンションより設備の劣る賃貸住宅に入った場合とは大きな差が出てきます。もちろん、借入を行う分、賃貸住宅の場合と比べてリスクは大きくなるのですが、そこは立地の良い物件を慎重に選択することで軽減されるものと考えます。

 何よりも、
若さというのはリスクが大きくとれるときで、いくらでもやり直しがききますし、その頃であれば、私たち親もまだいろいろと支援できる余地があります。

 上記のとおり、娘が
「代官山に家を買う!」と言ったとき、私は「パパにとっても夢だね」と言いそうになりましたが、本来言うべきだったのは、

「パパにとっては夢だけど、君なら実現できる目標だね。今の気持ちを忘れずにね」

という言葉だったのだと思います。

『分譲マンション・アップデート』へ


| 本の紹介 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック