<< 子どものためにどこに住むのが正解?−最新の23区の小・中学校事情 | main | 首都直下地震4年内70%!−マンション市場に与える影響は? >>
ファミールグランスイートTHE赤坂(中古)−「赤坂」駅徒歩1分の理想的な住環境
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ千代田線「赤坂」駅より徒歩1分・同南北線「溜池山王」駅より徒歩7分の場所に立地する平成15年築・丸紅旧分譲・川田工業施工・地上8階地下1階建・総戸数93戸の『ファミールグランスイートTHE赤坂』です。

 アドレスは港区赤坂6丁目です。赤坂は、1567年に人継村(ひとつぎむら)が開拓され、江戸時代に現在の元赤坂付近に町屋、武家屋敷が造られたのを皮切りに次第に市街化してゆきました。

 明治時代に入り、1878年の郡区町村編制法により、この地区は東京15区のひとつ、
赤坂区の一部となりました。かつて、多くの大名屋敷や旗本屋敷が存在した高台の地域は官吏や軍人、ブルジョワ家庭からなる都心部有数の邸宅街へと発展し、それらの地域以外は庶民の住宅街、個人商店、高級料亭、旅館などが密生していきました。

 本マンションから
「赤坂」駅まではわずか徒歩1分の道のりです。同駅6番出口を出て南東方向に歩けば突き当たりが本マンションのエントランス側になります。位置的には、国際新赤坂ビル西館の南西側となり、同ビルに沿って街路樹がきれいに整備されているため、緑の多い気持ちの良い街路空間になっています。

 また、本マンションの
エントランス前の道は、国際新赤坂ビルの裏手の通りとなるため、車通りも少なく、都心の街にありがちな喧騒もありません。「赤坂」駅界隈の環境としては、最も恵まれた場所の一つといっていいでしょう。

 本マンションの
付加価値としては、これだけではありません。エントランスを入ったパブリックスペースは、第一ホテル東京・ホテルオークラ東京ベイ・横浜グランドインターコンチネンタルなど世界各国のホテルなどの設計で評価の高い米国「デュラン・メディアファイブ」社のデザイナーであるマイケル・J・ラインウェーバー氏により、ホテルライクなホスピタリティ溢れる空間に仕上がっています。

 もちろん、高級分譲マンションとして、
フロントサービスも充実しています。クリーニング取次・宅配の発想サービス・ルームクリーニングサービス・花の宅配サービス・粗大ごみ回収取次サービス・Kレンタカーサービスなど、取扱項目が多彩です。

 面積1,323.43屬良瀉呂鷲埓扱ですが、そのためか面積以上の広さを感じます。棹上に突き出た南東側には氷川公園が、また、同じく不整形の南西側には整備された歩道があり、敷地を上手に活用して、景観を楽しめる配棟となっています。

 建物内部は
プライバシーを保てるホテルライクな内廊下方式、採用されている設備・仕様も高級感があるものです。総戸数93戸の間取りは1R〜2LDK、専有面積は21屐84.55分譲時の価格帯は2,410万円〜10,240万円で、平均坪単価は395万円でした。

 今回の対象住戸は地上8階建て建物の
3階に所在する専有面積55.28屬1Rです。南東・北東角部屋で、上に述べた棹状の突端にあり、日照良好、そして、バルコニーに出ると、道路を隔てて目の高さに氷川公園の緑を楽しむことができます。接する道路は車がおよそ通りそうにない細い道で、閑静な環境です。

 専有面積55.28屬離錺鵐襦璽とは贅沢な環境ですが、洋室の広さは23.7帖もあります。玄関から入ると左手にカウンター、右手に洗面所・浴室・トイレの水回りがあり、浴室が(表示が誤りでなければ)1620サイズであるのも驚きです。なお、トイレは、洗面所を通って行くことになります。

 キッチンはカウンター付きとなります。収納は少なめなのが気になりますが、洋室がそもそも広いので、お好きな家具(例えば壁面収納)を壁際に備え、インテリアでもセンスを出すようにしたらよいでしょう。柱の出っ張りはありますが、気になる場所ではありません。

 販売価格は5,300万円、坪単価316万円です。『住まいサーフィン』によれば、本マンションの3階住戸の過去の販売事例は、2010年11月に北東向きで坪単価323万円のケースがあり、また、南東向きでは昨年5月に最上階住戸で373万円のケースがあります。これらから類推すると、本住戸の価格設定は割安と言えそうです。

 それでは、
本住戸を投資用に使用できるかどうかですが、『HOME'S アーカイブ』によれば、本マンション3階南向き住戸の賃料坪単価が平均で16,782円となっており、これにしたがえば、対象住戸は月281,000円の賃料が取れることになります。この場合、表面利回りは6.36%と、都心物件としては悪くありませんが、築9年の物件として格別高い利回りにはなりませんでした。

 なお、管理費24,200円+修繕積立金6,050円で、毎月30,250円の経費がかかります。特に、管理費は崚たり438円と、サービスが充実しているせいか、かなり高くなっていることに留意が必要です。

 それにしても、
「赤坂」駅徒歩1分にしてこのように静かで緑が多く、日照も良好なマンションがあったとは驚くばかりです。住戸内の間取りも余裕があり、外国人ビジネスマンが居住してもよいように設計されているのかもしれません。都心超一流の立地と理想的な居住環境を併せ持つマンションとして、今後とも資産価値が保たれていくことでしょう。

本マンションのエントランスです。明るく、瀟洒な造りです(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



エントランス側の向き(北西側)の本マンションを写したものです。バルコニー部の半透明ガラスがアクセントになっています。



本マンションエントランス側の通りです。街路樹の緑が多く、車通りの少ない落ち着いた環境です。



本マンションの北東側の細い通りです。写真右側が本マンションです。



対象住戸のある南東・北東角です。タイル貼りの外壁が高級感を醸し出しています。北東側の窓はブロックガラスです。



対象住戸のバルコニーから見える氷川公園です。実際には公園を程良く見渡せる高さにあります。




 種別:中古マンション
 名称:ファミールグランスイートTHE赤坂
 価格:5,300万円 (税込)
 所在:港区赤坂6丁目
 交通:「赤坂」駅徒歩1分
 面積:専有 55.28

詳細はこちら(ノムコムより)
ファミールグランスイートTHE赤坂

TOPへ


| 中古マンション 港区 | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック