<< 首都直下地震4年内70%!−マンション市場に与える影響は? | main | マンションの買い時指数上昇!−どこまで価格下落を見極めるべきか >>
レーベンリヴァーレ北千住プライムアート(新築)−北千住の利便性と将来性を享受
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ日比谷線・東京メトロ千代田線・つくばエクスプレス・JR常磐線・東武伊勢崎線・半蔵門線(乗り入れ)「北千住」駅より徒歩10分の場所に立地するタカラレーベン分譲・イチケン施工・地上15階建・総戸数71戸の『レーベンリヴァーレ北千住プライムアート』です。

 アドレスは足立区千住寿町です。千住は、江戸時代頃から日光街道の宿場町として栄えてきました。江戸から一つ目の宿場であり、江戸四宿のひとつとしても数えられています。現在では、東京の代表的な下町として有名です。
 
 大手スーパー「イトーヨーカドー」の1号店は千住店です。近年、「北千住」駅西口で再開発が進み、マルイ、東京芸術センター、東京藝術大学千住キャンパスなどが建設されました。さらに、足立区による誘致活動によって複数の大学(東京未来大学、帝京科学大学、東京電機大学)がキャンパスを開設することが決定しており、学都としての色彩も強めつつあります。

 5路線利用のターミナル駅である「北千住」駅から本マンションまでは徒歩10分の道のりです。マルイルミネがある華やかな同駅西口から「きたろーど」を歩き、北千住駅入口交差点を右折して二つ目の信号の手前に本マンションは位置します。道のりはフラットで、しかも「きたろーど」は長いアーケード街ですので、雨の日でも通勤通学路の半分弱の道のりは濡れずにすみます。実際に歩いてみた印象としては、徒歩10分という距離感を感じさせないものでした。

 本物件は
デザイナーズを意識した意匠のマンションで、エントランスのある東側を日光街道が通り、住戸の窓を開ければ交通音・排気ガスの影響がありそうです。ただし、本マンションは日光街道側の窓にT-3サッシを使用しており、防音対策が施されているため、窓を閉めれば静かだとの入居者の声があります。

 暮らしに必要な施設としては、
千住四丁目交番が徒歩2分、足立区中央図書館が徒歩3分、千住双葉小学校が徒歩3分の近さです。特に、中央図書館が近いのは重宝しそうです。日常のお買いものは、日光街道沿いにはあまり店舗がないものの、駅前のマルイ、ルミネ、そして上述の「きたろーど」、ザ・プライス千住店や、北千住宿場町商店街、本町センター商店街など、大型店舗から個性的な商店まで、あらゆるお店が多種多様に揃います。
 
 面積725.72屬良瀉呂肪肋15階建てのマンションで、
東向きは向かいに日光街道沿いの建物があって高層階以外は眺望がさえぎられますが、高層階では東京スカイツリーを望むことができます。西側は一般の戸建てが広がるエリアで、荒川河川敷をはじめとした開放感あふれる眺めを楽しむことができます。毎年夏に行われる(昨年は震災の影響で秋に開催された模様です)荒川河川敷の花火大会がすぐ近くで、西向き住戸であれば迫力ある花火を自宅から楽しむことができます。

 構造では
既成杭を40本、地下約54〜56mまで埋設していますが、支持層まではかなりの深さです。5月29日の本ブログ『東京23区で一番危険な街はどこ?一番安心なマンションはどれ?』でご紹介したとおり、東京都の調査では、千住寿町は建物倒壊危険度が23区内でワースト6位を記録しています。しかし、逆にいえば、このような深い杭を打つことによって、本マンションは耐震対策をしっかり行っているということもできるでしょう。

 そのほか構造面では
二重床・二重天井を確保、設備では分譲マンションとして標準的なものを装備しています。食器洗い乾燥機がついているのはプラスのポイントです。このほか、タカラレーベン独自の設備として、「たからの水」「トルネードジェット」「マイクロバブル」などの水系の付加価値が付いています。複層ガラスを採用していないのは少し残念です。

 セキュリティはセコムと管理員による24時間管理体制で、オートロックは2か所で来訪者を確認できるようになっています。

 本マンションは、
間取り1LDK〜2LDK、専有面積51.83屐67.03のコンパクトマンションで、シングル・ディンクス・3人家族等がターゲット、販売価格は2,980万円〜4,368万円で、坪単価にして190万円〜215万円、平均坪単価は205万円です。

 標準相場をごくおおまかに試算すると、185万円[北千住坪単価]×0.975[駅距離補正]=坪単価180万円となりましたので、やや高めの印象です。なお、管理費は崚たり195円で、こちらも標準より少し高めとなっています。既に昨年秋に入居開始で、現在最終の販売に入っていますので、住戸を実際に検分しながら検討することができます。

 本マンションの
最大のセールスポイントは、「北千住」駅徒歩10分の利便性です。同駅西口から北西方向にかけてスクエアに広がる商店街のほぼすべてを、本マンションから同駅までの道のりで楽しむことができますし、「北千住」駅は言うまでもなく利便性の高いターミナル駅です。

 北千住近辺は、最近では、
再開発の進捗に合わせて23区内で唯一地価が上昇しており、将来性も十分です。学園都市としても将来が楽しみなこの地で、利便性に優れた生活を享受できるマンションと言うことができるでしょう。

「北千住」駅から歩いて10分、日光街道沿いに本マンションが所在します。写真の白い建物が本マンションです(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



本マンション南側の細い道です。この先は、千住寿町の一般住宅街になります。



本マンションを南東角から見上げたものです。既に多くの方が入居されています。



本マンションのエントランス付近の外観です。天然石を使用して高級感があります。



本マンションのエントランスです。正面に管理人の座るコーナーがあり、部外者の侵入をけん制する効果があります。



本マンションが接する日光街道です。幹線道路としての交通量があります。本マンションの先は上り坂となり、荒川を越えていきます。




公式ホームページ ⇒レーベンリヴァーレ北千住プライムアート
 
TOPへ


| 新築マンション 足立区 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック