<< マンションの電力料金値上げは困る?−各マンションで始まった新たな取組み | main | 最近、中古マンションが新築マンションより高い理由 >>
ブリリア元住吉(中古)−穏やかで良好な元住吉の住宅街の小品
JUGEMテーマ:マンション

★ 東急東横線「元住吉」駅より徒歩13分の場所に立地する平成19年築・東京建物旧分譲・鴻池組施工・地上4階建・総戸数73戸の『ブリリア元住吉』です。

 アドレスは川崎市中原区井田杉山町です。井田杉山町は、中原区の南西部に位置し、一帯は井田へと続く、矢上川沿いの低地となっています。昭和30年代から宅地開発が進み、1985年(昭和60年)頃までは水田も残っていましたが、平成に入ってからそれも宅地へと転じ、わずかに野菜畑を残す程度となっています。

 井田は、「井」が灌漑施設を意味するとも、古代中国の井田制のような区割りをされた条里制にちなむものとも考えられていますが、いずれにしても、平安末期にはすでに「井田」の名が見られます。二ヶ領用水の分流である井田堀が当地を潤しており、戦前までは水田を中心とした農地が広がっていました。杉山の地名は、当地にかつて杉山神社があったことによりますが、明治42年、杉山神社は、井田中ノ町にある井田神社へと合祀されています。

 本マンションは、
「元住吉」駅から歩くこと徒歩13分、距離がありますが、同駅からはにぎわう商店街で有名なブレーメン通りを通ることも可能なため、飽きの来ない通勤・通学路と言えます。ブレーメン通りからは井田中ノ町交差点を右折して北上すると、しばらくして左手に本マンションが所在します。

 駅からの距離は遠いものの、本マンションの
東向かいには臨港バスのバス停があり、元住吉や「新川崎」駅にバスで行くことができます。ただし、本数は平日通勤時でも1時間に3〜4本と多くはありません。

 本マンションは、
ブライトサイドとグリーンサイドの2棟構成で、2棟の規模・階数はほぼ同じです。南側にブライトサイド、北側にグリーンサイドが配置され、その間は、公道が通っています。グリーンサイドの北側には井田杉山町公園があり、私が現地を訪れた日曜日には、多くの子どもたちが遊んでいてにぎやかでした。

 それぞれの
棟は、四方道路に囲まれて、かつ、東側のメインの道路(したがって、各棟のメインエントランスも東側にあります)及びグリーンサイドの井田杉山町公園と接する北側道路以外は車通りも少なく、静かさが保たれています。私も現地を歩いてみて、思った以上に穏やかで明るい風景に好印象を持ちました。

 なお、私が現地を訪れたときは、
欧米系の背のすらっとしたパパとお子さんが本マンションの周りで遊んでいました。こういう川崎市の良好な住宅地の中まで住んでいる欧米人がいるのだなあ、と少し感動を覚えました。小学校の校区は、学童数の多い下小田中小学校、中学校は近くにある井田中学校となります。

 対象住戸は、
地上4階建て建物の1階に所在する専有面積75.2屬3LDKです。南向きテラスで、ブライトサイドとの距離は公道をはさんでやや間隔があるので、日照は良好のようです。かつ、公道といっても、同じマンションにはさまれているため、人通りも少なく、1階でもプライバシーの心配がそれほどないと考えられます。また、1階住戸の長所としての専用庭も付設されています。

 間取りは配棟上、
田の字型住戸となっています。LDKは横長リビング形状の15.9帖、オープンカウンター付キッチンです。洋室は6帖が2室、5帖が1室で、主寝室と5帖部屋は共用廊下側となります。玄関はポーチ付きで、水回りは浴室が1418の標準サイズ、収納は2つのウォークインクローゼットと0.9帖の納戸でゆとりのサイズになっています。

 販売価格は4,380万円、坪単価193万円です。『HOME'S不動産アーカイブ』によれば、ブライトサイドではありますが、本マンション1階住戸が平成22年に坪単価180万円、また現在、2階住戸が坪単価189万円で売りに出されています。これらの価格比較と併せて、例えばブライトサイドとグリーンサイドの相違、部屋の状態、間取り等、専用庭の設置等を総合的に判断することとなるでしょう。

 元住吉の西部に当たるこの辺りでは、平成15年から平成19年にかけて、いくつかのパークハウスシリーズや大規模マンションの『オーベル元住吉プレクシード』、そして高級志向の『グランフォート元住吉』など、マンションパビリオンが次々と誕生し、にぎわったことがありました。本マンションは、その中でも最後の分譲物件となり、本エリアのピークからやや遅れて登場し、かつ、駅距離もあったため、近隣に住む私も当時、マークから外した物件でした。

 しかし、今回、現地を初めて訪れてみて、1棟1棟は小ぶりなものの、
穏やかな四方道路に囲まれ、きれいに管理された住みやすそうな本マンションに好印象を持ちました。ブレーメン通りのおかげでお店のチョイスには事欠かず、北側にはエリアの方が多く利用するコープかながわも近くにあります。築5年未満でありながら坪単価は200万円を切っており、十分検討に値する物件だと思います。

本マンショングリーンサイドを南東角から写したものです。ベージュ色の瀟洒な建物で、公道に接する1階は植栽でプライバシーを確保しています(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



本マンション東側のメインとなる道路です。写真右手に新川崎駅入口・元住吉行の臨港バスの停留所があります。写真左奥が本マンショングリーンサイドです。



本マンショングリーンサイドの正面玄関です。日曜日だったので、遊びに行く子供達が正面玄関から勢いよく飛び出して行きました。同世代のファミリーが多そうで、コミュニケーションも取りやすいと思われます。正面玄関の右隣に見えるのが井田杉山町公園です。



本マンションブライトサイドとグリーンサイドの間の公道です。人通りも車通りも少なく、静かさを確保しています。写真撮影は4月上旬の午後3時ごろでしたが、ご覧の通り日当たり良好です。




 種別:中古マンション
 名称:ブリリア元住吉
 価格:4,380万円 (税込)
 所在:川崎市中原区井田杉山町
 交通:「元住吉」駅徒歩13分
 面積:専有 75.2

詳細はこちら(ノムコムより)
ブリリア元住吉

TOPへ


| 中古マンション 川崎市中原区 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック