<< 南海トラフ巨大地震の死者は32万人!−23区で被害の大きい区はどこ? | main | 住宅ローン減税期間15年、最大1,000万円!−最強の住宅ローン減税登場? >>
ザ・パームス日本橋リバーサイドタワー(中古)−江戸を今に伝える懐かしき立地
JUGEMテーマ:マンション

★ 都営新宿線「馬喰横山」駅より徒歩3分、JR総武本線「馬喰町」駅より徒歩3分、JR総武線「浅草橋」駅より徒歩5分、都営浅草線「東日本橋」駅より徒歩3分の場所に立地する平成10年築・東誠不動産旧分譲・熊谷組施工・地上15階建・総戸数53戸の『ザ・パームス日本橋リバーサイドタワー』です。

 アドレスは中央区東日本橋2丁目です。東日本橋は、清洲通りを挟み西側は問屋街、東側は主にオフィスや住宅が立ち並ぶ地域で、日本橋地域内でも上位の人口となっています。古今交通の要所として栄え、江戸の街の歓楽街で、歴史的名所も数多く残っています。

 1971年(昭和46年)4月の住居表示の実施により、
日本橋村松町、日本橋若松町、日本橋矢ノ倉町、日本橋薬研堀町、日本橋米沢町、日本橋両国、日本橋橘町の7町がひとつになり東日本橋が成立しました。明治時代までは薬研堀があり、その大川口には元柳橋が架けられていました。古典落語などに度々登場する伝統的な区域でもあります。近代以前の「両国」は隅田川西岸のこの地域を指していました。

 そして、
本マンションの立地する東日本橋2丁目は、まさに江戸時代の両国エリアでした。神田川から隅田川に入る河口付近でもあり、今でも舟宿小松屋や井筒屋が屋形船を営業しています。本物件は、そんな情緒をほのと感じさせるリバーサイドを北側にしてそびえ立つマンションです。

 マンション名には
「タワー」と入っていますが、地上15階建てですので、現在定着しているタワー概念(地上20階建以上)には当てはまりませんが、タワーが林立する前の平成10年当時は15階建てでも十分高い建物だったのでしょう。設計がスペーステックだったから、というわけではないでしょうが、本マンションを正面南西側から見上げると、きれいなロケット型をしています。

 最寄駅である
「馬喰横山」駅、「馬喰町」駅、「東日本橋」駅については、この3駅が地下道でつながれており、都営線やJR線が利用できて便利です。本マンションへは浅草橋交差点から両国橋西交差点に向かって歩き、同交差点手前を斜め後ろに少しバックする場所にあります。道のりはフラットで、本マンションのお隣は個人経営のこだわりのサイクルウェアショップになっています。

 面積577.67屬瞭酲摸礁牝始の敷地に建てられた本マンションは、一歩奥まった場所の立地ではありますが、現在のところ靖国通りと本マンションの間を遮る建物がないため、交通音や排気ガスの影響があるものと思われます。ただし、従来ガソリンスタンドだった目の前の敷地に地上11階建てのマンションが建設中であり、これにより靖国通りの騒音は遮断されそうですが、眺望は奪われることとなります。

 対象住戸は、
地上15階建て建物の10階に所在する専有面積69.74屬2LDKです。ルーフバルコニー付きの南西・南東角住戸で、ルーフバルコニー+バルコニーで約28.07屬發旅さがあります。現在のところは、日照・通風は良好と思われます。

 開口部の多い
LDKは16.1帖で、キッチンは壁向きですが、LDとの間にカウンターが今回新規に取り付けられました。南東向きに7.7帖の洋室、共用廊下側に5帖の洋室があり、7.7帖の洋室にはウォークインクローゼットがあります。廊下スペースが長いのがやや難点です。

 さて、この住戸は、野村不動産アーバンネットによる
リノベーションマンション「RE.NO.BE(リノベ)」となっています。本年2月に完了したリノベーションの内容としては、フローリング・クロス交換、システムキッチン交換、キッチンカウンター新規設置、ユニットバス交換、洗面化粧台交換、給湯機交換などが行われています。

 販売価格は4,580万円、坪単価217万円です。『住まいサーフィン』によれば、本マンションの中古想定坪単価は185万円(崔渦56万円)で、分譲時平均坪単価269万円より31.2%の下落となっています。築14年が経過していますので、下落幅としては標準的ということができるでしょう。

 なお、住まいサーフィンによれば、
対象住戸の分譲時価格は5,890万円で、2011年4月には想定取引価格として4,370万円となっていましたので、おそらくその近辺の価格で取引され、リノベーションを施した上で、その価格を上乗せして売りに出されているものと思われます。

 現在の浅草橋は、
靖国通り・江戸通り・清杉通りがクロスし、交通の要所となっていますが、一般のお客も洋服が買える繊維問屋街や個性的なお店が点在するなど、よく見ると昔からの商人文化を感じさせる場所です。対象住戸からは隅田川を眼下にとらえることができ、江戸の名残を今に伝える懐かしき立地と言えそうです。

本マンションを南西側正面から写したものです。きれいなロケット型をしています(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



本マンション南西側正面が接する両国郵便局通りです。靖国通りから一歩奥まっていますが、本マンション付近は遮るものが今はなく、靖国通りの交通音が聞こえます。



本マンション南西側にあるメインエントランスです。大理石が貼られて高級感があります。写真右手はお隣のサイクルウェアショップです。



神田川に面した本マンション北東側です。対象住戸ではありませんが、こちらの向きからは神田川と隅田川を同時に望むことができます。



本マンション北側の神田川向こう岸にある舟宿「井筒屋」です。屋形舟が何艘も舫われていて風情があります。



本マンション北東側道路です。車の往来は少なく静かです。写真右手が本マンション、写真奥に舟宿「小松屋」が見えています。




 種別:中古マンション
 名称:ザ・パームス日本橋リバーサイドタワー
 価格:4,580万円 (税込)
 所在:中央区東日本橋2丁目
 交通:「馬喰横山」駅徒歩3分
 面積:専有 69.74

詳細はこちら(ノムコムより)
ザ・パームス日本橋リバーサイドタワー

TOPへ


| 中古マンション 中央区 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック