<< 成約件数は減少するも在庫数の増加率は着実に縮小!−再びマンション市場活況の期待 | main | 「目黒」駅前に2棟のタワーマンション出現!−街並み一変の注目の大規模再開発 >>
パークタワー上野池之端(中古)−不忍池を借景とする特等席ハイグレードタワー
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ千代田線「根津」駅より徒歩7分、同線「湯島」駅より徒歩7分、JR山手線「上野」駅より徒歩13分の場所に立地する平成22年築・三井不動産レジデンシャル旧分譲・清水建設施工・地上30階地下2階建・総戸数175戸の『パークタワー上野池之端』です。

 アドレスは台東区池之端2丁目です。池之端は台東区の西部にあり、文字通り不忍池の端となります。池之端2丁目は、昭和42年の住居表示実施時に上野恩賜公園、茅町二丁目、池之端七軒町を合わせてできたものです。なお、池之端1丁目には、都立旧岩崎邸庭園があり、本マンションの2件南には横山大観記念館、さらに南にいくと東天紅上野本店があるなど、この地域の歴史と古くからのにぎわいを感じさせる施設や店舗が存在します。

 縄文時代にはこの地は東京湾の入江で、海岸線の後退とともに取り残されて紀元数世紀頃に池になったと言われています。1625年、江戸幕府は、西の比叡山延暦寺に対応させ、この地に寛永寺を建立、開祖である慈眼大師・天海は、不忍池を琵琶湖に見立て、竹生島になぞらえ弁天島(中之島)を築かせ、そこに弁天堂を作ったのだそうです。

 不忍池は今も、
散策やボート遊びなど多くの人でにぎわっています。特に不忍池の水面をびっしり覆う蓮は一見の価値があり、蓮の花が咲く時期には観光名所ともなっています。私も約30年前にこの地で数回デートしたことがあり、当時を思い出して懐かしさとほろ苦さを感じました。

 本マンションは、
不忍通りをはさんで不忍池の全景を見渡せる特等席にあります。「根津」駅や「湯島」駅へは徒歩7分で、フラットな不忍通りを北(「根津」駅)あるいは南(「湯島」駅)に進むだけのシンプルな道のりになります。「上野」駅には徒歩13分とやや距離がありますが、こちらも不忍池に沿って不忍通りを南下し、「京成上野」駅を経由して「上野」駅しのばず口に至るのがもっとも近いようです。

 気になるのは、
不忍通りの不忍池側の歩道にはホームレスが複数生活していることです。平成18年頃にいったん一掃されたはずなのですが、再び集まってきている模様です。もっとも私が現地を訪れたのは日曜日でしたので、平日の様子とはまた別かもしれません。また、不忍池側の歩道を歩かなければ、ホームレスと出会うこともないでしょう。

 本マンションは
ソフィテル東京の跡地に建つもので、「特等席」にあることはホテル立地であることからもうなずけます。ちなみに、ソフィテル東京の解体は日本で最初に解体された高さ100m以上の超高層ビルということです。

 本マンションは、
ハイグレードなタワーマンションでありながら、土地柄にあった日本の様式美も大切にしており、メインエントランスは控え目ながら上質さを感じさせる佇まいで、二層吹き抜けの1階ロビー部分は植栽できれいに目隠しがされています。

 本マンションの裏手である
西側に回ると、足利9代将軍が創建したと伝えられる境稲荷神社がこぢんまりとあり、その向かいとなる本マンション敷地は、公開空地となっており、通行人がこの空地を斜め横断していきます。また、本マンション南側には『ウェリス上野池之端』、北側には『パシフィックパレス池之端』とマンションが隣接しており、低中層階では眺望等は望めません。

 本マンション付近の
地層は上記のような成り立ちから必ずしも強固ではありませんが、建物はスーパーゼネコンの一角である清水建設の施工からなり、制震構造・直接基礎で地震に強い設計となっています。このほか、二重床・二重天井、ペアガラスを採用し、大規模タワーマンションらしく24時間有人管理、ラウンジやゲストルームが共用施設として設置、各階にダストステーションがあるのは便利です。

 スーパーは赤札堂が「上野」駅方面にあり、マルエツプチが「根津」駅方面にあります。もちろん「上野」駅近くまで行けばアメ横や松坂屋デパートなど、各種ショッピングが楽しめます。

 対象住戸は、
地上30階建て建物の2階に所在する専有面積45.33屬1LDKです。南向きで、眺望は『ウェリス池之端』に阻まれますが、道路を隔てているため、強烈な圧迫感があるわけではありません。スクエアなLDに独立型のキッチンが隣接し、洋室はバルコニー部まで突き出しています。水周りは玄関付近に固められ、収納は洋室及びLDに一列となったクローゼットが備わっています。全体に、狭いなりに効率性と機能性を重視した間取りになっているということができるでしょう。

 販売価格は3,880万円、坪単価283万円です。『住まいサーフィン』によれば、本マンションの中古想定坪単価は307万円(崔渦93万円)で、分譲時の平均坪単価349万円に比べて11.9%下落しています。一方、対象住戸の分譲時の価格は4,460万円(坪単価325万円)でしたので、販売価格はこれより13.1%安い水準となっています。この意味で、本件販売価格は妥当なものと考えます。

 本マンションは
不忍池を借景にしつつ、上野の森にある国立西洋美術館や東京国立博物館において文化の香りを楽しんだり、また、西側には東京大学や東京芸術大学などの学府もあり、不忍池だけでなくこちらの方にも散策を楽しんだりできます。森鴎外や横山大観が愛したこの地を手中にできる本マンションは、やはりプレミアムな立地ということができるでしょう。

蓮が一面に生えた不忍池とその奥の本マンションを含むタワー群です。一段高い2つのタワーのうち左手が本マンションです(以下サムネイルをクリックしてご覧ください)。



不忍通りから写した本マンション南東角です。ダイレクトウインドウを多用した瀟洒なタワーとなっています。



本マンション東側を走る不忍通りです。片道2車線で、幹線道路としての交通量があり、交通音・排気ガスの影響があります。



裏手になる本マンション西側の通りです。車の往来が少なく静かです。写真左手が境稲荷神社、写真右手が本マンションとなります。



本マンション南側の通りです。写真左手が本マンション、右手が『ウェリス上野池之端』で、低中層階までは視界が遮られます。



不忍通り沿いの本マンション外周の植栽です。植栽が本マンション1階ロビー部分をきれいに覆い、上品にプライバシーを守っています。



 種別:中古マンション
 名称:パークタワー上野池之端
 価格:3,880万円 (税込)
 所在:台東区池之端2丁目
 交通:「根津」駅徒歩7分
 面積:専有 45.33

詳細はこちら(ノムコムより)
パークタワー上野池之端

TOPへ


| 中古マンション 台東区 | 19:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック