<< 百年前のヴィンテージマンション!−1世紀を経過した日本のマンション事情 | main | 東京23区で子育ての現金支給が手厚い区はどこ?−2012年版をご紹介! >>
レクシオ川崎桜川公園(中古)−「川崎」駅バス便ながら利便性が高い穴場的立地
JUGEMテーマ:マンション

★ JR東海道本線「川崎」駅よりバス10分(バス停「大島四ッ角」)下車後徒歩1分の場所に立地する平成21年5月築・レクシオ旧分譲・住協建設施工・地上13階建・総戸数36戸の『レクシオ川崎桜川公園』です。

 アドレスは川崎市川崎区浜町3丁目です。川崎区は、「川崎」駅や川崎市役所がある市の中心地です。「川崎」駅前以外では、平坦な多摩川の河口平野上に戦前から形成された住宅地に建設された戸建住宅が多く、そこに小規模な工場が点在する商工混在地域が広がっています。

 この点、JR東海道本線や京急本線でつながる
東京都大田区や横浜市鶴見区などと風情は似たものがあり、戦後の高度経済成長期に丘陵部での集合住宅建設が進められ、人口が急増しながらも一部では農地や緑地が残る川崎市北部(宮前区、麻生区など)とは異なる雰囲気があります。

 また、
川崎区は、幸区と並んで戦前から在住する在日韓国・朝鮮人が多い町で、川崎区、幸区の両区合計で5千人〜6千人ほどが居住しており、関東では東京に次ぐコリア系住民の集住地で、在日本大韓民国民団の支部が全国に先駆けて設置された場所でもあります。本マンションの立地する川崎区浜町3丁目、4丁目の通称「セメント通り」入り口には、「川崎コリアンタウン」と銘打ったゲートが建ち、韓国料理店、焼肉店が集積しています。

 そして、本マンションは、
「川崎コリアンタウン」の入口に位置し、本マンションの横に上記の「川崎コリアンタウン」のゲートが建っています。なお、通称「セメント通り」と呼ばれている由来は、産業道路の先の浅野町に太平洋セメントの前身でもある浅野セメントの工場があり、そこに勤める工員の通勤路になっていたことからこう呼ばれるようになったということです。

 「川崎コリアンタウン」と銘打っていますが、
新大久保のようなどっぷりつかった感じはなく、むしろ従来からの住宅街に焼肉屋等が点在している落ち着いた通りです。ただ、この地域の焼肉屋はおいしいことで有名なようです。マンション名に用いられた桜川公園は、野球場、芝生広場、ウォーキングコース、遊具施設などがある公園で、本マンションからほど近い場所にあり、春は花見ができる公園としてお祭りなども開かれ、地域に親しまれている公園です。

 本物件は、
新川通り沿いに位置し、敷地面積478.74平米の地上13階建てマンションです。新川通りは「川崎」駅から産業道路を過ぎて京浜運河に面する扇町まで連なる「川崎」駅の中心的なストリートです。大通りで交通量があるものの、本マンション付近まで来ると車の数も少なくなってきます。

 「川崎」駅までは上記の通り
新川通りをまっすぐ行けば到着します。ただ、同駅まで歩いて約30分程度かかりますので、バス便利用となります。バス便は朝、夕の時間帯には2〜3分間隔で鉄道利用ともひけをとりません。本マンション北西側はラブホテルが隣である点が気になりますが、対象住戸のある南東向きはその反対方向となります。
 
 最上階付近の壁に「レクシオ」と刻まれた本マンションは、ホワイトとブラックの2トーンのスタイリッシュな外観をしています。本マンションは、周囲の建物と比べてもひと際高く、この界隈では目立つ存在です。駐車場は敷地東側に位置し、月18,000円の使用料で空きがあります。

 対象住戸は、
地上13階建て建物の2階に所在する専有面積41.37平米の1LDKです。南東向きで、目の前には中華料理屋がありますが、平屋建てのため、2階でも目の前が抜けています。玄関から入ると短いホールを経て10.4帖のLDKがあり、隣接して6.1帖の洋室があります。この洋室はドアでの出入りとなり、LDとは独立してプライバシーが保たれています。

 浴室は1418サイズと1LDKにしてはビッグサイズです。食洗機・浄水器・ディスポーザー付きのキッチンも、小規模マンションとしては珍しいものです。収納は6.1帖洋室にクローゼットが2本備わっています。全般的には面積の割に効率的な間取りと言うことができます。なお、クロス張替(天井・壁)、フローリング補修、全室照明付、ルームクリーニングなどのリフォームが行われています。

 販売価格は1,780万円、坪単価142万円です。標準相場をごくおおまかに試算すると、220万円[川崎坪単価]×0.799[駅距離補正]×0.741[築年数等中古補正]=坪単価130万円となりました。また、現在、本マンション同タイプの住戸が複数戸売りに出されており、6階住戸が2,080万円(坪単価166万円)、10階住戸が2,580万円(坪単価206万円)、最上階13階住戸が2,680万円(坪単価214万円)です。相対的な価格差からすれば、対象住戸の販売価格はほぼ妥当な水準とも言えます。

 「川崎」駅バス便ですが、
自転車でも同駅まで10分程度であり、同駅周辺にラゾーナ川崎チネチッタなどがあることを考えれば、利便性は高いものがあります。これまでは工場街の延長線上にあった本エリアも雰囲気は変わりつつあり、街並みもより整っていくことでしょう。コリアンタウンでの飲食も楽しむことができ、充実した生活が送れそうな穴場的立地と考えます。

本マンション正面の顔となる南東側外観です。白と黒のツートーンがスタイリッシュな印象です(以下サムネイルをクリックし拡大してご覧ください。)。



本マンション南東側にあるメインエントランスです。黒の天然石を貼って高級感を醸し出しています。



新川通りを下るときに目に入る本マンション北西側です。ラブホテルと隣接しているのがマイナス点です。



コリアタウンの入口で、写真左手が本マンションです。地域の方でお金を出し合ってこの門を建てたのでしょう。



コリアタウン入口の向こうに本マンション東側にある駐車場が写っています。月額18,000円で現在空きがあります。



コリアタウンのゲートの向こうは通称セメント通りで、焼肉店などがあります。写真左手が本マンションです。



 種別:中古マンション
 名称:レクシオ川崎桜川公園
 価格:1,780万円 (税込)
 所在:川崎市川崎区浜町3丁目
 交通:「川崎」駅バス10分下車後徒歩1分
 面積:専有 41.37平米

詳細はこちら(ノムコムより)
レクシオ川崎桜川公園

TOPへ


| 中古マンション 川崎市川崎区 | 21:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック