<< マンションは終の棲家に−増える60歳以上のマンション世帯主 | main | 中古マンション価格は第三の上昇期−その影で凋落が固定化する首都圏周辺地 >>
プラウドシティ上池袋(中古)−初期プラウドシティ・シリーズの豊かな住環境
JUGEMテーマ:マンション

★ 東武東上線「北池袋」駅より徒歩3分の場所に立地する2005年2月築・野村不動産旧分譲・大林組施工・地上15階地下1階建・総戸数277戸の『プラウドシティ上池袋』です。

 アドレスは豊島区上池袋4丁目です。上池袋は、「池袋」駅・「大塚」駅・「板橋」駅の中間に、明治通りに沿って広がる地域です。戦後に形成された住宅街で、地区内には細い路地が多く残りますが、主に明治通り沿いは商業地域となっています。

 上池袋は、全体的に
南側が池袋台地の北端にあたるので高く、旧谷端川に向かって北側になだらかに低くなっていく地形です。これまでは大規模開発とはあまり縁のない地域でしたが、2005年に癌研究会附属病院が移転したため、2007年から跡地が再開発され、2009年に22階建ての南棟と8階建ての西棟の2つの賃貸住居棟と5階建ての商業棟が整備されました。 商業棟ドレシア アネックスにはフィットネスクラブのセントラルウェルネスクラブとスーパーマーケットのピーコックストアが営業しています。

 「北池袋」駅から本マンションまでは徒歩3分の距離で、駅出口を出て東武東上線の線路を渡りソフトバンクテレコム新東京センターの周りを回るように左折すると本マンションに到着します。道のりはフラットで歩きやすいルートになっています。なお、JR埼京線「板橋」駅に徒歩6分、東武東上線「下板橋」駅に徒歩7分、都営三田線「新板橋」駅に徒歩11分と、複数路線・駅が使用可能です。

 本マンションのセールスポイントは、
ビッグターミナル「池袋」駅から1駅の池袋隣接地域でありながらその賑わいと程よい距離を置いた住宅街となっている点で、ここに緑豊かなやすらぎと温もりに溢れた環境のある集合住宅づくりを目指した点です。敷地面積は4,153.64平米で『プラウドシティ』シリーズとしては小さいのですが、ここに総戸数277戸のビッグコミュニティを創出しました。

 建物の
外観デザインは、アースカラーとホワイトの2色を基調とし、若々しさと安定感の双方を感じさせます。敷地内は四季を感じる緑豊かなランドスケープがあり、大規模マンションらしくパーティールームやキッズルームなど数々の共用施設も充実、棟内にはコンビニもあります。敷地は不整形で北西側は線路が走っており、もちろん二重窓などの防音対策はきちんと施しているものの、気になる方もいることでしょう。

 安全面では、暮らしを見守る
24時間体制の有人管理システムをはじめ、敷地内には先進の防犯設備で要所要所の安全を確保するとともに、セコムと提携し24時間オンラインセキュリティシステムを備えています。専有部の設備面では、環境に優しいディスポーザー、あると便利な食洗機も設置されており水周りが充実、床暖房・オートバス・浴室乾燥機・CATVなども備わっています。

 近隣の住環境は、池袋隣接エリアながら
下町的雰囲気も残しています。日常のお買い物については、マルエツ板橋駅前店などのスーパーが徒歩圏内にあるので、生活面も良好です。周辺には、徒歩10分圏内に各種クリニック・銀行・郵便局など暮らしやすい住環境が整っています。また小学校・中学校へは徒歩5分圏内と、学齢期の子供のいるファミリーには嬉しい立地です。

 間取りは1SLDK〜5LDK、専有面積55.86平米〜105.84平米DINKSからファミリーまでをターゲットにしたマンションですが、今や新規の分譲マンションではほとんど見かけなくなった5LDKの住戸が販売されていました。当時の分譲価格は2,760万円〜7,850万円で、坪単価163万円〜245万円程度平均坪単価218万円程度とされています。

 対象住戸は地上15階建て建物の1階に所在する専有面積73.92平米の3LDKです。南西向きの田の字型住戸で、使いやすい間取りとなっています。玄関を入って直進すれば12帖のLDとなり、これに3.3帖のカウンター付キッチンが備わっています。LD隣接の部屋は6帖和室で、共用廊下側に6.7帖と5帖の洋室があります。

 1階住戸のため、
テラスが19.34平米、専用庭が10.08平米付いており、専用駐車場が使える(月額25,000円)のも特徴です。浴室は1418サイズで標準、収納はトランクルーム、押入、納戸などが重宝しそうです。管理費は月額14,320円平米当たり194円で現在の平均(263.39円/平成22年都区部)より安く、スケールメリットがはたらいています。
 
 販売価格は4,650万円、坪単価208万円です。標準相場をごくおおまかに試算すると、247万円[板橋坪単価]×1.025[駅距離補正]×0.866[築年数等中古補正]×1.042[地価上昇補正]=坪単価228万円となりました。一方、『マンションナビ』において対象住戸を自動査定すると、4,210万円〜4,510万円が適正価格帯と算定されました。

 板橋・上池袋エリアは、本マンションと2011年築の『プラウドシティ池袋本町』2つの『プラウドシティ』が線路沿いの似たような立地で存在感を発揮しています。本マンションは、プラウドシティ・シリーズの原型の一つとして、今後とも豊かな住環境を維持していくことでしょう。

 種別:中古マンション
 名称:プラウドシティ上池袋
 価格:4,650万円 (税込)
 所在:豊島区上池袋4丁目
 交通:「北池袋」駅徒歩3分
 面積:専有73.92平米

詳細はこちら(ノムコムより)
プラウドシティ上池袋

TOPへ


| 中古マンション 豊島区 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック