<< マンションは人気で買うべし−都心で縮まり、郊外で拡大する経年減価率 | main | 全国約8割で地価が上昇!−一方で地価上昇はピークを過ぎた可能性も >>
プラウドシティ元住吉(中古)−良好な住宅街の緑あふれる大規模レジデンス
JUGEMテーマ:マンション

★ 東急東横線「元住吉」駅より徒歩9分の場所に立地する野村不動産&菱重エステート分譲・安藤建設施工・地上5階地下1階建・総戸数296戸・2013年築の『プラウドシティ元住吉』です。

 アドレスは川崎市中原区井田三舞町です。井田三舞町は、耕地整理を経て井田から分立した町です。中原区の西南部にあり、井田エリアとしては北部にあります。北は今井西町、東は木月大町木月祇園町、南は井田、西は井田杉山町などとなっており、井田が日吉から元住吉にかけての広い丘陵地帯を占めるのに対し、井田三舞町は元住吉から武蔵小杉にかけての平地に位置しています。

 井田三舞町は、
今井エリアから南に連たんして良好な住宅街を形成しています。碁盤の目状の整った道路が耕地整理の後を忍ばせ、従来の農地が宅地として開発されていった様子が伺えます。地域の商業施設としては、本マンションから2ブロック北のAコープかながわが最もよく利用されており、その向かいには井田三舞町のランドマークマンションである『元住吉パークホームズマスターコート』があります。

 また、
本マンション東側には川崎市の施設『川崎市国際交流センター』があり、宿泊もきます。私も以前、この地から家族で地方に転勤する際、ここに泊まってお世話になりました。

 そのような地元民にとって親しみのある場所に、
面積11,657.86平米もの広さを得て本マンションができると聞いたときは驚きました。もともとは三菱ふそうの社宅であった場所で、ここに川崎市で初めて、マンションそのものが街並みを形成する大規模物件『プラウドシティ』が誕生しました。

 「元住吉」駅からは徒歩9分のフラットな道のりで、人気のモトスミ・ブレーメン商店街を帰宅途上や休日に存分に活用できます。そして、本マンションの立地は、同商店街の先、北西側に広がる閑静な住宅地に四方を街路に接した整形の敷地となります。四方道路はどれもそれほど道幅はないのですが、特に南側道路は尻手黒川方面への抜け道となっており(私も利用者です)、車の交通量は思いのほか多くやや歩きにくさ感じます。

 配棟は
ほぼロの字型の7棟構成とし、敷地の中心には中庭が設けられています。この中庭には、ケヤキ、シラカシ、ツツジ、イロハモミジなど四季の植物が配され高低差が設けられ変化をつけることによって、本格的なガーデンとなりました。住宅街である当地は、まとまった広さの庭園に乏しいだけに、この緑の潤いは住人にとって希少で、第1期で中庭向き住戸は早々に完売となりました。

 外構には、
花崗岩の石垣や敷地南東角に配したデザイン性のある剣先フェンスなど、周囲の緑と調和して上質な風景となる素材を採用し、住棟には土の風合いを持つ素焼きレンガタイルをはじめとした、アースカラーの外壁素材を複合的に用いて、歳月を経るごとに風格を増すように工夫されています。

 共用施設は、
総戸数296戸の大規模マンションだけに、コンシェルジュデスク、グローブホール、グローブラウンジ、ライブラリー、テラスガーデン、マザーサロン&キッズルーム、パーティルーム、ゲストルームなど充実しており、しかも管理費は1平米当たり月214円とリーズナブルです。

 このほか、
24時間有人管理、電気代を節約できる「エコネック」、災害対応無線LAN、太陽光発電、カーシェアリング、レンタサイクルと、必要とされる共用施設・サービスは余さず備わっています。

 対象住戸は、
地上5階建て建物の3階に所在する専有面積73.57平米の3LDKです。西向きバルコニーで、隣接建物との距離があるため、日照良好です。配棟の関係から間取りは典型的な田の字型住戸で、LDKは16.2帖あり、キッチンはオープンカウンター付となっています。

 LDKに隣接する
バルコニー付の洋室は5帖、共用廊下側の主寝室は6.5帖、洋室は5.5帖で、玄関はポーチ付です。洗面所はやや狭さを感じさせます。収納はウォークインクローゼットはないものの、LDK入口にもクローゼットがあり、まずまずの容量と言えます。

 シャッターゲート付敷地内駐車場は空きがあり、月額16,000円〜21,500円と、相場からは標準的な水準です。その他費用としては、コミュニティ形成費が月185円、受入町内会費が月150円、enecoQシステム使用料が月1,483円となっています。

 販売価格は5,880万円、坪単価264万円です。標準相場をごくおおまかに試算すると、233万円[元住吉坪単価]×0.988[駅距離補正]×0.965[築年数等中古補正]×1.032[地価上昇補正]=坪単価229万円となりました。一方、『マンションナビ』による対象住戸の自動査定では、5,350万円(坪単価240万円)〜5,750万円(坪単価258万円)となっています。

 本マンションの
分譲時の平均坪単価は255万円でした。専有面積は67.12平米〜87.33平米オールファミリータイプ、総戸数296戸のうち200戸を第1期で即日完売(抽選戸数は40戸弱)し、第2期を最終期販売として約半年で全戸完売、大規模物件にもかかわらず、大方の予想より早いフィナーレとなりました。

 購入者層で多かったのは、地元中原区と都内の小さなお子さんのいるファミリー層ということで、通勤しやすく子育てしやすい5,000万円台で買える3LDKが強くアピールしました。今回の対象物件についても、特に同様なファミリーの方であれば、違和感なく充実した生活が本マンションで送れることでしょう。

 種別:中古マンション
 名称:プラウドシティ元住吉
 価格:5,880万円 (税込)
 所在:川崎市中原区井田三舞町
 交通:「元住吉」駅徒歩9分
 面積:専有73.57平米

詳細はこちら(ノムコムより)
プラウドシティ元住吉

TOPへ


| 中古マンション 川崎市中原区 | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック