<< THAT'S COOL !−日本の地方が有する資産価値 | main | やっぱり土地は面白い−エンドの立場から脱却するために >>
グランスイート横濱山手(中古)−空と海を見渡すダイナミックな丘上邸宅
JUGEMテーマ:マンション

★ JR根岸線「山手」駅より徒歩10分の場所に立地する丸紅旧分譲・NIPPOコーポレーション施工・地上10階建・総戸数82戸・2005年2月築の『グランスイート横濱山手』です。

 アドレスは横浜市中区池袋です。中区は、神奈川県内の行政機関が集中している中心的な区で、金融機関や企業の本店・支店も多く、近年は都心回帰や、みなとみらい線開通の影響によりマンションが増えたため、人口は増加傾向にあります。

 北部の平地には
港側からビジネス街、繁華街、そして住宅街が主体になっており、中南部は内陸側が高台「山手町」を中心としたいわゆる「山手」と呼ばれる地区は昔からの住宅地です。明治以前は武蔵国久良岐郡の一部で、1859年、横浜港が開港すると、関内地区(旧・横浜村)を居留地として外国人で栄え横浜市の市名のもととなった地域です。

 本マンションは
山手の一角をなす池袋エリアの閑静な住宅街に位置します。「山手」駅から本マンションまでは徒歩10分、同駅東口から南に向かって上り基調のルートで、駅と本物件との高低差は20メートル超となります。周辺は横浜屈指の住宅地緑も多く、近くには外国人専用の高級スポーツクラブとして歴史と伝統のあるY.C.A.Cがあります。反面、近隣にスーパーなどの生活利便施設に乏しく「山手」駅からの最初の勾配のある坂がネックではあります。

 山手の丘の上での生活を満喫できる本マンションは、
入口が最上階となり、丘の中腹に沿って海に向かってマンションを建てています。これによって日照と眺望を得るという理想的なデザインですが、第一種低層住居専用地域でありながら地下住戸を造ることで高層建築物を建ててしまうこの建築方式は、もはや横浜市によって崖地マンションとして禁止されているものと思われます。

 しかし、丘の上という
地形の魅力を引き出した美しいプロポーションはやはり特筆ものです。白を基調とした洗練された外観デザインは、シンプルですがストイックな清純さを湛えるとともに、シャープな印象を与えます。JUN MEN、ROPE、J&Rなどははじめとするブランドを展開する株式会社JUNエントランスギャラリーのデザインを担当し、空と海に調和した予想を超えた開放感を与えています。
 
 共用部はガラスを多用した透明感あるデザインで、美術館のようなおしゃれな雰囲気です。管理人(日勤)の窓口では、クリーニング預かりや航空券の手配など、各種サービスにも対応しています。なお、共用施設としてはシアタールームもあります。 

 対象住戸は
地上10階建て建物の2階に所在する専有面積66.98平米の2LDKです。南向きバルコニー日照良好、前面に圧迫感のある建物はありません田の字型の間取りですが、アルコーブから室内が見渡せないように配慮されています。

 LDは13.6帖で専有面積の割に広くとれており、天井高も2,500ミリとれた開放空間です。バルコニーへの出入りも可能なキッチンは3.4帖、共用廊下側に7帖と5.5帖の2洋室が配置されており、いずれの洋室も梁がでないすっきりした空間です。浴室は1418サイズで収納はウォークインクローゼット(可動棚付き)があります。構造は二重床・二重天井で、専有部の設備としては、天然大理石仕様の框、床暖房、ペアガラス、タンクレスシャワートイレ等が目を引きます。

 販売価格は2,990万円、坪単価148万円です。標準相場をごくおおまかに試算すると、215万円[山手坪単価]×0.975[駅距離補正]×0.851[築年数等中古補正]×1.076[地価上昇補正]=坪単価192万円となりました。また、『マンションナビ』で対象住戸の自動査定を行うと、3,200万円(坪単価158万円)〜3,500万円(坪単価173万円)となりました。

 このように、本物件は、
相場よりかなり安い価格となっています。最近は住環境より利便性を重視する傾向にあり、その観点からは本マンションは難がありますが、ステイタス感ある丘上マンションとしての魅力は健在です。横浜・山手でマンションを探されている方には検討物件に加えていただける物件だと思います。

 種別:中古マンション
 名称:グランスイート横濱山手
 価格:2,990万円 (税込)
 所在:横浜市中区池袋
 交通:「山手」駅徒歩10分
 面積:専有66.98平米

詳細はこちら(ノムコムより)
グランスイート横濱山手

TOPへ


| 中古マンション 横浜市中区 | 21:15 | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
いいレポートをありがとうございます!

最近、中古を眺めていて気になっていました。
お値打ち感があり、いいなあと思っておりました。
ココは外廊下ですよね、きっと。

一度内見してみようかと思ってます。
| さとちゃん | 2014/10/21 10:10 AM |
さとちゃんさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!

私も日吉で似た構造のマンションを見学し、
すっかり魅了されたことがあります。
崖地マンションは、
既存不適格物件とされている可能性もありますが、
そのダイナミックな姿は忘れられません。

外廊下かもしれませんが、
これも建物と崖地の間におさまっていることが多く、
内廊下に近い雰囲気を有しているのではないかと
思われます。

今後ともどうかよろしくお願い申し上げます!!
| coralisland | 2014/10/21 10:30 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック