<< 高額マンションに売行き減退の新現象−単なる小休止か潮目の変化かが注目点 | main | 私達は鳥ではない−地下マンションをまじめに妄想する >>
(仮称)プレサンス ロジェ 町屋(新築)−「大手町」駅12分のアクセス、価格設定に期待
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ千代田線「町屋」駅より徒歩9分、京成本線「町屋」駅より徒歩11分、都電荒川線「町屋駅前」停留所より徒歩10分の場所に立地するプレサンスコーポレーション分譲・不二建設施工・地上12階建・総戸数53戸の『(仮称)プレサンス ロジェ 町屋』です。

 アドレスは荒川区町屋3丁目です。町屋は、2007年6月1日現在の世帯数12,868、総人口27,104人です。東西に長い菱形をした荒川区の中央北部に位置し、下町的町並みを有しています。町域の北と東を隅田川に接し、尾竹橋をもって対岸の足立区とつながります。南は区役所の所在する荒川と、西は東尾久と接しています。

 町域内には
町工場や商店街、住宅の混合密集市街を形成しており、町屋の防災行政上の課題となっています。町域南部には東京都で唯一となった都電の荒川線が走り、いまも住民の足として活躍しています。なお、「巨人の星」の星一家が住んでいたのは町屋の長屋という設定でした。

 「町屋」駅から本マンションまでは徒歩9分です。同駅1番出口から尾竹橋通りを北東方向に向かい、木村病院の角を曲がって住宅街の中を北上、第五峡田小学校を右手に見ながらさらに北上し、交差点を左折した左手に立地します。なお、小学校の名前にもある「峡田」は「はけた」と読み、かつての武蔵国豊島郡峡田領(はけたりょう)という近郊農村地域で、その名残として地名が残ったものです。

 町屋の利点は、
地価やマンション価格が安い割に東京メトロ千代田線「町屋」駅の存在により都心各所がとても近くて便利なところです。同駅から「大手町」駅へ直通12分、「東京」駅へ13分などとなっています。私は結婚前まで「金町」駅徒歩10分のアパートに住んでいましたが、「町屋」駅周辺に住んでいた同級生をうらやましく思っていました。

 尾竹橋通り沿いに広がる「まちやアベニュー」は、「町屋」駅からの帰り道に気軽に寄れる身近で多彩な地元密着型の商店街です。また、本マンションから徒歩12分のところには荒川自然公園があり、アスレチック、テニスコート、プール、そしてユニークな「交通園」など、ファミリーで楽しめます。また、春の花見やジャブジャブ池が嬉しい「尾久の原公園」には徒歩5分です。

 間取りは東向き中心ですが、前面は細い道路を経て建物が所在するのではないかと思われます。ただし、全戸スクエアかつワイドスパンの間取りとなっており、廊下面積を少なくし、各居室が効率よく配置できました。なお、敷地面積994.22平米と比較的狭いことから、駐車場台数は8台と、駐車場設置率が15%にとどまりました。

 間取り1LDK+S〜4LDK、専有面積54.78平米〜83.42平米で、販売価格の発表はこれからです。標準相場をごくおおまかに試算すると、190万円[町屋坪単価]×0.988[駅距離補正]×1.014[地価上昇補正]=坪単価190万円となりました。近隣では同じ町内の『クレヴィア町屋』(「町屋」駅徒歩8分、総戸数42戸)が昨年10月から販売して既に完売し、その平均坪単価が215万円でした。

 売主であるプレサンスコーポレーションは、首都圏において比較的割安な価格で物件を提供しており、今回もその価格設定が注目されます。上記の坪単価計算によれば、平均坪単価200万円〜210万円程度であれば順調な売れ行きを示すことでしょう。

公式ホームページ ⇒(仮称)プレサンス ロジェ 町屋

TOPへ


| 新築マンション 荒川区 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック