<< 私達は鳥ではない−地下マンションをまじめに妄想する | main | サラリーマンが買えるのは城北・城東の築20年中古マンションまで、の模様 >>
ブリリア武蔵小杉(中古)−駅徒歩2分、希少な日照・通風○の南向き再開発物件
JUGEMテーマ:マンション

★ 東急東横線・同目黒線・JR南武線「武蔵小杉」駅より徒歩2分の場所に立地する東京建物&伊藤忠都市開発&東京機械製作所旧分譲、鴻池組施工、2011年8月築・地上20階建・総戸数131戸の『ブリリア武蔵小杉』です。
 
 アドレスは川崎市中原区新丸子東3丁目です。新丸子東は、中原区中心部の一角に当たる区域です。東急東横線「新丸子」駅東口からJR・東急「武蔵小杉」駅にかけて広がる住宅街・商店街があり、北から順に1丁目・2丁目・3丁目が設置されています。本マンションの立地する新丸子東3丁目の一部武蔵小杉エリアの再開発対象地域として高層ビル建設が続いています。

 新丸子東は、西は
小杉町3丁目・新丸子町、北は丸子通1丁目、東は上丸子八幡町・上丸子山王町1・2丁目・上丸子、南は市ノ坪・中丸子・下沼部と接しています。1943年(昭和18年)、川崎市上丸子・小杉の一部より新丸子東1-3丁目が成立し、2007年(平成19年)から2011年(平成23年)にかけて、本マンションを含め、東京建物を施行者とした新丸子東三丁目土地区画整理事業が行われました。JR横須賀線「武蔵小杉」駅との連絡通路用地を確保し、なおかつ市街地再開発ともなっています。

 「武蔵小杉」駅から本マンションまでは徒歩2分の道のりです。同駅東口を出て、そのまままっすぐ綱島街道に向けて歩いた左手に本マンションは立地します。再開発エリアだけにきれいに整備された道路でごくシンプルなルートになります。

 本マンション敷地は
東京機械の社宅があった場所で、これを上記土地区画整理事業として、本マンションと、その横に立地する賃貸マンション「フローラルガーデン」、そして「武蔵小杉」駅寄りには「TKS武蔵小杉ビル」が建設されました。本マンションの外観は白亜で、青空の中にすっくと立つ姿はいかにも都会的でスタイリッシュです。

 新丸子東3丁目には、『パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー』『パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー』
2棟のタワーマンションが所在し、それらと比較すると小ぶりな印象はありますが、全戸南向きの板状マンションで、しかも目の前に直接にはタワーマンション群と向き合うことがないため、日照・眺望良好です。

 建物は
免震構造(免震装置のゴムは「日東化工」製です。)で、また免震工法ゆえに実現できたアウトフレーム工法を採用しています。二重床・二重天井、また、線路に近いため、遮音性能等級T-4(最高等級)の二重サッシを採用しています。実は南向きは線路と直接面していないため、室内は最高等級のサッシのおかげもあって駅近と感じさせない静けさとのことです。

 設備としては、
オール電化システムで、気象庁からの緊急地震速報を基に、地震到達前に各住戸インターホンへ通知する「緊急地震速報サービス」も備わっています。私も本マンションのモデルルームを訪れたことがありますが、共用施設の豪華なタワーマンションのような派手さはないものの、その分設備・仕様がしっかりしており、省エネルギー対策等級「4」(最高等級)、劣化対策等級「3」(最高等級)、川崎市建築物環境配慮制度(CASBEE川崎)の総合評価「★★★★☆」Aランクを獲得するなど、マンションとしての質の高さを感じました。

 対象住戸は、
地上20階建て建物の16階に所在する専有面積76.28平米の3LDKです。上層階につき日照・眺望・通風良好です。板状マンションですが、このタイプにありがちな田の字型住戸ではなくポーチ・玄関を片寄せすることで間取りに変化を持たせました。玄関から入ると廊下は右手に折れていて、その突き当たりで3方にドアを設け、南側に12.3帖のLDK、これに隣接する洋室は6.3帖、また、西側と北側に6.3帖の洋室と5帖の洋室を設けました。

 キッチンは人気のカウンター式で3.7帖、水回りは玄関周辺に配置し、浴室は1418サイズです。収納はウォークインクローゼットはないものの随所に設けられ、トランクルームも付備されていますので、収納力は十分です。

 販売価格は7,280万円、坪単価315万円です。『マンションナビ』で対象住戸の自動査定を行ったところ、7,320万円(坪単価317万円)〜7,720万円(坪単価335万円)となり、提示価格はこれを下回るリーズナブルな価格となっています。
 
 本マンションの
分譲時の平均坪単価は270万円台でした。当時は個人的にもかなりの割高感を感じたのですが、今や武蔵小杉でこの価格水準で新築マンションを手に入れることはできません中古マンション価格が急騰している武蔵小杉において、上記販売価格は首肯しうる水準であり、しかも、本マンションは『パークシティ武蔵小杉』等のタワーマンション群に比べて出物が少なく、きれいな間取りの南向き高層階として希少価値もあります。

 待ちに待った駅前大型商業施設の相次ぐ開店により、ここ2年で非常に華やかになった「武蔵小杉」駅前を普段使いできる魅力はとても大きいものがあります。現在同駅北口方面には話題の『パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト』が建設中で、平均坪単価332万円台で間もなく販売が開始されますので、これとの比較検討も考えられることでしょう。

 種別:中古マンション
 名称:ブリリア武蔵小杉
 価格:7,280万円 (税込)
 所在:川崎市中原区新丸子東3丁目
 交通:「武蔵小杉」駅徒歩2分
 面積:専有76.28平米

詳細はこちら(ノムコムより)
ブリリア武蔵小杉

TOPへ


| 中古マンション 川崎市中原区 | 20:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック