<< 湾岸エリアの地価に人気地と不人気地?−「雌伏の時」を楽しもう | main | 新人スター選手不在のマンション業界−マンション販売の衰退の予兆か? >>
プラウド綱島(中古)−アップル社誘致で注目の築浅・割安なプラウド物件
JUGEMテーマ:マンション

★ 東急東横線「綱島」駅より徒歩10分、同線「日吉」駅より徒歩16分の場所に立地する野村不動産旧分譲・長谷工コーポレーション施工・2011年11月築・地上7階建・総戸数99戸の『プラウド綱島』です。

 アドレスは横浜市港北区綱島東4丁目です。綱島は、綱島西1〜6丁目・綱島東1〜6丁目・綱島台・綱島上町で構成されています。東急東横線の「綱島」駅は綱島西1丁目に所在し、綱島東3・4丁目と5・6丁目の間には東海道新幹線の高架が通過、鶴見川が綱島東1・5・6丁目の南東側を流れ、地域北西部に綱島街道が通っています。

 1914年(大正3年)に温泉(鉱泉)が出てから昭和50年代前半までは、綱島温泉と呼ばれた温泉街でした。また、横浜北部随一の商業地区として発展し、全国的に知られた桃である「日月桃」の大産地でもありました。綱島神明社がある高台は「桃雲台」とも呼ばれ、この桃畑を一面に眺めることができました。しかし、周辺の宅地化などにより温泉施設や桃の栽培農家はごく僅かしか残っていません。このほか、戦前までは製氷が盛んでした。

 本物件と同じ町内(綱島東4丁目)で2011年に閉鎖された
パナソニック綱島事業所の跡地(敷地面積37,900平方メートル)には、次世代都市型スマートシティ事業「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン(Tsunashima SST)」として、ユニーの大型商業施設野村不動産とMID都市開発の集合住宅および米アップル社の技術開発施設(2015年度着工、2016年度完成予定)などが建設される予定で、2018年の街開きを目指しています。

 本マンションは、まさに上記の
スマートタウン構想の敷地の目の前に位置します。パナソニック事業所が閉鎖されてから、私達地元民の間ではここに「コストコができるらしい」との噂でもちきりだったのですが、土壌汚染対策云々の話が持ち上がって立ち消えとなり、その後突如出現したのがこの構想です。

 元々「コストコ」などという話は初めから根も葉もなかったのかもしれませんが、いずれにしても
米アップル社誘致という大ニュース、大型商業施設も計画され、更なる注目を浴びています。

 「綱島」駅から本マンションまでは徒歩10分です。同駅を出て北東方向に綱島街道をフラットに歩く道のりですが、主要街道の割には歩道が狭いところがあり、また、やや単調なルートでもあります。「日吉」駅から徒歩16分で、こちらは綱島街道を南西方向に下る道のりです。丘上にある同駅への登りは傾斜が結構あり、通勤は、朝が「綱島」駅から、帰宅は「日吉」駅からと、使い分けてもいいかもしれません。

 外観は、綱島街道を車で通っていても、
はっとするかっこよさです。プラウド特有の印象的なファサードに赤色のグリッドを入れ、さらに壁面緑化を施して妙なる味を醸し出しています。綱島街道との境界には桜並木を植え、春には居住者にも通行者にも目を楽しませてくれる配慮がされています。

 さらに、各戸とも
緑豊かな中庭「グリーンガーデン」に接し、中庭に向く形で「ガーデンラウンジ」を設えています。全戸南西向きの配棟は、中庭を配することで、北側の棟にも日照を呼び込むことに成功しています。

 対象住戸は、
地上7階建て建物の2階に所在する専有面積75.13平米の3LDKです。典型的な田の字型住戸ですが、各居室が効率よく取れて、広々とした18.9帖のテラス付きです。玄関から直進するLDは12.1帖、隣接する洋室は6.1帖、共用廊下側には6.5帖と5.3帖の洋室が配されています。

 カウンター付きキッチンは3.4帖トイレ、洗面所、1418サイズ浴室は中央に位置し、リビングには納戸が、6.5帖洋室にはウォークインクローゼットが備わるなど、その他洋室のクローゼットと合わせて収納力は十分です。野村不動産がファミリータイプに採用する「ラクモア」仕様となっており、ディスポーザー、タンクレストイレ、スロップシンクなどが目を引きます。

 全開口部に防犯センサーがつくなど、綱島街道に接する立地に対応し、二重床・二重天井、二重サッシなど、構造面でも安心です。分譲時のオプションとして、キッチン背面の収納造作、IH仕様コンロ、玄関に鏡設置、洗濯機置場上部収納などが備わっています。管理費は月額13,700円(1平米単価182円)とリーズナブルで、修繕積立金月額7,500円、町内会費、共視施設負担金と合わせて毎月の支払いは21,718円です。

 販売価格は4,980万円、坪単価219万円です。『マンションナビ』で対象住戸の自動査定を行ったところ、4,930万円(坪単価217万円)〜5,330万円(坪単価235万円)となり、販売価格はこのレンジの低位の部類に入り、これもリーズナブルな価格水準と言えそうです。

 交通利便性はやや弱いですが、学園都市である日吉と従来からの商業の中心地である綱島両方の街を楽しめるとともに、米アップル社の技術開発施設や大型商業施設の誕生で更にステイタスが上がる立地になっており、プラウドブランドと優れたデザイン、築浅でありながら低廉な価格と、セールスポイントがいくつもあるマンションです。地縁のある方で中古マンションをお探しの向きには特にお薦めできる物件だと考えます。
 
 種別:中古マンション
 名称:プラウド綱島
 価格:4,980万円 (税込)
 所在:横浜市港北区綱島東4丁目
 交通:「綱島」駅徒歩10分
 面積:専有75.12平米

詳細はこちら(ノムコムより)
プラウド綱島
 
TOPへ


| 中古マンション 横浜市港北区 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック