<< 遂にジェットコースターの頂点近くに来た?−本年10月1日のマンション価格 | main | 不動産価格は反転を始めている?−23区大規模ブランド物件が売れない理由 >>
プレミスト新宿山吹(新築)−変わりゆく街並みの一端を担う駅徒歩2分物件
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅より徒歩2分、同東西線「神楽坂」駅より徒歩10分の場所に立地する大和ハウス工業分譲・施工会社未定・地上13階建・総戸数78戸の『プレミスト新宿山吹』です。

 アドレスは新宿区山吹町です。山吹町の2010年8月1日現在の人口は2,929人です。新宿区の北東部に位置しています。町域北部は文京区関口1丁目に、東部は改代町に、南部は中里町・天神町・榎町に、西部は早稲田鶴巻町に接しています。町域東部には隣の改代町の飛び地が存在し、町域内を東西方向に早大通り、南北方向には江戸川橋通りが通っています。町域内は住宅地のほか、印刷・製本関連の事業所や商業施設が混在しています。

 「江戸川橋」駅から本マンションまでは徒歩2分です。もっとも、同駅付近にはマンションが数多く所在し、駅徒歩2分は必ずしも珍しい物件ではありません。また、徒歩距離の計算の起点となる同駅1b出口からホームまでは結構距離があります。同駅から新目白通りを早稲田方向に歩き、コモディイイダをぐるりと回る形で南下したところにあります。または、江戸川橋交差点を神楽坂方面へ南下し、『新宿山吹アインスタワー』裏手に回った場所に立地します。

 また、
「神楽坂」駅からは徒歩10分です。同駅2番出口(矢来口)から早稲田通り牛込天神町交差点で右折し、江戸川橋交差点に向かって北上するルートで、一貫して下りとなる道のりです。

 本マンションについては、
本年8月8日に公式HPが公開され、昨日10月10日に「(仮称)山吹町計画」から正式名称が「プレミスト新宿山吹」と決まったところです。まだ施工会社が未定で、販売予定は来年2月下旬開始、竣工は平成29年6月中旬、入居は同年7月下旬予定となっています。

 したがって、
公式HP上では、現地案内図と物件概要しか実質的な情報がありません敷地面積は1,165.19平米で、総戸数78戸のうち事業協力者住戸が18戸ありますが、土地の買収がきれいには行かなかったのか、やや虫食い的な敷地形状をしています。

 間取りは1R・2LDK・3LDK・4LDK、専有面積25.32平米〜82.28平米と、投資用にもなるワンルームとディンクス用、ファミリー用が混在する形です。駐車場台数は17台と、都心におけるこの規模のマンションとしてはまずまずかもしれません。駐輪場台数は86台と1世帯1台以上が確保されています。

 価格水準についてですが、「江戸川橋」駅を最寄りとするマンションでは、昨年販売された『プラウド文京関口』(同駅徒歩3分)が平均坪単価336万円台、『ザ・パークハウス文京江戸川橋』(同駅徒歩5分)が平均坪単価337万円台だったのですが、本年相場はその1割〜2割増となることが想定されますので、やはり平均坪単価400万円前後は考えておいた方が良さそうです。ただ、東側は、上記『新宿山吹アインスタワー』の存在で圧迫感がありますし、販売戦略の取り方によっては目玉住戸を設定するかもしれません。
 
 「江戸川橋」駅から「神楽坂」駅の間の街は従来、印刷工場を中心とする中小規模の事業者や戸建てが並ぶ街並みでしたが、その利便性から注目度が急速に高まっています。新規マンションが次々と誕生すれば、それに引き寄せられる形で新しい商業施設・スーパー等も進出してくることも考えられます。

 従来、
坪単価200万円台後半でも新築マンションが購入できたエリアでしたが、価格はかなり高騰、しかし、今後の発展の期待もできる立地です。本物件の売れ行きにも注目したいと思います。

公式ホームページ ⇒プレミスト新宿山吹

TOPへ


| 新築マンション 新宿区 | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック