<< 資材価格の高騰、終わる−マンション分譲価格は現状維持が可能に? | main | 中古マンションを売る所有者の勘違いとあせり−一生負債であり続けるリスク >>
ベルジェンド浅草寿フィエルテ(新築)−坪300万円台が目安のミニマム物件
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩5分、都営大江戸線「蔵前」駅より徒歩7分、同大江戸線・つくばエクスプレス「新御徒町」駅より徒歩8分、都営浅草線「浅草」駅より徒歩10分、JR山手線・京浜東北線「上野」駅より徒歩15分の場所に立地するベルフラッツ分譲・後藤組施工・地上13階建・総戸数24戸の『ベルジェンド浅草寿フィエルテ』です。

 アドレスは台東区寿1丁目です。寿(ことぶき)は1丁目から4丁目まであり、2007年12月1日現在の住民基本台帳人口は4,908人です。浅草・雷門の南、蔵前の北に位置し、浅草地域に属しています。浅草から一歩入った静かな住宅街オフィスや古くからの商店があります。北部は、浅草通りに接しこれを境に西浅草・雷門にそれぞれ接し、東部は駒形に接し、南部は春日通りに接しこれを境に蔵前に接し、西部は新堀通りに接しこれを境に元浅草に接しています。また当地をほぼ中央に分ける形で南北方向に国際通りが通っています。

 旧浅草区としては、 浅草寿町・浅草田原町・浅草黒船町・浅草新福富町・浅草森下町・浅草駒形町・浅草三間町・浅草高原町・浅草栄久町の範囲にあたります。明治3年(1870年)、当時の石浜町、真砂町、黒沢町、福川町の四つの町が合併し、縁起をかついで「浅草寿町」と名づけられました。その後昭和9年(1934年)に新福富町や高原町などを合併し町域を広げ、1丁目から3丁目にまで分けられ、昭和39年(1964年)10月1日、住居表示の実施によって4丁目を追加した形に再び編成されましたが、この時近隣の菊屋橋1〜2丁目元浅草と寿に組込まれ、行政地名としての菊屋橋は消滅しました。

 明治7年(1874年)から浅草寿町十番地(現寿3丁目)に幼少時代の夏目漱石が住んでおり、当時、浅草寿町戸田小学校に通っていました。漱石は、隣の駒形にも住んでいた記録があります。

 このように、当地は
江戸より続く伝統を核としつつも、再開発による新しい波とも調和しています。「東京」駅へは3.2キロメートル圏で、東京スカイツリーには2キロメートル圏と、都心から下町にかけての要のような場所に位置しています。

 「田原町」駅から本マンションまでは徒歩5分です。同駅1番出口を出て浅草通りを西へと歩き、菊屋橋交差点を左折して南下するのが最もわかりやすいルートで、その3つ目の交差点角に立地します。ここから1ブロック南に歩くと、現在分譲中の『ルフォンリブレ 浅草 寿』(「田原町」駅徒歩6分)があるので、こちらが比較物件となります。

 上記のとおり、
利用駅は「田原町」駅以外にも「蔵前」駅、「新御徒町」駅、「浅草」駅、「上野」駅と数多く、東京メトロ銀座線、都営大江戸線、都営浅草線、つくばエクスプレス、そして徒歩15分の距離ですが、「上野」駅ではJR線をはじめとして多彩な路線が利用できます。

 なお、
公式HPでは、本物件とともに『ベルジェンド元浅草クレール』の分譲も掲載しています。こちらは「田原町」駅徒歩6分、「蔵前」駅徒歩10分、「新御徒町」駅徒歩7分、「浅草」駅徒歩12分、「上野」駅徒歩12分と、「田原町」駅には『浅草寿フィエルテ』の方が1分近いのですが、一大ターミナル「上野」駅には『元浅草クレール』の方が3分近いので、どちらが交通利便性が高いか迷うところです。

 敷地面積は175.56平米、建築面積は97.11平米戸建て用地並みに小さく、おそらく1フロア2戸構成で地上13階建て、全戸角部屋です。間取りはStudio・1DK・1LDK専有面積38.80平米〜40.23平米となっています。『元浅草クレール』敷地面積207.88平米、建築面積115.90平米、間取りStudio・1DK・1LDK・2LDK、専有面積30.25平米〜53.79平米で、やはり1フロア2戸構成でしょうが(地上14階地下1階建)、本マンションよりもバラエティがあります。

 このように
2つの現場を同時に持つ理由は、もちろん建築コストが抑えられるからです。したがって、2つのマンションとも、竣工は来年10月中旬、入居は来年11月予定と揃え、効率化を図っています。

 公式HPではまだコンテンツがほとんどなく、まだ上記のような情報しか得られていません。メルクマールは上記の通り、同じ町内の『ルフォンリブレ 浅草 寿』で、同マンションの平均坪単価は300万円台とされています。また、『ルフォンリブレ 浅草 寿』今月第1期販売が行われ、総戸数の約6割の34戸の販売が実施されました。

 本マンションは、
最寄りの「田原町」駅へは徒歩1分『ルフォンリブレ 浅草 寿』に近いのですが、その規模、ブランド力等を考えればハンデがあり、マンション相場も軟調になりかかっていることから、少なくとも価格水準は『ルフォンリブレ 浅草 寿』と揃えた方がよい、と個人的には考えます。販売開始は来年1月を予定しており、シングル物件を探していらっしゃる方には、候補の一つと言えそうです。

公式ホームページ ⇒ベルジェンド浅草寿フィエルテ

TOPへ


| 新築マンション 台東区 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック