<< 超高級マンション市場の崩壊はあるのか−超高級物件にもある需要と供給の関係 | main | 来年はマンションのバーゲンセールはあるか?−魔法のかかったタイトロープ >>
ザ・パークハウス 東戸塚レジデンス(新築)−久々の東戸塚大規模物件に高い注目度
JUGEMテーマ:マンション

★ JR横須賀線・湘南新宿ライン「東戸塚」駅(西口)より徒歩5分の場所に立地する三菱地所レジデンス&京浜急行電鉄分譲・フジタ施工、地上11階建、総戸数237戸の『ザ・パークハウス 東戸塚レジデンス』です。

 アドレスは横浜市戸塚区品濃町です。品濃町(しなのちょう)は、横浜市戸塚区の北部に位置し、町域は南北に長く広がります。北東は保土ケ谷区、北西は旭区に接しています。2010年6月30日現在、7,056世帯・17,356人が暮らしています。JR横須賀線「東戸塚」駅の東口は、駅が開設された1980年頃より急速に発展し、超高層マンションや、西武百貨店とダイエーをキーテナントとした大型商業施設「オーロラシティ」などが立ち並んでいます。

 町北部には、保土ケ谷区にまたがり横浜カントリークラブが広がります。東海道線と横須賀線に挟まれた一角には乳牛を飼育する牧場があり、アイスクリームの直売を行っています。また品濃町北部の東海道線の線路には、日本最古の現役鉄道トンネルである「清水谷戸トンネル」があります。

 かつては
鎌倉郡品濃村で、1889年(明治22年)に町村制が施行されたのに伴い、上柏尾・下柏尾・前山田・後山田・平戸・舞岡の各村と合併、鎌倉郡川上村大字品濃となりました。1939年(昭和14年)4月1日に横浜市に編入され、戸塚区品濃町となりました。シナノ(品濃)という地名は、山麓の緩やかな傾斜地を意味します。平戸との境は旧東海道で、品濃一里塚が残されています。保土ケ谷区との区境は、かつての相模国と武蔵国の国境でした。

 「東戸塚」駅から本マンションまでは徒歩5分です。同駅西口を出て、ヤマダ電機などが入る「東戸塚西口プラザ」を左手に見ながら緩やかな坂を上ったところに位置します。敷地面積は9,448.46平米と大きく、元は第一生命の独身寮「フロンティア東戸塚」と「第一生命東戸塚教育センター」があった場所でした。

 本マンションは、
東戸塚エリアで久々の大規模物件で、同規模のものは2011年1月に分譲開始した『ヴェレーナ東戸塚』(「東戸塚」駅徒歩14分、総戸数214戸)以来です。なお、同系列である『ベリスタタワー東戸塚』(「東戸塚」駅徒歩1分、総戸数187戸)は2008年1月の分譲開始で、本マンションのモデルルームも『ベリスタタワー東戸塚』の中にできるのではないかと思われます。

 三菱地所レジデンス物件としては、本年3月『ザ・パークハウス東戸塚テラス』を、2013年6月『ザ・パークハウス東戸塚』を同じく「東戸塚」駅西口側に分譲しており、本件はいわば三部作の集大成のようにも見えます。また、同駅東口側には東京建物による定期借地物件『(仮称)Brillia東戸塚』(地上7階建、総戸数98戸)の販売が控えており、竣工時期はむしろ『(仮称)Brillia東戸塚』の方が2017年7月予定と早くなっています。

 翻って
本物件の竣工は2018年3月下旬、入居は同年5月下旬を予定しており、販売開始も来年4月下旬予定ということですから、かなり長い周知期間と言えます。既存建物の取り壊しが大規模にありますので、その分時間がかかるということでしょう。

 計画的な街づくりにより「オーロラモール」など商業施設が集結している人気の「東戸塚」駅徒歩5分であるだけに、生活利便性は言うまでもありません。しかも都市機能が集中している同駅東口側とは異なり、西口側は豊かな自然も息づいています。一方、高速道路である横浜新道が背後にあり、交通音や排気ガスの影響がどの程度かが懸念材料ではあります。

 不整形な土地ですが、その土地形状を生かしたコの字型「フォレストサイドコート」「ヒルトップコート」「パークフロントコート」3棟構成となります。敷地中央には機械式駐車場広大な中庭を設け、共用施設としては使用頻度の高い「ゲストルーム」と「キッズルーム兼集会室」が予定されています。

 間取りは2LDK〜4LDK、専有面積64.86平米〜90.05平米ファミリータイプ中心で、配棟上、田の字型間取りが基本となります。東戸塚エリアの新築マンションの価格水準は最近では平均坪単価250万円前後が駅近物件の目安でしたが、直近のマンション価格高騰の影響から、本マンションに関しては平均坪単価280万円程度と目する向きもあります。

 この場合、
低層階を坪単価260万円程度、高層階を坪単価300万円程度と仮定すると、5千万円内外が最低価格帯、8千万円内外が最高価格帯となる感じでしょうか。大規模でもあるので、一層買いやすい価格水準に落ち着く可能性も期待したいところです。いずれにせよ、「東戸塚」駅久々の大規模物件に注目度は高まっています。

公式ホームページ ⇒ザ・パークハウス 東戸塚レジデンス

TOPへ


| 新築マンション 横浜市戸塚区 | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック