<< 拡大する一方の中古マンション需給のミスマッチ−所有者と購入者の根比べ | main | 天気晴朗デナクナレドモ波高シトモイヘズ−投資市況で分譲マンション市況を占う >>
ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト(新築)−3LDK2,500万円台に期待ふくらむ
JUGEMテーマ:マンション

★ 東京メトロ南北線「王子神谷」駅より徒歩15分、JR京浜東北線「王子」駅よりバス約15分「新田一丁目」バス停下車徒歩1分の場所に立地する京阪電鉄不動産分譲・長谷工コーポレーション施工・地上15階建・総戸数319戸の『ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト』です。

 アドレスは足立区新田1丁目です。新田(しんでん)は、東京都足立区の西部最西端に位置し、周囲を荒川と隅田川に囲まれています。北は荒川河川敷部分で埼玉県川口市河原町に接し、北東は荒川を挟んで足立区鹿浜・堀之内・江北、南で北区豊島、南西から西にかけて隅田川を挟んで北区豊島・神谷・王子・志茂と接しています。

 北西から南東に向けて1丁目から3丁目が配されており、本マンションの立地する1丁目は西を隅田川、北を荒川、東を環七通り(東京都道318号環状七号線)に挟まれており、幹線道路沿いであるため工場や倉庫等が多くなっています。2丁目は戸建住宅や小売店、マンションが立ち並ぶ既成市街地で、金融機関や医療機関も置かれ中心市街地を形成しています。3丁目には1990年代まで大規模工場が設置されていましたが、移転後跡地は都心に近い立地を生かした都市再生機構主導の開発事業
「ハートアイランドSHINDEN」として、大規模高層住宅街に変化しつつあります。

 江戸時代中期に、この区域の近辺に開拓が入って「鹿浜新田」が成立し、これが現在の新田につながっています。また、古くからこの区域は野新田(やしんでん)と呼ばれていました。現在の新田は旧来の鹿浜新田以外にも、荒川放水路の開削によって分断された鹿浜の一部区域と堀之内の一部区域に加えて、沼田の飛地だった地域を含んでいます。


 「王子神谷」駅から本マンションまでは徒歩15分です。同駅3番出口から北本通りを北上し、環七に出たところで右折して環七通りを歩きます。新田一丁目交差点を左折して北西に進むと、ファミリーマートを越えた左手に本マンションが立地します。

 新田エリアと言えば、新しく再開発された街として、3,000戸規模の住宅供給があり、
世代の若返りが進んだ地域です。新田エリアの人口は過去5年で13%増となり、特に小さなお子様のいるご家庭が急増してきました。分譲マンションとしては、2005年に『グランスイートハートアイランド』(3丁目、270戸)、『レーベンスクエア リハート東京』(1丁目、278戸)、2007年に『アクアテラ(東京ブルー)』(3丁目、820戸)、2008年に『レーベンリヴァーレグラセス』(1丁目、130戸)、2010年に『オーベルグランディオハートアイランド』(3丁目、250戸)と続きました。

 したがって、新田エリアの大規模物件としては、
5年ぶりの登場となります。「王子神谷」駅徒歩15分という距離は、『レーベンスクエア リハート東京』(「王子神谷」駅徒歩14分)に次いで近くなっています。バスは始発バス停で、本マンションから20mですから、こちらの方が便利かもしれません。通勤時間帯の朝7時台には17本もの便があるようです。

 近隣には公園や緑が多数あり、ファミリーマートが徒歩1分、地元密着型スーパー「ベルク」は徒歩12分です。近くには保育施設がたくさんあって午後8時半まで預けられる保育所も存在します。平成22年度新設の小中一貫校が通学校で、新田住区センターや図書館が徒歩5分以内です。

 11,000平米超の敷地には公園設置も予定され、南向きと隅田川ビュー(東向き)の3棟構成となっており、平面駐車場も広く取れています。共用施設にはスタディルーム、キッズワールド、フォレストパークなど、お子様とそのご家族に焦点を当てた施設が中心になっています。専有部は、高級マンションほどのグレードのものはないものの、普段生活する分には十分な設備が備わっています。また、防災面の装備にも配慮がなされています。

 間取りは基本田の字型で、
2LDK〜4LDK、専有面積58.82平米〜81.67平米とファミリー主体のプランニングとなっています。販売価格は2,400万円台〜4,400万円台、最多価格帯3,500万円台と、久しく見なかった水準での新築マンションが供給されます。

 上記を単純に坪換算すると、
140万円〜182万円程度となります。標準相場をごく大まかに試算すると、206万円(坪単価)×0.895(駅距離補正)×1.004(地価上昇補正)=坪単価185万円となり、上記坪単価レンジの中央値と比較すると13%程度割安との試算結果です。平均坪単価169万円台とされており、他の「王子神谷」駅周辺物件と比較するとやはり割安感を感じます。

 ともあれ、
23区物件・3LDKが2,500万円台で購入できるのは近年なかった安さで、若いファミリーでも無理なく住宅ローンを組める額に配慮がされていると言えます。住宅ローンの月々返済が6万円台でOKと試算されており、社宅以外に住むほとんどのファミリーで、現在の家賃を下回っていることでしょう。高騰するマンション市場の中での例外的物件として、ぜひマンション購入ムードに良い影響を与えてほしいものです。

公式ホームページ ⇒ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト
  

TOPへ


| 新築マンション 足立区 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック