<< 我が家もついに犬を飼います−家族とマンションを巡る気持ちの変化 | main | ついに住宅ローン金利0.35%!−「歴史的低金利」の中で確実に言えること >>
イマジンテラスプロジェクト(新築)−甥と彼女に薦めた2千万円台大規模物件

JUGEMテーマ:マンション


★ JR南武線「尻手」駅より徒歩14分(サブエントランスより)、同線「矢向」駅より徒歩15分(サブエントランスより)の場所に立地する京阪電鉄不動産、総合地所、長谷工コーポレーション分譲・長谷工コーポレーション施工・地上7階建・総戸数338戸の『イマジンテラスプロジェクト』です。

 アドレスは横浜市鶴見区江ヶ崎町です。鶴見区は、横浜市の最東端に位置し、東京湾に面しています。北は川崎市の川崎区・幸区に接し、西は横浜市の港北区・神奈川区に接します。鶴見川が区内を南に蛇行して流れ、東京湾に注いでいます。

 北東部は鶴見川と多摩川に挟まれた平地(川のまち)で、北西部は下末吉台地の東端から続く丘陵地(丘のまち)となります。湾岸部は埋立地が広がり、市境は京浜運河を越えて扇島で東京湾に接しています(海のまち)。中心市街地は「鶴見」駅周辺で、横浜市の副都心に指定されています。区内北西部には自然が残り、獅子ケ谷市民の森、神奈川県立三ツ池公園などがあります。

 「鶴見」の名は、鎌倉時代から現れ、源頼朝がここで鶴を放ったことから命名されたという伝説もあります。また一説には、「ツル」は鶴とは関わりなく「水路や河川の周辺地」を意味し、「ミ」は「周り・巡り」を意味する語で、合わせて「ツルミ」は蛇行する鶴見川の地形を表すともされています。鶴見には東洋一の規模を誇った新鶴見操車場があり、これも東洋一と言われた花月園遊園地がありました。

 本マンションのキャッチフレーズは
「アドレスは横浜、アクセスは川崎」というもので、確かに江ヶ崎町は川崎市幸区小倉との間で市界を形作っています。生活圏としては「川崎」駅を中心とする川崎エリアであり、「尻手」駅から「川崎」駅まで1駅2分のアプローチの良さがセールスポイントです。

 そして、プロジェクト名となっている「イマジンテラス」ですが、「未来までつづくコミュニティを形成するための舞台」として本マンションをとらえており、何十年先のことまで「想像」していくプロジェクトだ、ということです。実際、本プロジェクトの形成に当たっては、どんなイベントやサービスを欲するかアンケートを行っており、それが実際のソフトサービスとして実現されています。

 他方、
最寄り駅までの距離が14分〜15分かかることが最大のネックです。ただ、それは後述するように値段に反映されているものであり、「川崎」駅最寄りでバス便もある(「川崎」駅西口バス11分「江ヶ崎八幡」バス停徒歩2分)もあることと考え合わせれば、「これもアリかな」と思わせるマンションとなっています。通学区が予定されている新鶴見小学校には徒歩2分、島忠ホームズ/サミットストアまで徒歩3分という生活利便性はポイントです。

 用途区域は工業地域で、
JR新鶴見信号場跡に建設され、敷地面積は12,812.38平米あります。この広い敷地を活かして、メインテラスやストア、BBQスペース、カフェ、公園等、多彩な施設を用意、植栽も豊富で、楽しいマンションライフを予感させます。

 間取りは3LDK〜4LDKのオールファミリータイプで、専有面積は68.70平米〜85.50平米です。間取りは田の字型が基本で、4LDKはそれに廊下側に1室くっつけたような間取りになります。昔から見慣れた懐かしさを感じる間取りといっていいかもしれません。

 注目すべきは販売価格で、
2,500万円台〜4,700万円台、坪単価換算で125万円〜186万円程度となり、特に低価格帯の買いやすさは特筆ものです。私はJR南武線ユーザーでもあり、「尻手」駅にも「矢向」駅にもなじみがあるだけに駅から離れていてもお得に見えてしまいます。
 
 私の甥が今度結婚することとなり、新居を2千万円台で探していたので、思わず甥と彼女に本マンションを薦めました。例えば3LDK・専有面積68.70平米の部屋が2,580万円だった場合、フルローンで借りても金利0.775%、融資期間35年で
月々の支払いが7万円と、現在甥と彼女が2人で住んでいるアパートの家賃と同額になります。

 また、これを賃貸に出すと、
相場で月額家賃14.7万円とシミュレーションでき、この場合の表面利回りは6.8%になります。管理費等は未定ですが、転勤等により貸し出しても住宅ローンを支払ったうえで月額5万円程度は手元に残りそうです。

 マンションで駅距離14分〜15分はハンデがありますが、それを十分吸収するだけの価格水準と言えます。値上がり益を追うのではなく、
「住んでよし貸してよし」の安心感・生活充実感を第一に考えるならば、十分検討に値する物件だと考えます。

公式ホームページ ⇒イマジンテラスプロジェクト

TOPへ


| 新築マンション 横浜市鶴見区 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック