<< 売れ行き回復の兆しが見えないマンション市場−「神の見えざる手」の出番か | main | 免震と耐震では被害の差が歴然−わずかな初期コストが守る人命と資産 >>
シルエタワーヨコハマ(中古)−横浜駅西口・ゆとりと高品質の2002年築タワー

JUGEMテーマ:マンション


★ 横浜市営地下鉄ブルーライン「横浜」駅より徒歩9分、JR東海道本線、同湘南新宿ライン、東急東横線「横浜」駅より徒歩10分の場所に立地する大京&相鉄不動産旧分譲・大林組施工・2002年3月築・地上26階地下1階建・総戸数166戸の『シルエタワーヨコハマ』です。

 アドレスは横浜市西区楠町です。楠町(くすのきちょう)は、 昭和7年の横浜市の町界町名地番整理事業の施行に伴い、青木町の字台町下、東軽井沢の一部から新設された町です。昭和19年4月1日の西区新設に伴い、中区から編入されました。町名は旧町名の青木町の南であることから、青木の「木」と「南」を組み合わせて「楠」という好字(こうじ)を採りました。中央を環状1号線が通り、北東側に首都高速三ツ沢線横浜駅西口ランプがあります。

 「横浜」駅から本マンションまでは徒歩9〜10分です。同駅9番出口を出て、運河に沿ってハマボールを右手に見つつ、西に向かって歩き、新田間橋交差点に至る手前の道を右折して環状1号線に出る手前の右手に本マンションが立地しています。わずかに下り坂となるルートですが、ほぼ平坦と言っていいでしょう。

 本マンションは竣工当時、地上26階建て・高さ約80メートルの
「横浜」駅西口では一番高い超高層タワーマンションでした。また、超高層タワーが林立するみなとみらい側とは異なり地盤が堅固で、直接基礎が採用されています。さらに、制震構造とすることにより地震の揺れを3分の2に制御しています。

 タワーマンションには珍しい板状型マンションのため、
約8割の住戸が南向きとなりました。外観はオフホワイトカラーを基調とし、タワー感を際立たせる縦ラインを強調しています。1フロアあたりの住戸数は4〜9戸と少なくし、各戸の独立性とプライバシーを配慮した設計となっています。

 共用施設としては、19階にラウンジ“シーウィンド”(ゲストルーム)、パーティーが楽しめるカウンター付きキッチン、トイレ、バスルーム、洗面台などの宿泊設備も整い、ラウンジにはソファが設置されています。エントランスホールは、最大高さ5mの2層吹き抜けで、天然御影石などがメインの列柱やガラスパネルを採用、2階にはシルエ・サロン、キッズルーム(集会室)、趣味の工作が楽しめるデザイン・アトリエ(クラフトルーム)や電子ピアノ・大型テレビのあるシルエ・スタジオ(AVルーム)など、総戸数166戸という規模に比して充実しています。

 駐車場は今では考えられない100%確保で、公開空地にはケヤキ、クスノキ、ユリノキといった高木も配されています。本ブログでも時々書いていますが、本マンションのような
平成14年築物件は、低廉な資材価格・安い地価を背景に、高価な素材を贅沢に使用し、共用施設の充実した物件が多いのが特徴だと思っています。

 対象住戸は、
地上26階建て建物の25階に所在する専有面積119.04平米の3LDKです。本マンション最上階となる25階・26階は、全住戸119平米〜160平米の大型1LDK+S又は3LDKで、「ペントハウス・スペシャル住戸」と称されています。本住戸も、東南・南西・北西角に位置しており、住戸をぐるりと囲むバルコニーが圧巻です。当然眺望も素晴らしく、富士山、丘の緑、横浜港の海の遠望など、迫力あるパノラマを楽しむことができます。
 
 センターインの玄関からは広さのあるホールへと続き、南側の21.4帖のLD及び6帖の和室、北側の9.7帖洋室及び7.8帖洋室、キッチンは6.7帖もあり、中央部のゆとりある洗面所と1620サイズのバスなど、一度は住んでみたいキングサイズ住戸と言えます。ただ、収納はウォークインクローゼットはありますが、住戸の広さに比べれば案外少ないように感じます。


 販売価格は9,380万円、坪単価260万円です。各ポータルサイトで対象住戸の自動査定を行うと、『マンションナビ』では9,683万円〜10,083万円、『イエシル』では10,099万円、『ふじたろう』では8,581万円、『HOME'S不動産アーカイブ』では8,037万円〜1億423万円でした(面積等を対象住戸に合わせて補正しています)。

これらの自動査定の
平均は9,448万円、坪単価262万円となり、販売価格は0.7%割安との試算結果です。なお、対象住戸の分譲時価格は7,900万円、坪単価219万円との記録が残っています。

 「横浜」駅の周りは横浜で最大規模を誇る繁華街が形成され、高島屋横浜店や横浜岡田屋モアーズ、ルミネ横浜店など商業施設が豊富に揃っています。西口は、ムービルやイアス、ラウンドワンなどレジャー施設もあり、平日も休日も多くの人々で賑わっています。とは言え、湾岸側に比べると、開発に出遅れ感がありましたが、その再開発の機運もようやく高まりつつあります。

 今後も楽しみな「横浜」駅西口側のランドマークとして、また、今でも望めないゆとりある仕様の高品質マンションとして、
これからも資産価値が維持され続けるマンションと言えるでしょう。

 種別:中古マンション
 名称:シルエタワーヨコハマ
 価格:9,380万円 (税込)
 所在:横浜市西区楠町
 交通:「横浜」駅徒歩9分
 面積:専有119.04平米

詳細はこちら(ノムコムより)
シルエタワーヨコハマ

TOPへ


| 中古マンション 横浜市西区 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック