<< 住んでみたい街ランキング−不変の恵比寿、吉祥寺、二子玉川、横浜 | main | もしも私が家を建てたなら−時代が映す理想の姿 >>
グランリビオ ザ・レジデンス(新築)−江戸の由緒と歴史の記憶を住み継ぐ

JUGEMテーマ:マンション


★ 東京メトロ千代田線「湯島」駅より徒歩4分、同銀座線「末広町」駅より徒歩7分、JR総武線「御茶ノ水」駅より徒歩9分、東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩9分、都営大江戸線「上野御徒町」駅より徒歩9分、東京メトロ銀座線「上野広小路」駅より徒歩9分、同丸ノ内線「本郷三丁目」駅より徒歩10分、JR山手線「御徒町」駅より徒歩10分の場所に立地する新日鉄興和不動産分譲・淺沼組施工・地上14階地下1階建・総戸数121戸の『グランリビオ ザ・レジデンス』です。

 アドレスは文京区湯島3丁目です。湯島は、1丁目から4丁目まであり、2015年8月1日現在の居住人口は5,115人です。湯島聖堂、湯島天満宮(通称:湯島天神)、春日局の墓所がある麟祥院、東京医科歯科大学などが所在しています。東京メトロ千代田線「湯島」駅が本物件と同じ町内である湯島3丁目の不忍通り下、同丸ノ内線「御茶ノ水」駅が湯島1丁目の外堀通り下に設置されています。

 4丁目は民家が中心で住宅街の佇まいを色濃く残しているのに対して1丁目、2丁目はオフィス、商業ビルが中心となっており、湯島天神のある3丁目はマンションが多くなっています。1丁目に東京医科歯科大学(さらに近隣の本郷には同じく医科大学である順天堂大学や東京大学病院)があるためか、医療機器や医療器具など医療関連の会社が集積しています。

 現在の湯島4丁目に本郷区役所が存在していました。1965年(昭和40年)4月1日に住居表示を実施し、従前の湯島1丁目から4丁目に5丁目のほぼ全部、湯島新花町・湯島切通坂町・湯島両門町・湯島三組町・湯島梅園町・湯島天神町1丁目〜3丁目・湯島同朋町・湯島切通町・妻恋町・龍岡町をあわせた町域を新たな湯島1丁目から湯島4丁目に再編して現行の「湯島」となりました。湯島5丁目の一部と湯島6丁目の全部は本郷に併合されています。

 湯島という地名は、江戸時代以前、海から見るこの地があたかも島のように見えたことからついたとされています。今の不忍池が海とつながっていたらしく、湯島郷とよばれていました。


 「湯島」駅から本マンションまでは徒歩4分です。同駅5番出口から西に進み、『藤和湯島コープ』を左手に見ながら更に西に進み、NPC日本印刷の角を左折して南へしばらく歩いた左手に立地します。低地にある同駅からは上り坂となるルートです。

 これ以外にも利用できる駅は数多くあり、合計で
徒歩10分圏に10駅も存在します。都心をカバーする主要な地下鉄だけでなく、「御茶ノ水」駅徒歩9分、「御徒町」駅徒歩10分をはじめ、東京の中枢を繋ぐJR山手線や中央線、総武線も徒歩で利用可能となるマルチなフットワークです。

 この地は
江戸時代初期から、加賀藩邸や水戸藩邸をはじめ、旗本が集う武家屋敷などが軒を連ねるとともに寺社が創建され始め、次第に格式高い城下町を形成し、江戸時代の中頃には商家も建ち並ぶようになり、さらに栄えていきました。その歴史の記憶は、街の風景に残された遺構や湯島天神(徒歩4分)などの寺社仏閣に残されています。

 そして、この地は強固な地盤として知られる武蔵野台地の一部をなす
本郷台地の頂にあり、南に向け開けた開放的な立地です。海抜21メートルのこの台地の上には、東京大学(徒歩9分)や湯島天満宮など、日本を代表する歴史・文化施設やハイレベルな知、医、商の機能が集積しています。

 面積1,339.21平米の敷地に建つ地上14階建ての建物には、先進を感じさせるモダンな造形に和の趣向を取り入れ、この地にふさわしい住宅を目指しました。総戸数は121戸で、
間取り1LDK〜3LDK、専有面積40.08平米〜85.93平米となります。

 立地に躊躇する点があるとすれば、丘の上にあるだけに
駅との行き来に傾斜があること、本マンションの隣が外観の古いラブホテルであることなどでしょうか。湯島天神前の岡場所があったところでしょうから、この歴史も引き継いでいるとも言えます。

 一方、
湯島天神の参道に面しているのは資産価値としてもプラスになることでしょう。江戸からの老舗の歓楽街でもありましたから、割烹や寿司や飲み屋も多彩で飽きさせません。

 ライバルは同じ町内にある
『ディアナコート文京本郷台』(「湯島」駅徒歩2分、総戸数127戸)で、いずれも文京区では希少な大規模物件として注目を集めています。『ディアナコート文京本郷台』の平均坪単価は418万円台とされ、本マンションの価格発表は正式にはなされていませんが、高層階はほぼ億ションだったということもあり、少なくとも同程度の価格水準となりそうです。

 マンション名に地名がないのですが、
『グランリビオ』はリビオシリーズの最高級ということらしく、むしろ売主として自信と思い入れのある物件とも解釈できます。『Brillia Tower 上野池之端』(平均坪単価451万円台)を含め、最近湯島エリアのマンション販売が熱を帯びており、本マンションもその中の有力な選択肢となることでしょう。

公式ホームページ ⇒グランリビオ ザ・レジデンス

TOPへ


| 新築マンション 文京区 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック