<< もしも私が家を建てたなら−時代が映す理想の姿 | main | 値下がり地点が増加、湾岸、赤坂、白金高輪も!−不動産価格は下降曲線の入口に >>
横濱ディアタワー(中古)−元町・中華街駅直結のフルスペック・プレミアム

JUGEMテーマ:マンション


★ みなとみらい線「元町・中華街」駅より徒歩1分の場所に立地するリクルートコスモス旧分譲・鹿島建設施工・2003年8月築・地上25階地下1階建・総戸数264戸の『横濱ディアタワー』です。

 アドレスは横浜市中区山下町です。山下町は、横浜港開港に際して設置された外国人居留地を前身とします。「山下」の呼称は、同じく外国人居留地であった「山手」と呼応するものです。1883年に領事の許可があれば日本人の居留も事実上黙認されることとなり、1899年に旧外国人居留地30か町の区域に山下町が新設されました。

 同じ山下町内にある横浜中華街は、約0.2平方キロのエリア内に500店以上の店舗があり、日本最大かつ東アジア最大の中華街となっています。1866年の横浜新田慰留地から数えると150年弱の歴史をもつことになりますが、中華料理街として現在のような発展を始めたのは早くとも1955年(昭和30年)以降であり、それ以前はカフェが主でありました。


 「元町・中華街」駅からは地下通路で直結し、雨に濡れずに自宅に着くことができます。隣接するのは中華街の数ある甘栗屋の中でも優良推奨店として認定されている「聘珍大甘栗」で、本マンションにはセブンイレブンが入っています。また、JR京浜東北線・根岸線「石川町」駅も徒歩10分の距離です。ほかにもみなとみらい線「日本大通り」駅、JR京浜東北線「桜木町」駅など複数駅利用可能な立地です。

 観光地として大変有名な横浜中華街にも近接しているため、大変活気ある街並みです。周辺には中華街大通(約90m)、山下公園(約300m)、社会保険横浜中央病院(約550m)などがあるほか、スーパーマーケットの「マルエツプチ山下公園店」や「MEIDI−YA STORE山下町ストアー」や「まいばすけっと山下町店」、コンビニの「セブンイレブン横浜中華街東門店」や「スリーエフ山下町タワー入口店」、飲食店の「サンマルクカフェ横浜中華街東門店」、ドラッグストアの「くすりセイジョー横浜元町店」、レンタルショップ店の「TSUTAYA関内羽衣町店」などがあり、
毎日の買い物等にも便利な立地となっています。

 建物が密集しがちな市街地でありながら、隣の建物との間にゆとりができ、敷地内に樹木が植えられ、ベンチが置いてあったりと
余裕のある環境です。また、本マンション近くにはヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館があります。小さな小学校や幼稚園の中にあるような水族館で、約300種類のちょっと変わった魚の生態等を体感できます。

 本物件は、
2004年のグッドデザイン賞を受賞した元町・中華街エリアを代表するタワーマンションです。間取りはワンルーム〜4LDK、広さは55平米〜149平米と幅広い住戸プランが用意されており、シングル層からファミリー層までさまざまな世帯に対応しています。本マンションは高級感ある外観で、印象深い石貼のゲートを持ち、そこから風除室まで続くキャノピーにより奥行き感を生みだしています。共用施設として、ゲストルーム、ウェルネスルーム、プレイルーム、AVルームなどがあります。

 1階のエントランスには、防犯性の高いオートロックシステムを採用、来訪者は住戸内のTVインターホンで確認してから解錠ができるようになっています。ほかに、24時間荷物の受け取りが可能な宅配ボックスや入居者専用の敷地内ゴミ置き場、駐輪場も完備しています。
管理体制は良好です。また、最上階となる25階にはスカイラウンジを設けており、南には横浜港の安らぎの風景、北には丘陵地帯に広がる風景、東には横浜の都心の賑わい、西には山手の街並みが楽しめます。

 対象住戸は、
地上25階建て建物の24階に所在する専有面積148.59平米の4LDKです。分譲区画としては最上階のプレミアム住戸で、南西・北西角住戸につき陽当り・通風良好です。24階部分につき眺望良好で、みなとみらい・横浜港・富士山を望むことができ、夏には花火が目前に広がります。

 間取りは18.5帖のリビング、5.3帖のダイニング、4.3帖のキッチンをはじめ、12帖の主寝室、10.8帖及び8.3帖の洋室、6帖の和室など、さすが
プレミアム住戸のゆとりです。浴室は1620サイズで普通ですが、パウダールームは2ボウル、カウンター付トイレ、ウォークインクローゼット2つ、シューズインクローゼット、間取りに沿って広がったワイドなバルコニーなど、申し分ありません。

 管理費月額27,500円、修繕積立金月額28,800円かかりますが、管理費は平米単価では185円と、むしろ安いといえます。このほか、町内会費が月額200円、駐車場が空きありで、月額21,000円〜33,000円です。

 販売価格は1億6,500万円、坪単価367万円です。各ポータルサイトで対象住戸の自動査定を行うと、『マンションナビ』では1億3,712万円〜1億4,111万円、『イエシル』では1億753万円、『ふじたろう』では1億2,005万円、『HOME'Sプライスマップ』では1億944万円〜1億4,239万円でした(面積等を対象住戸に合わせて補正しています)。

 これらの
自動査定の平均は1億2,316万円、坪単価274万円となり、販売価格は34.0%割高との試算結果です。しかし、本計算には分譲最上階プレミアムの価格設定を考慮されておらず、実態を表していないかもしれません。

 中華街の近くで人通りが多く、敷地内のゴミなども多いはずなのですが、
周囲も含めてこまめに清掃が行われ、清潔感が保たれています。夜8時まで常時3名体制のコンシェルジュなどサービスも手厚く、従来のタワーマンションの良さを残しています。価格は張りますが、一度見てみたいマンションです。

 種別:中古マンション
 名称:横濱ディアタワー
 価格:1億6,500万円 (税込)
 所在:横浜市中区山下町
 交通:「元町・中華街」駅徒歩1分
 面積:専有面積148.59平米

詳細はこちら(ノムコムより)
横濱ディアタワー

TOPへ


| 中古マンション 横浜市中区 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック