<< 「この物件、実は…」−事故物件は未来永劫「告知事項有り」なのか | main | 売り切れなかった値引き物件−閉塞感漂うマンション市場 >>
(仮称)三鷹駅直結タワープロジェクト(新築)−人気要素満載で強気の価格設定か

JUGEMテーマ:マンション


★ JR中央本線・総武線「三鷹」駅より徒歩1分の場所に立地する相鉄不動産&三菱地所レジデンス分譲、五洋建設施工、地上26階地下2階建・総戸数184戸(事業協力者住戸39戸含む)の『(仮称)三鷹駅直結タワープロジェクト』です。

 アドレスは三鷹市下連雀3丁目す。下連雀(しもれんじゃく)は1丁目から9丁目まであり、三鷹市の北部に位置します。北部は武蔵野市御殿山、同市中町、西部は上連雀、南部は野崎、新川、東部は牟礼に、それぞれ接しています。武蔵野台地にあり、玉川上水の流れに接しています。

 本地域の大半は住宅街ですが、「三鷹」駅南口付近や幹線道路沿いに商業地もあり、日本無線三鷹製作所やJCBカードセンターなどの事業所も見られます。三鷹市内で最も地価が高いところでもあります。

 1657年(明暦3年)1月の明暦の大火による神田連雀町(現在の千代田区神田須田町・神田淡路町付近)の被災者の移住地として1658年(万治元年)に神田連雀新田として開墾されたことに由来します。「連雀」とは小板を使った背負子のことで、江戸神田のその職人仲間が住んでいた町を連雀町と呼んでいたことが連雀の名の由来とする説もあります。

 1700年前後に新田開発の進捗とともに、連雀新田が連雀村と称され、京都(朝廷)に近い方を「上」と称し、江戸方に近い方を「下」と称す慣習により上連雀村に対して下連雀村となりました。


 「三鷹」駅南口から本マンションまでは徒歩1分で、ペデストリアンデッキにより駅に直結し、雨の日でも濡れずに駅まで行き来することができます。「三鷹」駅は、特快停車駅で、東西線始発駅でもあって、その利便性は中央線の中でも群を抜く存在です。三鷹駅南口西側中央地区再開発事業の一環で、平成16年の「まちづくり勉強会」の発足に端を発し、約13年もの構想の下に実現されるものです。本マンション下層階には商業施設やオフィスが入る予定となっています。

 地上26階建は、1970年から現在に至るまでに三鷹市で分譲された新築マンション217物件の中で
最高層となります。「三鷹」駅のランドマークタワーと言えば同駅北口徒歩2、3分の『武蔵野タワーズスカイゲートタワー』と『武蔵野タワーズスカイクロスタワー』があり、これらは階数がそれぞれ31階と28階なのですが、武蔵野市アドレスですので、このような「三鷹市最高層」というセールスが可能となっています。

 南口側の駅構内には
「アトレヴィ三鷹」があり、南口を基点に始まる「三鷹中央通り商店街」は、60年以上、地域に密着して営まれてきた歴史を有するとともに、約350メートルの通りの両側に100店舗を超える様々なお店が並んでいます。

 間取りは1LDK〜3LDK、専有面積40.06平米〜90.66平米で、現在判明しているHP情報だとタワー南東角、南西角に3LDKが配されています。全般に大きな専有面積の住戸が多く、JR中央線沿線にお住いの富裕ファミリー層をターゲットにしているように見受けられます。

 販売価格は今のところ未定です。指標としては、9年前に分譲された上記
『武蔵野タワーズ』の分譲時平均坪単価が383万円、3年前に分譲された『プラウドタワー立川』の分譲時平均坪単価が329万円、昨年分譲された『シティタワー国分寺』の分譲時平均坪単価が390万円といったところでしょうか。

 高い利便性を誇る「三鷹」駅直結徒歩1分の再開発タワー物件と、
人気要素をことごとく盛り込んだ本物件は、販売戸数も145戸とタワー物件にしては限られていることから、多少強気の価格設定でもあっさり完売できるポテンシャルがあります。平均坪単価が400万円を超えるのは確実と考えますが、各戸の専有面積が広く、グロスが張るだけに、どの程度まで単価を伸ばせるかが焦点なることでしょう。

TOPへ


| 新築マンション 三鷹市 | 20:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック