<< (仮称)三鷹駅直結タワープロジェクト(新築)−人気要素満載で強気の価格設定か | main | プライムアリーナ新百合ヶ丘(中古)−洗練の街で割安感ある築浅大型3LDK >>
売り切れなかった値引き物件−閉塞感漂うマンション市場

JUGEMテーマ:マンション


★ 4月18日付SUUMOジャーナルによれば、不動産経済研究所は同月17日、2017年3月度・首都圏の「マンション市場動向」を発表しました。

 3月の新規発売戸数は3,408戸で、対前年同月(2,693戸)比26.6%増、対前月(2,310戸)比47.5%増です。地域別発売戸数は東京都区部1,369戸(全体比40.2%)、都下720戸(同21.1%)、神奈川県642戸(同18.8%)、埼玉県367戸(同10.8%)、千葉県310戸(同9.1%)で、東京都のシェアは61.3%でした。

 新規発売戸数に対する契約戸数は2,255戸で、
月間契約率は66.2%です。前月の68.4%に比べて2.2ポイントダウン、前年同月の67.6%に比べて1.4ポイントダウンとなりました。地域別契約率は都区部73.6%、都下41.4%、神奈川県78.8%、埼玉県68.1%、千葉県62.3%です。

 1戸当り平均価格、1平米当り単価は、5,588万円、79.0万円でした。2017年2月は5,793万円、85.2万円でしたので、
前月比総額では205万円(3.5%)のダウン、平米単価は6.2万円(7.3%)ダウンしています。地域別平均価格・1平米当り分譲単価は、東京都区部6,628万円・96.8万円、都下5,121万円・70.3万円、神奈川県5,294万円・73.6万円、埼玉県4,559万円・62.9万円、千葉県3,902万円・54.5万円でした。

 即日完売は69戸(全体の2.0%)で、フラット35登録物件戸数は3,235戸(同94.9%)でした。

 以上がSUUMOジャーナルの記事の概要です。本記事は、不動産経済研究所の4月17日付のプレスリリース『首都圏のマンション市場動向−2017年3月度−』が基になっていますので、以下その内容を見ていくこととします。

 まず、3月の発売戸数は3,408戸で、一昨年の4,457戸には及ばないものの、
昨年の2,693戸と比較すれば大幅に増えています。発売戸数が前年同月より多いのは2か月連続であり、昨年のマンション発売戸数の低迷からはようやく脱しつつあるのかもしれません。

 ただ、一方では、昨年は発売を見合わせていたものが、もうそういうわけにはいかないと、やむなく発売している可能性もあります。契約率は66.2%で
3か月連続で好不調の分かれ目とされる70%を下回っているのは気になるところです。この発売戸数の増、契約率の悪化の主たる原因は、都下エリアの発売戸数が前月比122.9%と大幅に増加した割には契約率41.4%と振るわなかったことが影響しています。

 発売戸数が増えて、契約率が振るわなかった分、
在庫が増加し、前月比155戸増の6,749戸となりました。前月に在庫数が減ったことで、前年レベルまで在庫数が消化できるかが注目点でしたが、再び前年同月(6.039戸)の在庫数と乖離が出てきました。期末までの完売を目指した値引き物件が売り切れなかったことも数値に現れているのでしょう。

 タワー物件については発売戸数が41.0%減少し、14物件187戸でした。契約率も62.6%と、低空飛行を続けています。

 当初の予想通り、
本年はこのシーズンにおいて昨年、一昨年に比べて分譲マンションの値引きが目立ちました。このような期末の値引きは過去にも見られましたが、以前は「次へ行くための前向きな値引き」だったのに対し、今は「次も売れるかどうかわからない後ろ向きの値引き」のような気がします。マンション市場全体に閉塞感が漂う中、今年も春商戦たけなわとなるゴールデンウィークを迎えようとしています。

『分譲マンション・アップデート』へ


| 市場動向 | 19:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
ご無沙汰しています。いつも楽しく読ませていただいております!
いよいよ武蔵小山駅前の三井不動産と旭化成のタワーマンションの案内がスタートしそうです。どれぐらいの価格設定なのか興味深々です。400-500万円のレンジかなと想像していますが、いかが思われますか?
しかし、今思うと、プラウドタワー立川は安かったですね。あの時は都心が買える価格と思ったのが懐かしいです。
| こすもす | 2017/04/19 11:11 PM |
こすもすさん、こんにちは!
コメントどうもありがとうございます。

「武蔵小山」駅徒歩1分のタワーマンション、
わくわくしますね!
現在販売中の『インプレストコア武蔵小山』が
「武蔵小山」駅徒歩7分で平均坪単価400万円ですので、
これを基礎として試算すると坪436万円、
ただ駅近大規模タワマンのプレミアが付くと思われます。

一方、『Brillia Tower 目黒』が坪600万円でしたから、
これが心理的にも上限となるのでしょう。

ネットの掲示板を見ると坪500万円、
あるいは坪500万円オーバーの予想が多いようですね。

おっしゃるとおり、
『プラウドタワー立川』の価格で驚いたのが
ついこの間だったのに、
ずいぶん時が経ったように感じます。

今後ともどうかよろしくお願い申し上げます!
| coralisland | 2017/04/21 8:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック