<< 都心一等地で利回り10%を実現!−不動産投資における素人の強み | main | 野村不HDの来期は純利益6%減の見通し−そこに反転攻勢の希望はあるか >>
目黒プラザ(中古)−昭和の良きヴィンテージマンションを次世代へ引き渡す

JUGEMテーマ:マンション


★ JR山手線「目黒」駅より徒歩3分の場所に立地する中央土地旧分譲・西松建設施工・地上16階建・総戸数102戸・1971年1月築の『目黒プラザ』です。

 アドレスは品川区上大崎2丁目です。上大崎は、品川区の北部に位置し、港区・目黒区・渋谷区との区境に接します。「目黒」駅が目黒区ではなく、本マンションと同じ品川区上大崎にあるのはよく言及されています。上大崎では山手線の線路が縦断しており、また地域内を東西に目黒通りが通っています。

 「目黒」駅との複合施設であるアトレ目黒をはじめとして、周辺には駅前としての商業施設が見られ、同駅周辺以外はビルやマンション、住居などが混在しています。上大崎1丁目付近は白金台や池田山に隣接し、本マンションの所在する上大崎2丁目付近は高速道路脇の通称
「(白金)長者丸」、上大崎3丁目付近は大使館が多く集まる通称「花房山」と呼ばれているなど、高級住宅地としても知られています。

 「目黒」駅から本マンションまでは徒歩3分です。同駅東口を出て北に進み、都道312号線を横断してさらに進んだ右手に所在します。「目黒」駅は高台にあるため、経路が坂道となることが多いのですが、本マンションの場合はフラットな道のりで歩きやすいのも特徴です。東京ラブストーリーのロケ地となった「白金桟道橋」もすぐ近くです。

 また、「目黒」駅周辺には
東急ストアをはじめ、アトレ目黒、成城石井、総合病院厚生中央病院、国立自然教育園などがあり、生活利便施設が充実しています。コンビニは、サークルKサンクスが徒歩3分、ファミリーマートが徒歩4分で、目黒駅前郵便局へは徒歩7分です。

 周りに高い建物がないため、本マンションは一際
存在感を放ち、築47年という築年数を感じさせない白の吹き付けタイル外観と、規則的で躍動感あるデザインが目立ちます。全戸南東向きであり、エントランスまでのアプローチはタイル張りの階段で、スロープも付いていてバリアフリーです。エントランスホールの壁にはアクセントがあって洒落ており、内廊下方式で赤い絨毯敷きです。管理人は常駐でセキュリティ面も安心できます。

 そして、今となっては珍しいのですが、
屋上に洗濯物干場があるそうで、昭和の古き良き時代を満喫できます。東京湾大花火大会を皆で屋上で見物する会もあるそうです。平成24年に大規模修繕も完了しました。各フロアにごみ収集サービスがあるのも便利です。なお、管理費が平米当たり519円と高めですが、これにはセントラルヒーティングシステムの費用なども含まれています。

 対象住戸は
地上16階建て建物の9階に所在する専有面積58.42平米の1LDK+Sです。南東向きで日当り良好、サンルームのスペースがあるくらい日照には恵まれています。LDKは18帖、洋室は5.2帖で、2.6帖の納戸(サービスルーム)があります。間取りはシンプルですが、現在室内はリノベーション中ですので、出来上がりが楽しみです。

 販売価格は4,330万円、坪単価245万円です。各ポータルサイトで対象住戸の自動査定を行うと、『マンションナビ』では3,948万円〜4,251万円、『マンションマーケット』では2,417万円〜2,669万円、『ふじたろう』では3,038万円、『HOME'Sプライスマップ』では3,266万円〜4,270万円でした(面積等を対象住戸に合わせて補正しています)。

これらの
自動査定の平均は3,362万円、坪単価190万円となり、販売価格は28.8%割高との試算結果です。リノベーションの費用も込みなのでしょうが、それでもやや高いといえます。

 ただ、『Brillia Tower 目黒』で火が付いたこともあり、
「目黒」駅周辺に住みたいという人が最近増えています。その中にあって同駅徒歩3分でしかもフラットに行ける本マンションは希少で、白亜の印象的な外観とあいまって、目黒のシンボリックなヴィンテージマンションと言っても過言ではありません。

 本マンションの取引事例は多く、
長年売買や賃貸により住み継がれてきたマンションです。昭和の香りがする本マンションを次の世代に引き継いでいく、そんな理想的なマンションの姿がここにあります。

 種別:中古マンション
 名称:目黒プラザ
 価格:4,330万円 (税込)
 所在:品川区上大崎2丁目
 交通:「目黒」駅徒歩3分
 面積:専有面積58.42平米

詳細はこちら(ノムコムより)
目黒プラザ

TOPへ


| 中古マンション 品川区 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック