<< シティテラスひばりが丘(新築)−坪150万円台からのファミリータイプは用途大 | main | コープフェニックス(中古)−坪単価78万円の1LDK、自己使用も投資用も満足空間 >>
海外生活経験者が最も少ない日本−たくましさの欠如が東京を選ばせる?

JUGEMテーマ:マンション


★ 先日、渋谷駅の地下連絡通路をうろうろしていると、一人の外国人女性に呼び止められました。

 "Excuse me."

 緊張の瞬間です。失礼ながら、これは新手の詐欺まがいのセールスか(学生時代に渋谷駅連絡通路で引っかかったトラウマです)と思いましたが、単に道を聞きたいだけで、「山手線に乗るにはこの地下通路をどのように行ったらよいか」という質問でした。

 ほっと安心したものの、悪名高い渋谷駅の地下ダンジョンで、しかも私の乏しい英語力で、簡単に説明できるはずがありません。しかし、ここで、


 "I don't know"

と言ってしまって、「オオ、日本人ハ道ヲ聞イテモ教エテクレナイ!」と、日本人の印象を悪くさせるわけにはいきません。私は進退窮まりました。

 "You had better...go upstairs."

とにかく地下通路なんか説明できないので、まず地上へ上がれと言ってしまいます。

 "And...cross the road (本当は横断歩道渡れと言いたいんだけど何と言うんだっけ)...and...go to hachiko."

 今や東京に来る外国人には通ずるであろう「ハチ公に行け」としか言えませんでした。JR「渋谷」駅の場所とはずれており、これで役に立ったか、それとも諦めて他の人に聞き直したかはわかりません。冷や汗モノの出来事でした。

 それにしても、
日本に来る外国人が本当に増えました。先日、久しぶりに銀座に行ったら、そこは私の知っている銀座とは全く別の街になっており、行き交う人も過半は外国人だったかもしれません。渋谷も、半分とは言いませんが、外国人の占める割合がかなり大きくなっています。渋谷の「いきなり!ステーキ」の店の前で入ろうかどうしようか迷っている欧米人の群れを見た時は、「本当に日本は変わったな」と衝撃を受けました。

 私も学生時代にバックパッカーで2週間単位で中国やヨーロッパを旅行しましたが、その時出会った欧米人のバックパッカーの旅行はそんなレベルではなく、
半年でも1年でも身一つで世界を旅していました。移動に関する「たくましさ」という意味では、日本人はとても叶いません。

「人の移住範囲の国際比較」という調査が2008年に行われているのですが、日本は、「さまざまな国で暮らしてきた」という割合が、調査対象40カ国の中で最も低く、1.1%しかありません。逆に最も高い国がスイスで、この割合が35.2%に達し、実に人口の3分の1強が海外生活経験者ということになります。スイスといえば、私達の頭の中には、「アルプスの少女ハイジ」で植え付けられた牧歌的なイメージしかないのですが、実は最も国際的に開けた国だったのです。

 一方、これも意外だったのですが、
日本は、「ずっと同じ市や町で暮らしてきた」割合の高さが、40カ国中9位と結構高いのです。しかも上位は、アジア・中南米・東欧等が占めており、米国・英国・フランス・イタリア・ドイツなど、主要先進国の中では例外的にふるさとにとどまる割合が高くなっています。

 これは、東京一極集中が大問題になっている日本の常識からかけ離れた結果で、頭が混乱してしまいます。しかし、感じるのは、
日本人は海外に出ない分、東京に出てきているのではないか、ということです。また、そこに「たくましさ」が欠けているため、何となく皆がそうするから、付和雷同的に東京へ、東京へ、という動きになり、それに逆行する動き(東京から地方へ)が成り立ち難いのではないか、とも思います。

 マンションも郊外型がますます衰退し、都心型がますます人気を呼んでいます。これが嵩じすぎて都心マンションがとても買えない値段になってしまいましたが、かといってその需要が郊外へ戻っているわけではありません。生活環境の比較では、都心と郊外ではそれぞれ良さがあるのですが、これも付和雷同的に郊外の良さが不当に低く見積もられている気がします。

 ごんごんと自分の力で歩き回る
外国人の強さを街角でよく見かけるようになって、日本人のマンションの買い方はやはり日本人的なのだろうなあ、とあらためて思ったのでした。

『分譲マンション・アップデート』へ


| ノウハウ・経験談 | 21:24 | comments(4) | trackbacks(0) |
Comment
いつも拝読させていただいています。
農耕民族と狩猟民族のDNAの違いでしょうかね。
農耕は同じ場所で耕作して命を繋ぎ、
狩猟は良い狩場を探して命を繋ぐという、あれです。
それを東京一極化につなげる発想が面白かったです。
西洋化とDNAが相反して、このままでは日本が破綻してしまうような不気味さも感じますね。
| ところてん | 2017/06/12 9:34 AM |
ところてんさん、こんばんは!
コメントどうもありがとうございます。

確かに農耕民族と狩猟民族の違いかもしれません。
土地に執着するのも農耕民族のDNAでしょうか。
世界はもっと大きいのに、可能性を自ら捨てているのが
国力の衰えてきた日本には
余計ダメージを与えているように思います。

今後ともどうかよろしくお願い申し上げます!
| coralisland | 2017/06/12 11:02 PM |
coralislandさん、こんにちは。

渋谷勤めのこともあり私も国籍を問わず多くの方に道を聞かれることが増えてきました。
以前は、拙い言葉(英語、日本語を問わず(笑))にて説明するようにしておりましたが、最近は、詳細な説明をしても伝わりきらなかったり、伝えきれなかったりするため、全てを説明することをあきらめ『向こうまで行って同じ質問をその辺の人にしてくれ』とお願いしています。

農耕民族のDNAゆえなのでしょうか日本人は、必要性を感じなければ余り移住を好まない民族のような気がします。
日本から海外へ、地方から東京へ。
職がないから移動しているのではと感じます。

今後の日本は人も企業も増々東京一極化が進むと予想されています。東京で生き残るたくましさ、東京でチャレンジするたくあましさが求められる時代になってくるのではないでしょうか。
| ゆっきー | 2017/06/13 7:39 AM |
ゆっきーさん、こんばんは!
コメントどうもありがとうございます。

東横線ユーザーの私は、
「街に出る」となれば渋谷です。
新しくなったドンキホーテにも
外国人がいっぱいいて、
「ここはどこの国?」といつも思います。

昭和40年代を知っているわけではありませんが、
今は高度経済成長期でもないのに、
東京への人の流れが
その頃に回帰してしまったかのようです。
人口の増えている頃なら、
それでも地方は困ることはなかったのですが。

これからもどうかよろしくお願い申し上げます!
| coralisland | 2017/06/13 11:55 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック