<< 中古マンションが売手市場から買手市場へ?−「あせらずに待つ」ことが肝要か | main | なるほどリバースモーゲージ−東京で働くサラリーマンにはやっぱり無縁かも? >>
パークコート代々木初台(新築)−初台の邸宅街に本格低層パークコート

JUGEMテーマ:マンション


★ 京王線「初台」駅より徒歩8分(メインエントランスまで9分)、同線「幡ケ谷」駅より徒歩9分、小田急小田原線・東京メトロ千代田線「代々木上原」駅より徒歩13分の場所に立地する三井不動産レジデンシャル分譲、安藤・間施工、地上3階地下1階建・総戸数46戸の『パークコート代々木初台』です。

 アドレスは渋谷区初台2丁目です。初台は、渋谷区の北部に位置し、町域北端の一部は新宿区(西新宿)との区境にあたります。町域の北部は甲州街道を境に渋谷区本町に、東部は山手通りを境に渋谷区代々木に接しています。町域の西から南西にかけては渋谷区西原に接し、南端は渋谷区元代々木町に接しています。地域内の多くは住宅街で、甲州街道沿いを中心とした駅周辺はオフィスビルも多くなっています。

 地名の由来としては、代々木村に太田道灌が作った8か所の砦のうち、一の砦(狼煙台)のあった場所から初台と呼ばれるようになったといわれていますが、これとは別に、徳川秀忠乳母・初台局領地であったとの説もあります。


 「初台」駅から本マンションまでは徒歩8分です。同駅南口を出て、>玉川上水緑道を幡ヶ谷方面へと歩き、『ライオンズプラザ初台グランフォート』の角を左折して南下し、『プラウド代々木初台』を左手に見つつ、さらに南へと歩いた左手に所在します。同駅南口からすぐ南下すれば、商店街「初台商盛会」の中を歩くことができますので、通勤通学の買い物に便利です。

 同駅からは
ほぼフラットな道のりで、標高約40メートルの高台にあって災害にも安心、しかも南傾斜ですので日照に恵まれ、最上階からの眺めは格別です。初台は、新宿2km圏であり、渋谷(約2.8km)や原宿(約2.6km)、表参道、代々木(約2.0km)にもほど近いロケーションです。一方、価格の安さで定評のあるオーケーストアにも徒歩6分です。

 「初台」駅直結の
「東京オペラシティ」には徒歩11分、「新国立劇場」には徒歩10分です。通学区である「区立幡代小学校」は徒歩4分、「区立代々木中学校」には徒歩5分とお子様の通学にも便利です。休日には徒歩15分の代々木公園へ足を伸ばせば大いにリフレッシュすることでしょう。

 元々は
富裕な個人邸があったところで、周りも大きな邸宅が多いためでしょうか、ここにマンションブランドで最も人気の高いものの一つである「パークコート」を冠する低層マンションが誕生することとなりました。日本六古窯のひとつである常滑で焼き上げた重厚感ある二丁掛け・櫛引模様のタイルを纏い、フォルムを複雑に雁行させることによって陰影を豊かにし、表側は邸宅の高級感ある外観に仕上げています。

 間取りは2LDK〜3LDK、専有面積63.12平米〜91.93平米です。今回の間取りの特徴は、玄関、ホール、水廻りなど、通常は居室重視でコンパクト化される部分をあえて広く取ることにより、間取りにゆとりをもたらしている点です。

 建物は今月中旬に完成予定で、販売開始は8月中旬より、入居は12月中旬が予定されています。いわゆる竣工売ですが、販売価格についての情報はまだネット上では見当たりませんでした。同じ町内で現在最終の先着順販売を行っている売主フージャースコーポレーションの『デュオヴェール渋谷初台』(「初台」駅徒歩8分)の平均坪単価が390万円台でしたが、最大手デベの高級ブランド『パークコート』である以上、これより大幅に高い水準であることを覚悟しておいた方がいいでしょう。

 本エリアは
知る人ぞ知る邸宅街とされ、かつ、商業施設・文化施設・教育施設を含め利便性の高い場所でもあります。生活に余裕がないと買えない雰囲気がありますが、久々の低層パークコートの登場に興味は尽きないところです。

公式ホームページ ⇒パークコート代々木初台
 
TOPへ


| 新築マンション 渋谷区 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック