<< 23区住宅地価で10期ぶりのマイナス転換−ゆるやかな下落トレンドが継続か | main | 今後予定される都心タワマン大量供給!−広がるマンション格差と一縷の望み >>
ロイヤルシーズン白金台(新築)−坪400万円台から購入できる都心一等地レジデンス

JUGEMテーマ:マンション


★ 東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅より徒歩6分、都営浅草線「高輪台」駅より徒歩7分、JR山手線・東京メトロ南北線・都営三田線・東急目黒線「目黒」駅より徒歩13分の場所に立地する末長企画&末長組分譲・末長組施工・地上6階(建築基準法上は地上3階・地下3階建)・総戸数18戸の『ロイヤルシーズン白金台』です。

 アドレスは港区白金台3丁目です。白金台は、港区の西南端に位置し、西部で渋谷区恵比寿・品川区上大崎・東五反田に隣接し、東部で高輪に、北部で白金にそれぞれ接し、目黒通りと外苑西通り・桜田通り(国道1号)沿いには商店・マンションが点在しています。町内には、歴史的建造物が所在する明治学院があります。

 白金は、応永年間、南朝の国司であった柳下上総介が当地を開墾し、白金村を開いたことに始まります。柳下上総介は、大量の銀(しろかね)を保有していたために白金長者と呼ばれるようになり、これが町名の由来となっています。1651年(慶安4年)に現在の目黒通り沿いに形成された町屋が白金村より分離し、白金台町が成立しました。

 近年は高所得の住民も住むようになって、その専業主婦はマスコミにより「シロガネーゼ」として取り上げられるようになりました。平成12年9月26日には東京メトロ南北線・都営三田線「白金台」駅が開業し、利便性が高まって、ますます魅力ある土地となっています。

 港区白金台の一帯は武蔵野の台地に位置しており、周辺に活断層は確認されておらず、液状化も心配ありません。また、東京都の作成した「あなたのまちの地震危険度」によると、関東大震災級の地震が発生した場合の白金台周辺の地盤の揺れは、他の地域に比べ小さいとされています。


 「白金台」駅から本マンションまでは徒歩6分です。同駅1番出口から「目黒」駅方面へと歩き、プラチナドンキホーテの手前を左折、住宅街の中を入っていって、『メゾンヴェール白金台』の角を左折して直進した左手に位置します。このほか「高輪台」駅から徒歩7分、「目黒」駅から徒歩13分と、3駅5路線が使えるバランスの良いロケーションです。

 日常のお買い物は、
プラチナドンキホーテに徒歩5分、いなげやに徒歩6分、マルエツプチに徒歩7分と、都心ブランド立地にもかかわらず、困ることはありません。区立白金小学校は徒歩8分の距離です。

 売主・施工の
末長グループは、溝の口を本拠地とし、売主・施工を一貫して行うゼネコンかつデベロッパーとして、半世紀の時を重ねてきました。本物件と同様、地価が相対的に安い傾斜地を取得し、この傾斜に沿ってマンションを建築することにより比較的安価にマンションを供給することで好評を博しています。

 末長組は、従来高級マンションによくとられた手法で、日照・痛風に優れる
雁行型マンションをよく採用しており、これに伴って間取りもユニークかつ多彩となり、嗜好に合えば満足度の高いマンションとなります。本マンションについてもシンプルな田の字型プランはなく、じっくりと選びたくなる間取りばかりです。

 設備は、天然御影石のワークtトップ、食器洗い乾燥機、ディスポーザー、コンベック、陶磁器タイル貼りのバスフロア、タンクレストイレなど高級仕様です。フローリングはあえて無垢のチーク材を用い、廊下・玄関は天然大理石とするなど、大手デベロッパーのハイクラスブランドに負けないレベルを有しています。

 第1期販売は4戸の売出しで、間取り2LDK〜2LDK+S、専有面積64.04平米〜82.81平米に対し販売価格8,080万円〜17,680万円、坪単価417万円〜706万円程度です。このほか、末長グループは現在、『ロイヤルシーズン池田山』(「五反田」駅徒歩6分)や『ロイヤルシーズン赤坂』(「青山一丁目」駅徒歩5分)といった都心一等地で果敢に販売を実施しています。

 「池田山」物件は坪単価403万円より、「赤坂」物件は坪単価456万円台からと、最低坪単価はいずれも立地に比して安く売りに出されています。ブランド力は東京ではあまり強くありませんが、価格・立地重視の購入検討者にはうってつけの物件と言えるでしょう。 

公式ホームページ ⇒ロイヤルシーズン白金台

TOPへ


| 新築マンション 港区 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック