<< 騰落率ゼロ地点が増加−ますます強まる中古マンション市場の停滞感 | main | 大雪の日に思う都心立地−レベルが異なる安心と安全 >>
ジェナール読売ランド前(中古)−駅徒歩1分、築22年、50平米超が1,350万円!

JUGEMテーマ:マンション


★ 小田急小田原線「読売ランド前」駅より徒歩1分の場所に立地する地上5階建・総戸数15戸・双葉建設旧分譲・間組施工・1995年4月築の『ジェナール読売ランド前』です。

 アドレスは川崎市多摩区西生田1丁目です。多摩区は、川崎市の最北端に位置します。都内との交通網が発達しているため、川崎中心部との商業的なつながりは薄くなっています。北は多摩川を境に東京都と接し、南には多摩丘陵が広がり、生田緑地は市民の憩いの場となっています。多摩川梨の生産でも有名です。

 多摩区では、登戸・向ヶ丘遊園・生田・稲田堤周辺は学生街と繁華街の色彩が強く、多くの飲食店が存在し、雑誌等で紹介される飲食店が多いため「B級グルメ激戦区」と称されることもあります。スリオンテック(現・マクセルスリオンテック)、日本エー・エム・ピー、高和電気工業などの工場や情報センターなどが多摩川沿いにあり、またかつては昭和エーテル、日本板硝子、キトー、三菱レイヨンなどの工場もありました。


 「読売ランド前」駅から本マンションまでは徒歩1分です。同駅北口から西に歩き、『アザレ読売ランド』の角を右折して住宅街の中へ入っていくルートです。「百合ケ丘」駅からは徒歩15分です。

 周辺は緑に囲まれた戸建てとマンションが建ち並ぶ住宅街で、川崎生田郵便局が徒歩2分(約150m)、ファミリーマート衣屋読売ランド駅前店が徒歩4分(約300m)と近くにあり便利です。最寄りの「読売ランド前」駅周辺には深夜まで営業の生鮮食料品も揃うスーパーがあり、夜遅い帰宅時でも買い物ができます。ただし、商店街は同駅の反対側なので、横断歩道や歩道橋を渡る必要があります。

 教育環境では、
保育所2箇所が徒歩圏内にあります。生田小学校が徒歩21分(約1,610m)、生田中学校が徒歩26分(約2,030m)と、こちらは距離があります。公園では、生田南大作公園が徒歩6分(約450m)のところにあります。

 本マンションの外観は、
明るいベージュ系の5階建てタイル貼りです。南傾斜立地につき日当り良好で、南向きと西向き中心に住戸が配置され、間取りは40平米台〜50平米台の2DK〜3DKがメインとなっており、DINKSやファミリー向けのプランニングです。

 対象住戸は、
地上5階建て建物の3階建てに所在する専有面積53.46平米の2SDKです。掲載ページに間取りがないので詳細は不明ですが、ちょうど同じ専有面積の2階住戸が1LDKにリフォーム済で約1千万円高い価格で販売されています。これをみると、おそらくは南向きの縦長の整形住戸で、玄関から左手に水廻り、右側に居室スペースがある模様です。室内写真を見るとこのままでも住めそうですが、自分で住むのであればリフォームを前提に考えた方が良さそうです。

 販売価格は1,350万円、坪単価83万円です。各ポータルサイトで対象住戸の自動査定を行うと、『マンションナビ』では1,775万円〜1,977万円、『イエシル』では1,357万円、『マンションマーケット』では1,251万円〜1,382万円、『ふじたろう』では1,265万円でした(面積等を対象住戸に合わせて補正しています)。これらの自動査定の平均は1,454万円、坪単価90万円となり、販売価格は7.2%割安との試算結果です。

 外観写真を見ると、植栽を含め築年数の割にややさびしい感じです。ただ、
この価格帯、築年数で、駅徒歩1分の駅近に住めるのはやはり目を引きます。管理費は月額13,000円、修繕積立金は月額10,000円とまずまずで、住居費をセーブしながら便利に住めるマンションとして検討できる物件です。

 種別:中古マンション
 名称:ジェナール読売ランド前
 価格:1,350万円 (税込)
 所在:川崎市多摩区西生田1丁目
 交通:「読売ランド前」駅徒歩1分
 面積:専有面積53.46平米

詳細はこちら
ジェナール読売ランド前

TOPへ


| 中古マンション 川崎市多摩区 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック