<< 人間は忘れる動物である | main | 最安は『シティタワー白金』の坪420万円台−現在の港区のマンション販売状況 >>
アデニウム押上アーバンイースト(中古)−駅近・築浅・3LDK・3千万円台の好条件

JUGEMテーマ:マンション


★ 東武亀戸線「小村井」駅より徒歩2分、JR総武線「平井」駅より徒歩17分の場所に立地する地上9階建・総戸数52戸・ジョイント・レジデンシャル不動産旧分譲・青木あすなろ建設施工・2012年1月築の『アデニウム押上アーバンイースト』です。

 アドレスは墨田区立花4丁目です。立花は、墨田区の東端部に位置し、北で東墨田、東で旧中川を挟んで対岸に江戸川区平井、南で江東区亀戸、西は文花及び八広に接しています。町域の東辺を旧中川をもって墨田区-江戸川境、南辺を北十間川をもって墨田区-江東区境となっています。

 地名は、吾嬬神社(あづまじんじゃ 吾嬬権現社、隅田川神社)ゆかりの
「弟橘姫(おとたちばなひめ)」に由来します。弟橘姫は日本武尊(ヤマトタケル)の東征神話で、尊が相模より房総へ渡る際、暴風雨に見舞われ、海を鎮めるために“いけにえ” となり海中に没した人物です。その遺品が流れ着き葬って塚としたものが「吾嬬神社」(吾嬬=わが妻)の始まりといわれています。

 「小村井」駅から本マンションまでは徒歩2分です。同駅を北側に出て、明治通りを横断し、東武亀戸線から離れていく形で東に歩き、丸八通りに出て右折した右手に所在します。「平井」駅からは徒歩17分で、旧中川を北西方向に渡るルートです。

 「小村井(おむらい)」駅は1日乗車人員が10,988人(2016年)で、
東武亀戸線の途中駅では最も多くなっています。ただし、駅前はやや寂しい感じでしょうか。日常のお買い物は、まいばすけっと小村井駅前店やくすりの福太郎小村井店が徒歩4分、コンビニはセブンイレブン墨田文花店が同じく徒歩4分です。JR「亀戸」駅までは10分以内に着くことができます。お隣の駅である「曳舟」駅では様々な路線に乗り換え可能です。

 丸八通り沿いに建ち、西に東京スカイツリーを望む環境です。本マンションの隣には24時間のオリジン弁当やファミリーレストランがあります。警察署、救急病院、消防署が周りに集まっているので、人によっては音が気になるかもしれません。保育園(厚生館保育園・徒歩4分)や小学校(東吾嬬小学校・徒歩5分)、中学校(吾嬬立花中学校・徒歩8分)も近く、お子さんのいるファミリーに適した環境です。

 モダンなベージュトーンのタイル貼りの外観が特徴で、2011年12月に竣工、現在築6年3か月の築浅物件です。共用エントランスには
TVモニター付きオートロックシステムと防犯カメラを導入し、宅配ボックスも設置しています。

 住戸は、
DINKSやファミリー向けの専有面積51.16平米〜68.07平米の1LDK〜3LDKの全52戸で、シングルからファミリーまでの幅広いライフスタイルに対応しています。居宅はクローゼット等の収納が豊富で、部屋を広く使えるよう設計されています。ペットは、犬・猫2匹まで飼育可となっています。

 対象住戸は、
地上9階建て建物の7階に所在する専有面積66.11平米の3LDKです。南・西向きの角部屋で、南向きにワイドにバルコニーがとれて、日照・抜け感良好です。LDKは14.9帖あり、カウンター付キッチンとなっています。洋室は6.0帖、5.1帖、4.0帖で、4.0帖の部屋は柱の出っ張りが気になりますが、他の2部屋はきれいに取れています。60平米台で3LDKのため、収納はやや少なめです。

 販売価格は3,580万円、坪単価179万円です。各ポータルサイトで対象住戸の自動査定を行うと、『マンションナビ』では3,696万円〜3,997万円、『マンションマーケット』では3,295万円〜3,636万円、『ふじたろう』では3,184万円、『マンションレビュー』では3,763万円〜3,904万円でした(面積等を対象住戸に合わせて補正しています)。

 これらの
自動査定の平均は3,583万円、坪単価179万円となり、販売価格は0.1%割安との試算結果です。なお、本マンション分譲時の平均坪単価は154万円との記録が残っています。

 このようにほぼ
相場見合いの駅近・築浅・3LDKは、23区物件ではそんなにあるわけではありません。駅力はやや弱いもののバランスの取れた好物件で、十分検討に値するものと思われます。

 種別:中古マンション
 名称:アデニウム押上アーバンイースト
 価格:3,580万円 (税込)
 所在:墨田区立花4丁目
 交通:「小村井」駅徒歩2分
 面積:専有面積平米

詳細はこちら(ノムコムより)
アデニウム押上アーバンイースト


TOPへ


| 中古マンション 墨田区 | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック