<< 昨年末以来、マンションの「買いにくさ」指数が増大−様子を見るのも一つの選択肢 | main | 1月のマンション契約率65.2%−低調ながら例年よりは良かった1月市場動向 >>
オープンレジデンシア神楽坂ウエスト・テラス(新築)−市ヶ谷・神楽坂・牛込神楽坂の3駅利用、想定より安めの価格水準か

JUGEMテーマ:マンション


★ 都営大江戸線「牛込神楽坂」駅より徒歩6分、東京メトロ有楽町線・同南北線「市ケ谷」駅より徒歩8分、JR総武線・都営新宿線「市ケ谷」駅より徒歩12分、東京メトロ東西線「神楽坂」駅より徒歩11分の場所に立地するオープンハウス・ディベロップメント分譲・片山組施工・地上5階地下1階建・総戸数30戸の『オープンレジデンシア神楽坂ウエスト・テラス』です。

 アドレスは新宿区納戸町です。納戸町(なんどまち)は、住居表示未実施区域で、2017年現在で529世帯、926人が住む小さなエリアです。新宿区の東部に位置し、町域北東部は中町・南町に、南東部は払方町・市谷鷹匠町に、南部は市谷左内町に、西部は二十騎町・市谷加賀町に、北西部は南山伏町・細工町にそれぞれ接しています。町域内を牛込中央通りが通っています。主として住宅地として利用され、マンションなども多く、町域南部では、大日本印刷の関連施設も見られます。

 納戸町という町名は、江戸幕府の職名である納戸方(なんどかた。将軍の衣服・調度を管理し、諸侯・旗本から献上されたり彼らに賜与されたりする金銀・諸物に関する事務を管掌。御納戸役)に由来するとされています。


 「牛込神楽坂」駅より本マンションまでは徒歩6分です。同駅A1出口から大久保通りを西に進み、牛込北町交差点を左折して南下、3つ目の信号を右折して進んだ右手に所在します。「市ヶ谷」駅から本マンションまでは徒歩8分で、外堀通から市谷田町交差点を左折してゆるやかに上り、上記の信号交差点を左折して進んだ右手に所在します。

 このように、
東に「牛込神楽坂」駅、南に「市ヶ谷」駅、そして北に「神楽坂」駅と、JR・東京メトロ・都営地下鉄の3駅6路線が利用可能な好立地にあります。計画地一帯は、強固な地盤として知られる武蔵野台地の東端「淀橋台」と呼ばれる一画で、標高約28メートルの高台です。また大通りから一歩入った閑静な住宅街でもあります。

 日常のお買い物は、クリエイトS.D新宿牛込北町店が徒歩3分、まいばすけっと牛込神楽坂駅西店が徒歩5分、マルエツ市ヶ谷見附店が徒歩11分、教育施設は、区立愛日小学校が徒歩4分、区立牛込第三中学校が徒歩3分となります。

 敷地面積は862.23平米と小規模マンションの割には広く、構造は、
二重床・二重天井、複層ガラスを備え、設備としては、床暖房はもちろん、食器洗い乾燥機が標準装備です。間取りは1LDK〜3LDK、専有面積46.59平米〜101.07平米と幅広く、1LDKの主流タイプであるFタイプはナロースパンですが、浴室は1618サイズでゆったり入れます。

 今度の土日(2月24日・25日)に第1期登録受付が開催されます。第1期は販売戸数6戸で、間取り1LDK〜3LDK、専有面積46.59平米〜96.60平米に対し販売価格4,780万円〜1億2,080万円、坪単価333万円〜413万円程度です。

 「市ヶ谷」駅により近い立地でありながら、
想定より安めの価格水準で出てきました。高騰した価格の故に鈍くなっている都心マンションの売れ行きですが、本マンションに着いては場合によっては早期に売れてゆくかもしれません。注目しておきたい物件です。

公式ホームページ ⇒オープンレジデンシア神楽坂ウエスト・テラス

TOPへ


| 新築マンション 新宿区 | 20:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック