<< これからは低層マンションの時代?−相続税が減額できる新基準が明らかに | main | 住宅専用地にコンビニ−高齢者救済だけでなく、地価にも好影響? >>
パークタワー秋葉原(中古)−希少な「秋葉原」駅徒歩4分タワマン最上階

JUGEMテーマ:マンション


★ JR山手線「秋葉原」駅より徒歩4分、東京メトロ銀座線「末広町」駅より徒歩6分、都営新宿線「岩本町」駅より徒歩7分の場所に立地する地上21階地下1階建・三井不動産旧分譲・熊谷組施工・総戸数108戸・2006年8月築の『パークタワー秋葉原』です。

 アドレスは千代田区神田練塀町です。神田練塀町(かんだねりべいちょう)は、千代田区の北東部に位置し、神田地域に属します。北辺は台東区秋葉原に、東部は神田松永町に、南部は神田相生町に、西部は外神田に接しています。「秋葉原」駅付近の一角で、ビルや商店が多い地域となっています。

 西部はJR山手線・京浜東北線などの鉄道用地です。また近年の「秋葉原」駅前の再開発で高層ビルや高層マンションも見られるようになりました。住居表示未実施で、神田松永町との町域が複雑に入り組んでいます。神田練塀町には160世帯280人しか住んでおらず、その大半は本マンションの住民ということになります。

 江戸時代は武家地で、南北に走る通りに立派な練塀(瓦と土を交互に重ねた瓦屋根の土塀)があったことから下谷練塀小路と呼ばれました。茶坊主河内山宗春の居所として知られていました。1872年(明治5年)、下谷練塀小路沿いの武家地に下谷練塀町が成立しましたが、東隣の武家地は神田松永町に編入されたため、下谷は練塀町で神田に大きく突き出る形となりました。1964年(昭和39年)、住居表示実施によりJR線路より西が外神田4丁目に編入されましたが、残りは未実施のまま現在に至っています。


 「秋葉原」駅から本マンションまでは徒歩4分です。同駅中央改札口から北上した右手に所在するシンプルなルートです。「末広町」駅からは徒歩6分で同駅から南東方向に歩き、「岩本町」駅からは徒歩7分で、同駅から昭和通り等を北上するルートになります。なお、つくばエクスプレス「秋葉原」駅からは徒歩2分です。また、本マンション付近は、昭和通り、中央通りなど大通りが複数通るので車などでの移動も便利です。

 なお、「秋葉原」駅前からはバスも運行しており、御茶ノ水・本郷三丁目・東大赤門前などの文京区方面のものが1本と、岩本町・東日本橋・清澄白河などの中央区・江東区方面のものが1本、どちらも朝の7時過ぎから運行しています。


 三井不動産旧分譲の高級タワーマンション「パークタワー」シリーズです。2007年度グッドデザイン賞を受賞しています。1階にコンビニ「ローソン」が出店、「秋葉原」駅前のUDXビルにはスーパーマーケットが入り、同駅の周辺には、ヨドバシカメラのような家電量販店や、アトレ秋葉原のようなショッピングモール、ドンキホーテのような総合量販店まで、充実した買い物スポットがあり、生活に不便を感じることはありません。電器街の名残が残っており、PCパーツの専門店など、マニアにはたまらないお店も数多く点在します。区立和泉小学校には徒歩6分(480m)です。

 都会の中心に位置しながらも、本マンション
敷地内には数多くの植栽が施され、自然も感じることができるように考慮されています。地上21階建に対して、総戸数は108戸とやや少なめで、ワンフロアに5部屋ほどの住戸が存在する計算となります。間取りは、1LDKから2SLDK、40〜60平米の住戸が中心、単身者やDINKSをメインターゲットとしているため、賃貸に出されている住戸も多くなっています。

 収納に「KASANE(かさね)」というシステムを採用、2畳前後のスペースを上下縦に利用でき、上段1.4M、下段1Mと利用スペースが広がり、扉がついているので、部屋全体がすっきりして見えます。安全面では、ALSOKによる24時間セキュリティシステムで安心、鍵もICチップ埋め込みキーです。

 対象住戸は、
地上21階建て建物の21階に所在する専有面積66.92平米の2LDKです。最上階の南・西角部屋で、日照・眺望良好です。アルコーブのある玄関から廊下を直進すると12.0帖のLDがあり、キッチンは奥まった独立式の3.4帖、主寝室は7.1帖、LDインの洋室は5.8帖、全居室がバルコニーに面しています。水廻りは玄関左手にあり、収納はウォークインクローゼットがあります。

 販売価格は7,580万円、坪単価374万円です。各ポータルサイトで対象住戸の自動査定を行うと、『マンションナビ』では7,661万円〜8,060万円、『マンションマーケット』では6,982万円〜7,711万円、『イエシル』では6,749万円、『ふじたろう』では6,821万円、『HOME'Sプライスマップ』では6,572万円〜7,711万円、『マンションレビュー』では7,284万円〜7,735万円でした(面積等を対象住戸に合わせて補正しています)。

 これらの
自動査定の平均は7,238万円、坪単価358万円となり、販売価格は4.7%割高との試算結果です。なお、対象住戸の分譲時価格は6,250万円、坪単価309万円でした。ちなみに、本マンションの分譲時の坪単価レンジは、278万円〜417万円となっています。また、本マンションは立地から賃貸に出されることが多いマンションですが、各ポータルサイトでシミュレーションされた目安賃料の平均は27.9万円で、本物件の価格との関係では利回り4.4%程度となります。

 自動査定ではやや割高という判定ですが、
秋葉原に立地する希少な一流デベタワーマンションの最上階ということで、注目を集めています。このままの価格で売れてゆくのか、それとも多少の指値が効くのか、興味あるところです。

 種別:中古マンション
 名称:パークタワー秋葉原
 価格:7,580万円 (税込)
 所在:千代田区神田練塀町
 交通:「秋葉原」駅徒歩4分
 面積:専有66.92平米
 
詳細はこちら


TOPへ


| 中古マンション 千代田区 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック