<< 中古マンション売るなら築11〜15年!−買主が「買い時だ」と思い込んでる? | main | 西永福、芦花公園、大森町、両国は中古で2〜3割下落−資産防衛の鉄則とは? >>
南幸第2KSマンションA棟(中古)−ラゾーナと夜店にハマる閑静レジデンス

JUGEMテーマ:マンション


★ JR南武線・同京浜東北線・同東海道本線「川崎」駅より徒歩8分の場所に立地する地上5階建・木村商事旧分譲・大豊建設施工・総戸数52戸・1979年7月築の『南幸第2KSマンションA棟』です。

 アドレスは川崎市幸区南幸町です。幸区(さいわいく)は、かつては梅の名所として知られ、明治天皇の御幸があり、これを記念して御幸村(みゆきむら)と名付けられたのが区名の由来となっています。川崎市東部にあり、東側を流れる多摩川の下流域に位置し、西側には鶴見川やその支流の矢上川が流れています。全般として平坦な地形ですが、西部の夢見ヶ崎地区などは丘陵地になっています。

 明治末期以降、東京と横浜の中間点という立地に注目して電気・機械・食品などの大規模工場が多く進出しました。 しかし、昭和末期以降は経済構造の変化に伴い、大規模工場の閉鎖(市外移転)と新たなハイテク産業の立地が進んでいます。また工場の移転跡は「川崎」駅西口のように商業施設や高層住宅地となる場所も多く、今後の繁栄が期待されています。


 「川崎」駅から本マンションまでは徒歩8分です。同駅西口から南幸町二交差点の方へ歩き、同交差点を右折して北上した左手に所在します。したがって、同駅西口側にある『ラゾーナ川崎プラザ』へは徒歩7分で行くことができるのがセールスポイントです。

 また、
至近距離に「ハッピーロード」(川崎南河原銀座商店会)があり、スーパー文化堂もハッピーロード沿いにあります。ハッピーロードでは、60年ほど前から5・6・7月の2日・12日の午後6時から9時まで夜店を開催しており、川崎西口の夏の風物詩となっています。また、これら便利な立地にありながら、大通りより一歩入った閑静な住環境です。

 対象住戸は、
地上5階建て建物の4階に所在する専有面積54.81平米の2LDKです。南向きにつき、日当たり良好です。玄関から直進すると13帖のLDKがあり、LD隣接の和室は6帖です。玄関左手には4帖の洋室があり、玄関右手はバス・トイレ・洗面室の水廻りとなります。収納は3箇所あって標準的です。ごくシンプルな使いやすい間取りと言えます。

 販売価格は2,300万円、坪単価139万円です。各ポータルサイトで対象住戸の自動査定を行うと、『マンションナビ』では1,864万円〜2,063万円、『マンションマーケット』では1,794万円〜1,983万円、『ふじたろう』では1,530万円、『マンションレビュー』では2,111万円〜2,241万円でした(面積等を対象住戸に合わせて補正しています)。

 これらの
自動査定の平均は1,890万円、坪単価114万円となり、販売価格は17.8%割高との試算結果です。しかし、グロスの低さは目を引き、「川崎」駅西口の利便性と考え合わせて注目度の高い物件です。建物の古さは否めないものの、マンションは立地が決め手になりますから、価格交渉次第では更に魅力的になることが期待されます。

 種別:中古マンション
 名称:南幸第2KSマンションA棟
 価格:2,300万円 (税込)
 所在:川崎市幸区南幸町
 交通:「川崎」駅徒歩8分
 面積:専有面積54.81平米

詳細はこちら(ノムコムより)
南幸第2KSマンションA棟

TOPへ


| 中古マンション 川崎市幸区 | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック