<< マンション販売戸数、26年ぶりの低水準−都の容積率上乗せは諸刃の剣? | main | 狙うなら1993〜1997年マンションか2000〜2002年戸建て?−築年という選択肢 >>
コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス(新築)−注目の武蔵小杉駅徒歩1〜2分再開発タワー

JUGEMテーマ:マンション


★ JR南武線・同横須賀線「武蔵小杉」駅より徒歩1分(JR横須賀線・湘南新宿ラインのホームまでは連絡通路利用でさらに徒歩6分要します。)、東急東横線・同目黒線「武蔵小杉」駅より徒歩2分の場所に立地する三井不動産レジデンシャル&東急不動産分譲・大成建設施工・地上39階地下2階建・総戸数519戸((販売総戸数465戸、事業協力者戸数54戸含む)その他、店舗・事務所等)の『コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス』です。

 アドレスは川崎市中原区小杉町す。小杉町(こすぎまち)は1丁目から3丁目まであり、中原区役所や区の代表駅である「武蔵小杉」駅が所在します。中原区の中心部であり、また再開発が進むいわゆる「武蔵小杉」エリアの中心でもあります。

 特に隣接する新丸子東と共に再開発事業が顕著です。北は小杉陣屋町1・2丁目、西は小杉御殿町2丁目・今井仲町・今井南町、南は市ノ坪、東は新丸子町・新丸子東3丁目と接しています。JR南武線以北に小杉町1・2丁目、以南が本マンションの所在する小杉町3丁目が置かれ、小杉町3丁目には区役所をはじめとして消防署・警察署・図書館など各種公共施設が集中しています。

 小杉町2丁目には昭和30年以降第一生命住宅など多くの社宅が建設され、その一部は一般へ分譲されましたが現在も多くが残っています。近年まで残っていたJX日鉱日石エネルギー社宅は2013年(平成25年)に廃止・解体され、跡地には超高層マンション『パークシティ武蔵小杉ザ・ガーデン』が誕生しています。


 「武蔵小杉」駅から本マンションまでは徒歩1〜2分です。同駅から東急スクエアを越えて西に歩いたところが本マンションの北東角になります。武蔵小杉のタワーマンションは、「武蔵小杉」駅東〜南側又は同駅北側に建てられているものが多いのですが、同駅西側は2013年2月に分譲開始された『プラウドタワー武蔵小杉』以来です。しかも、『プラウドタワー武蔵小杉』が「武蔵小杉」駅徒歩4分だったのに対し、本タワーは同駅徒歩1〜2分という近さで、繁華性のあったエリアをきれいに整備して建てられる『街中タワマン』です。

 「武蔵小杉」駅西側の顔としてがんばっている
「イトーヨーカドー」を抱くようなL字形の敷地をしています。また、上述の武蔵小杉東急スクエアに徒歩1分、ららテラス武蔵小杉に徒歩3分、COSUGI COMMONSに徒歩3分、グランツリー武蔵小杉に徒歩4分と、大型商業施設が4つも徒歩5分圏内にあります。

 中原区役所には徒歩3分、聖マリアンナ医科大学東横病院には徒歩3分、日本医科大学武蔵小杉病院に徒歩4分にも徒歩3分と、行政・医療機関が身近なのも強みです。

 水盤のある洗練された空間が特徴の
エントランスオリジナルのアートや落ち着きのあるライティングのエレベーターホールコミュニティラウンジ「&SMILE」には4つのコーナーを用意、各コーナーに関連したTSUTAYAセレクトの書籍や、入居者リクエストから選んだ本を自由に閲覧できます。コーヒーの提供やラウンジ内でお子さんを預かるシッターの手配なども導入予定とのことです。

 高層棟1階にある北側のメインエントランスや西側のサブエントランスだけではなく、隣接する
低層棟の3階・4階(店舗が入ります。)からも直接住宅エリアに入ることができます。これにより駅から本マンション内の店舗や施設を経由して自宅に帰ることができます。
 
 間取りは、武蔵小杉の三井タワーマンションはどれも4LDKの用意があるのですが、本マンションも、
1LDK〜4LDK、専有面積41.99平米〜100.29平米のラインナップです。価格水準ですが、直近の三井タワーマンションの『パークシティ武蔵小杉ザガーデンタワーズ』が「武蔵小杉」駅徒歩4分〜5分で、平均坪単価320万円台〜330万円台でしたので、それよりも同駅に近い本マンションは、これより高くなるのが自然です。

 そうかといって、『シティタワー武蔵小杉』が一時付けていた坪単価400万円台は、武蔵小杉タワマンの購入者層から言って需要が心配です。『パークシティ武蔵小杉ザガーデンタワーズ』のウエスト(平均坪単価320万円台)の売れ行きがイースト(平均坪単価330万円台)の売れ行きペースを下回ったこと(駅距離がイーストより1分遠いこともありますが)、三井不動産レジデンシャルは、都心富裕者層向けを除き価格設定であまり無理をしないこと(価格設定で無理をしない代わりに専有部仕様を落とす傾向にあります)等を考え合わせると、平均坪単価350万円前後を予想します。

 入居は2020年12月を予定しており、販売予定時期は10月下旬となっています。久々の「武蔵小杉」駅徒歩1〜2分再開発タワーマンションとして注目度は高いです。現在、『パークシティ武蔵小杉ザガーデンタワーズ』のモデルルームがあったところで、本マンション用のモデルルームを設置するための工事がされています。ご案内まで、もうすぐだと思われます。

公式ホームページ ⇒コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

TOPへ


| 新築マンション 川崎市中原区 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック