<< 8月のマンション市場動向は極端な悪化−本年の異常な猛暑も影響か | main | 天災は忘れる間もなくやってくる−23区の地盤が悪い街ランキング >>
千住ザ・タワー(新築)−ついに千住にタワマン誕生!待望の複合再開発プロジェクト

JUGEMテーマ:マンション


★ 東京メトロ千代田線・同日比谷線・JR常磐線「北千住」駅より徒歩3分の場所に立地する三菱地所レジデンス&三菱倉庫&杉本興業分譲・フジタ施工・地上30階地下1階建・総戸数184戸((事業協力者住戸5戸含む)ほかに店舗、事務所、子育て支援施設等)の『千住ザ・タワー』です。

 アドレスは足立区千住1丁目です。千住(せんじゅ)は、1丁目から4丁目まであります。足立区南部に位置し、北境を荒川が流れています。足立区は河川が運んできた土砂の堆積により陸地が形成された沖積低地であり、区全域が海抜2メートル前後となります。1930年(昭和5年)に完成した荒川(放水路)が区内を北西から南東に流れ、足立区を二分し千住地区は南部に相当します。

 地域内にはJR常磐線や地下鉄千代田線、地下鉄日比谷線、東武伊勢崎線、京成本線、つくばエクスプレスが通り、それらが交差する「北千住」駅があります。西側の境界を日光街道が通ります。

 同駅西口駅前のアーケード街は「千住」をもじって「きたろーど1010」と命名されています。また、大手スーパーイトーヨーカドーの事実上の1号店は千住店であり、大手釣り具店の上州屋本店もこの千住にありました。 そのため、全国展開を目指し商いを行うにはこの地で商いを行い繁盛なくして全国展開は難しいという言い伝えもあります。 それには老若男女平均した人口密集地であるからと推測されますが、近年では、大学が多く若者が増えている印象があります。

 千住は、2018年SUUMO関東住みたい街ランキングでは総合ランキング第23位、
穴場だと思う街では第1位に輝いています。また、2016年に調査された地価が値上がりしそうと思う街では第10位となっています。

 「北千住」駅から本マンションまでは徒歩3分です。同駅2番出口を出てマクドナルドの横を左折し、2つ目の曲がり角を右折した左手に所在します。また、ほぼ変わらない距離で、きたろーど1010の商店街の中を通り、りそな銀行の角を左折して千住本町商店街の中を通って本マンションに着くルートがあり、こちらの方が帰宅時のお買い物にはとても便利です。

 「北千住」駅は、東京メトロ日比谷線・半蔵門線・千代田線、JR上野・東京ライン(常磐線快速乗入れ)、つくばエクスプレスの
5路線利用可能なターミナル駅であり、ここに住・商・育一体型複合再開発プロジェクトとして誕生します。超高層30階建の制震タワーレジデンスで、南向き・角住戸中心となります。「北千住」駅から「東京」駅まで8キロ圏内にあり、「大手町」駅まで直通16分、「東京」駅まで15分という近さにあり、東京メトロ日比谷線の始発駅でもあります。

 2005年、足立区の重点施策として「足立区文化産業・芸術新都心構想」が策定され、千住地区を中心とする新たなまちづくりがスタート、2006年の東京藝術大学千住キャンパス開校、東京芸術センター(約330m・徒歩5分)開業を皮切りに、東京未来大学、帝京科学大学千住キャンパス(約1,600m・徒歩20分)、東京電機大学東京千住キャンパスの
計4大学が次々に開校、約1万人の学生が集う若々しいまちへと変貌を遂げました。

 また、北千住は近年、
グルメの隠れたスポットとなっており、古民家をリノベーションしたアンティーク・カフェや、グルメガイドにも紹介された隠れ家フレンチの店、ワイン片手に楽しめるお洒落な焼き鳥屋さんなど、現地周辺には、テレビや雑誌に何度も取り上げられる話題のレストランやグルメショップがそろっています。

 さらに、
荒川沿いの千住新橋緑地には水と緑の気持ちの良い風景が広がり、日の出町緑地をはじめ、春のお花見の名所として知られる千住仲町公園、柳原の桜並木など、潤いも豊かな環境です。川沿いの土手ではジョギングやサイクリング、千住スポーツ公園ではテニスや野球、サッカーも楽しめる、アクティブ派にも嬉しいロケーションとなっています。

 千住地区(千住1〜5丁目)には地上20階を超える建物が少なく、「千住ザ・タワー」の周囲にも約180m離れて建つ22階建の東京芸術センター、約370m離れて建つ「北千住」駅西口の26階建の集合住宅、約850m離れて建つ荒川に面した21階建の集合住宅の
3棟が存在するだけです(2018年8月現在)。本マンションは千住地区において、地上30階を実現するタワー・レジデンスであり、窓辺には開放的な眺望が広がっています。

 南向き中心で北向き住戸を作らないゾーニングプラン(179戸中127戸を南向き)により、建物南側の都心方向で開催される「隅田川花火大会」を室内から望める住戸を数多くレイアウトしています。また、西向き・東向きの中・上層階の多くの住戸から、建物北西側で開催される「足立の花火」を楽しむことができます。

 プライバシーを保つ
内廊下設計で、全販売対象住戸179戸中161戸にあたる2LDK・3LDK住戸は、すべて採光・通風性、開放性に優れた角住戸またはワイドスパン住戸となっています。家族構成の変化等に対応できるよう、リビング・ダイニングと隣接する洋室の間仕切りを3枚引き戸(一部除く)とし、開放すればリビング・ダイニングと一体的に使えるフレキシブルなプランを多数用意しています。さらに、全販売対象住戸179戸中167戸にウォークインクローゼットを設置し、加えてシューズインクローゼットも備えた収納力豊かなプランも多くあります。

 板状マンションではありますが、
最近注目の北千住についにタワーマンション出現かと思うとわくわくします。しかし、近年なかった千住タワマンだけに、価格水準を推し量るのはなかなか難しいものがあります。昨年秋にイトーヨーカドー一号店跡地に誕生した『パークホームズ北千住 アドーア』(「北千住」駅徒歩5分)が平均坪単価320万円であっという間に総戸数89戸を完売したところを見ると、本マンションは、平均坪単価330万円〜400万円のレンジのいずれかとなるのではないかと予想します。

公式ホームページ ⇒千住ザ・タワー

TOPへ


| 新築マンション 足立区 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック