<< 代官山のセレブの見分け方 | main | マンション購入は至福→焦燥→傍観→復活→疑念→諦念へ−20年間の追憶と今後 >>
アトラス加賀(新築)−歴史ある加賀の公園に囲まれた大規模マンション

JUGEMテーマ:マンション


★ 都営三田線「新板橋」駅より徒歩9分、同線「板橋区役所前」駅より徒歩10分、JR埼京線「板橋」駅より徒歩14分の場所に立地する旭化成不動産レジデンス分譲・長谷工コーポレーション施工・地上15階建・総戸数227戸の『アトラス加賀』です。

 アドレスは板橋区加賀1丁目です。加賀は、江戸時代に加賀藩の約21万坪におよぶ広大な下屋敷があったことに由来します。板橋区の東端部に位置し、北で稲荷台、東で北区上十条及び十条台、南で板橋、西で仲宿と隣接しています。町域の中央を東西に石神井川が流れ、東辺にJRの鉄道路線が走ります。町域内には住宅のほか、多数の中小の工業施設が立地する住工混合市街地を形成しています。また、町域北部の加賀2丁目に帝京大学板橋キャンパス、及び帝京大学医学部附属病院が置かれています。
 
 1871年(明治4年)11月14日に浦和県(現埼玉県)から東京府に編入されました。1889年には板橋町の一部分となり、1932年からは板橋区板橋町の一部となりました。1965年1月1日に板橋区板橋町6〜8丁目から加賀が成立しました。2017年(平成29年)12月1日現在、加賀1丁目には1,957世帯5,083人、加賀2丁目には2,066世帯4,517人で、加賀には計4,023世帯9,600人が住民登録しています。

 本マンションは、
歴史ある「板橋区加賀1丁目」の静穏な地に誕生する総戸数227戸の大規模レジデンスです。池袋から約2.5km圏内にありながら、一帯は多くの緑に包まれているエリアです。本マンション自体も、南には板谷公園、東には加賀公園、北には石神井川と、水と緑に囲まれた立地です。

 門構えをモチーフとした堂々としたエントランスです。
板橋区立金沢小学校には徒歩6分、橋区立加賀中学校には徒歩13分、板橋区立東板橋図書館には徒歩3分と学習環境にも恵まれています。コンビニ・商業施設については、セブンイレブン板橋4丁目店が徒歩4分、まいばすけっと板橋3丁目店が徒歩6分、ライフ板橋店が徒歩7分、よしや仲宿店が徒歩10分、コープ板橋駅前店が徒歩13分、マルエツ板橋駅前店が徒歩13分です。

 間取りは3LDK〜4LDK、専有面積72.20平米〜94.41平米の34種類のオールファミリータイプ、田の字型プランが基本となります。公園に面した南向き中心であることもセールスポイントです。

 価格水準ですが、同じ町内で本物件から道路1本隔てたところに立地する
『シティテラス加賀』が2012年分譲で平均坪単価229万円程度でした。都区部の新築マンション平均単価はこの6年間で35.2%上がっていますので、この上昇率を『シティテラス加賀』の平均坪単価に単純に掛けあわせると、平均坪単価310万円程度となります。

 これで価格幅を上下40万円ずつ取るとすれば、
坪単価レンジ270万円〜350万円程度となり、グロスの価格は5,900万円〜10,000円となります。駅力としてはそれほど強くない「新板橋」駅が最寄りですが、藩邸跡地で西向き以外は周辺環境に恵まれている点をどう評価するか、いずれにせよ城北エリアにおいて注目されている大規模マンションであることは間違いありません。

公式ホームページ ⇒アトラス加賀

TOPへ


| 新築マンション 板橋区 | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック