<< 投資物件は価格下落傾向−内向きなマンション販売にも停滞の影 | main | 地価の底上げか、地価上昇の終わりの始まりか−都心よりも城北で地価上昇中 >>
ザ・パークハウス アーバンス 白金(新築)−再開発期待・設備充実の白金コンパクト

JUGEMテーマ:マンション


★ 東京メトロ南北線・都営三田線「白金高輪」駅より徒歩6分の場所に立地する三菱地所レジデンス分譲・森本組施工・地上10階建・総戸数45戸(事業協力者住戸27戸含む)の『ザ・パークハウス アーバンス 白金』です。

 アドレスは港区白金1丁目です。白金は、港区の南部に位置し、古川(渋谷川)を隔てて北は南麻布、南は白金台、東は高輪、西は渋谷区恵比寿にそれぞれ接しています。東京都道305号芝新宿王子線(通称 恵比寿通り)が東西に横断していて、主に準工業地域の用途指定を受ける丁目が奇数の白金1、3、5丁目と、主に第一種中高層住居専用地域指定である丁目が偶数の白金2、4、6丁目に分かれています。

 古川沿いの低地には町工場や商店街が開けており、南部の台地は聖心女子学院初等科・中等科・高等科及び聖心女子専門学校などの学校やマンションが立つ閑静な住宅街となっています。近年地下鉄の開通に伴い、「白金高輪」駅付近を中心に大規模な再開発(白金アエルシティ)が行われています。

 白金には聖心女子学院・北里研究所などの施設や私企業が山林として所有する敷地があり、隣接する白金台の旧白金御料地(国立科学博物館附属自然教育園など)・東京大学医科学研究所などと一帯となり、東京23区内でも指折りの緑地帯を形成しています。これらの緑地帯は江戸時代に大名屋敷があった名残であり、広い区画が残っていたために財界人などの邸宅も見受けられ、高級住宅地として知られている地域もあります。


 「白金高輪」駅より本マンションまでは徒歩6分です。同駅ホームからはやや離れた同駅4番出口からプラチナタワーアエルシティの間を通り、西北西へと集合住宅や小さな商店が混在する通りを歩いて古川に近い道路の南側に所在します。白金商店街を通る道も便利で、ちょっとした買い物などを済ませられます。

 白金1丁目エリア周辺では、
地上45階の高層ビルが誕生する白金一丁目東部北地区市街地再開発をはじめ、複数の再開発計画が進行しています。またJR山手線・京浜東北線の田町・品川間には、新駅の開業(2020年春予定)も予定されており、本物件を中心とした生活圏内の利便性はさらなる発展が期待できます。

 敷地面積527.05平米の小ぶりのマンションで、総戸数45戸のうち過半を占める27戸が地権者住戸です。地上10階建てで、縦へのラインを意識し、直線を活かすことで空へと伸びていくようなスマートな印象のファサードとなります。アクセントとなる両サイドのルーバーをはじめ、上層階にはマリオンを設けるなど、さまざまな要素を併せ持ったデザインを目指しています。

 エントランスは、道路から敷地奥へと伸びるアプローチにより
隠れ家のような佇まいとなり、天然石を採用した柱や床、メタル製の庇で構成したモダンな意匠が特徴です。共用施設の中では、トランクルームが18区画あるのが目を引きます。共用廊下はホテルライクな内廊下です。

 間取りは1K〜2LDK、専有面積27.45平米〜56.75平米のコンパクトサイズです。販売対象住戸18戸のうち2LDK8戸、1LDK6戸、1K4戸となり、2LDK中心の構成です。小規模マンションながらディスポーザーが備わり、食洗機・エアコン(1台)が標準装備なのは嬉しいポイントです。間取りを見たところ、床暖房も備わっているようです。

 例えば、
Cタイプの1LDKは、南向きで、LDKが10.3帖、洋室が4.0帖あり、浴室は1317サイズ、ウォークインクローゼットもシューズインクローゼットも備わるなど、専有面積38.66平米という小ささにもかかわらず、効率のよいプランとなっています。三菱地所レジデンスらしい良心的な間取りと専有設備ということができるでしょう。

 販売価格の発表はこれからですが、最近の「白金高輪」駅最寄りの物件を見てみると、現在分譲中の
『ジオ高輪』(「白金高輪」駅徒歩4分)の平均坪単価が510万円台、昨年分譲の『コンシェリア南麻布トウキョウプレミアム』(「白金高輪」駅徒歩8分)の平均坪単価が520万円台、同じく昨年分譲の『グランドガーラ白金高輪2』(「白金高輪」駅徒歩4分)の平均坪単価が490万円台と、平均坪単価500万円内外で落ち着いています。

 したがって、本物件もこの傾向をたどる可能性が高く、
平均坪単価500万円台程度が予想され、仮に坪単価450万円〜550万円台のレンジだとすれば、価格帯は3,800万円〜9,500万円程度となり、1億円台には乗せない見せ方をするかもしれません。

 本物件で私が最も惹かれたのは、上記に掲げた通り、
小規模物件ながらディスポーザ、食洗機・エアコン・床暖房、そして抽選ではありますがトランクルームと、生活を快適にする装備が備わっていることです。メジャー7の白金1丁目アドレスの物件は、2009年の『パークリュクス白金mono』以来約10年ぶりで、街の再開発の進展もあって期待の高まる物件です。

公式ホームページ ⇒ザ・パークハウス アーバンス 白金

TOPへ
 


| 新築マンション 港区 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック