<< 地価の底上げか、地価上昇の終わりの始まりか−都心よりも城北で地価上昇中 | main | マンション購入の主力は投資目的から実需へ?−千葉や城東が最近の売れ筋に >>
東京ミッドベイ勝どき(中古)−豊洲新市場・環状2号線開通で注目の1LDK

JUGEMテーマ:マンション


★ 都営大江戸線「勝どき」駅より徒歩8分の場所に立地する地上15階建・名鉄不動産&伊藤忠都市開発旧分譲・長谷工コーポレーション施工・総戸数233戸・2012年2月築の『東京ミッドベイ勝どき』です。

 アドレスは中央区勝どき5丁目です。勝どきは、隅田川の河口に位置し、この地に数多い埋立島の中の2島に跨ります。勝どき5丁目・6丁目は、明治〜大正期の「東京湾澪浚渫工事」の月島3号埋立地あるいは「隅田川口改良工事」の1号埋立地として造成されました。

 「勝どき」という地名は、勝どきのある埋立島と築地を結ぶ「勝鬨橋」の名にちなんだ町名で、この橋の名前は、日露戦争の旅順陥落の際、建設した「勝鬨の碑」とその河岸に開いた渡しを「勝鬨の渡し」と命名したためと思われます。


 「勝どき」駅より本マンションまでは徒歩8分です。同駅A3出口を出て、清澄通りを南西方向に歩き、勝どき陸橋をわたって2つ目の十字路を右折した左手に所在します。本マンションの北東側向かいには『勝どきザ・タワー』、そこから清澄通り向かいには『ザ・トーキョータワーズ』、反対方向には『クレストシティレジデンス』と、著名な大規模マンションが並び立っています。
 
 直線距離で銀座まで約1.7km、東京駅まで約2.6kmなのですが、
本マンションの近くを話題の環状2号線が通ります。本年11月が供用開始ですので、これにより中央区と港区と江東区が直結することとなり、汐留も徒歩圏(約1.4km)となるほか、都心や注目の豊洲市場へのアクセスがますます便利となり、自転車でも行ける距離であり、LRTの計画もあるなど、一層活気が出てきそうです。

 2011年に駅前には
大型商業施設が建ち、スーパー・ファミリーレストラン・クリーニング店・マッサージ店などさまざまなお店が入っています。「ファミリーマート勝どき五丁目店」及び「どらっぐぱぱす勝どき5丁目店」が徒歩1分、24時間営業の「マルエツ 勝どき六丁目店」が徒歩2分、「TSUTAYA」が徒歩12分です。

 本マンションは、黒基調の外壁にバルコニー部分のクリアパネル、エントランスアプローチ上部の鉄製ルーバーがアクセントとなった
都会的な外観デザインです。洗練されたエントランス、緑の多いラウンジスペースがあります。コンシェルジュサービスがあり、内廊下がホテルライクな雰囲気を演出しています。出し入れに便利な平置き駐車場は70台分あります。

 専有面積は40平米〜80平米台、間取りは1LDK〜4LDKでシングルからファミリーまで幅広く対応しています。全戸南西向きのバルコニーで、陽当たり、通風ともに良好です。室内にはクローゼットや物入れなど豊富な収納スペースが用意され、ガスシステムキッチン・浄水器・床暖房・追い焚き機能付きオートバス・浴室暖房乾燥機・ディスポーザー・温水洗浄便座・BS・CSなど暮らしを快適にする設備も充実しています。

管理人が常駐しており
24時間の有人管理、共用エントランスにはオートロックシステムを採用、オンラインセキュリティ、ノンタッチキーなど防犯面に配慮しています。不在時の荷物の受け取りに便利な宅配ロッカーも設置されています。また豊海小学校まで徒歩5分、中央区立月島第二児童公園が徒歩7分と近く、学齢期のお子様を持つファミリーにも嬉しい立地です。

 対象住戸は
地上15階建て建物の4階に所在する専有面積40.29平米の南西向き1LDKです。玄関から直進すると11.0帖のLDKですが、中居室の4.0帖洋室があるために、廊下状のところまでLDKにカウントされています。ウォークインクローゼットはないのですが、クローゼットは各所にあり、合計すれば標準的な収納量になりそうです。浴室は1216サイズです。

 販売価格は3,480万円、坪単価286万円です。各ポータルサイトで対象住戸の自動査定を行うと、『マンションナビ』では3,072万円〜3,374万円、『イエシル』では3,272万円、『マンションマーケット』では3,102万円〜3,435万円、『ふじたろう』では3,161万円、『HOME'Sプライスマップ』では3,213万円〜3,759万円、『マンションレビュー』では3,298万円でした(面積等を対象住戸に合わせて補正しています)。

 これらの
自動査定の平均は3,285万円、坪単価270万円となり、販売価格は5.9%割高との試算結果です。なお、対象住戸の譲時価格は2,690万円〜2,720万円、坪単価221万円〜223万円との記録が残っています。

 試算では少し割高という結果でしたが、
分譲時の平均坪単価が216万円と安かった本マンションだからこそこの価格になっているとも言え、一般的には築6年9ヶ月の勝どきアドレス大規模マンションとしては格安だと注目が集まっています。独り暮らしにはジャストフィットなサイズで、勝どきの交通・生活面の利便性及び将来性からしても十分満足できる物件と言えるでしょう。

 種別:中古マンション
 名称:東京ミッドベイ勝どき
 価格:3,480万円 (税込)
 所在:中央区勝どき5丁目
 交通:「勝どき」駅徒歩8分
 面積:専有面積40.29平米

詳細はこちら(ノムコムより)
東京ミッドベイ勝どき

TOPへ


| 中古マンション 中央区 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック