<< ばたばたと人辞めていく秋の暮−不動産転売屋に厳しい年の瀬 | main | 緊急時の駆けつけはやはり都心居住が便利−危機管理と私生活 >>
東急ドエルアルス中野南台(中古)−ゆったりした1LDK、最上階の開放感

JUGEMテーマ:マンション


★ 東京メトロ丸ノ内方南支線「中野富士見町」駅より徒歩11分の場所に立地する東急不動産旧分譲・淺沼組施工・地上10階地下1階建・総戸数80戸・1996年3月築(築22年9ヶ月)の『東急ドエルアルス中野南台』です。

 アドレスは中野区南台3丁目です。南台は、中野区の最南部に位置し、1丁目から5丁目まであります。東部は渋谷区本町に、南部は渋谷区笹塚と幡ヶ谷に、北部は方南通り及び弥生町に、西部は杉並区方南に接しています。主に住宅地として利用されています。木賃ベルト地帯の一角でもありマンションやアパートが多く、一人暮らしをしている若年層の住民も多くなっています。

 昔の栄町通2丁目の一部・栄町通3丁目の一部・多田町から構成され、1967年6月1日に住居表示が実施されました。2017年12月1日現在で2,870世帯5,136人が居住し、南台では2丁目に次ぐ世帯数・人口となっています。通学区は南台小学校・南中野中学校です。


 「中野富士見町」駅から本マンションまでは徒歩11分です。同駅から神田川に沿って南西方向に歩き、佼成図書館を右手に見ながら左折、住宅街を南下して方南通りを横断して更に南に進んだ左手に所在します。途中ゆるやかに上るところもありますが、気にならない程度です。バス路線も多数あります。敷地西側が公道に面しており、向かいは『トミンハイム南台三丁目』です。

 「中野富士見町」駅周辺には店が少なめで、昔ながらの雰囲気を保った、落ち着いた街並みが広がっています。本マンションの
正面には「まいばすけっと」があり、スーパーライフにも徒歩3分程度、小・中学校も徒歩圏内です。

 「中野富士見町」駅から新宿や銀座、東京などの都内主要駅へダイレクトにアクセスできるほか、同駅には地下鉄の車庫があるので朝の9時前までは丸の内線本線直通の
「始発電車」で座って通勤できます。終電近くになれば、丸の内線本線の荻窪方面から池袋方面の電車が「荻窪発→中野富士見町」と乗り換えなしで直通になったりするメリットがあります。 

 東急不動産の
「ドエルアルス」シリーズのマンションです。間取りは1LDK〜4LDKなので、シングルからファミリーまで幅広いニーズに対応できます。平成20年12月に大規模修繕改修工事実施済みす。

 敷地内には屋根付きの
駐車場があり、エントランスへのアプローチは広々としています。オートロック、モニタ付インターホンを備え、メールボックスの向かいには、宅配ボックスがあります。石貼りのロビーを抜けるとエレベーターと駐輪場があり、駐輪場からはエントランスに回らず、直接エレベーターの前まで来ることができます。外廊下からは良好な眺望を目にしながら玄関まで歩くことができます。

 対象住戸は、
地上10階建て建物の10階に所在する専有面積55.67平米の1SLDKです。田の字型間取りで、玄関から直進したところに15帖のLDがあり、キッチンは独立型です。玄関右手に6.4帖の洋室があり、LDと洋室はウォークインクローゼットでつながっています。玄関左手が水廻りで、キッチンは完全独立型です。ワイドスパンの間取りで開放感があります。

 販売価格は4,280万円、坪単価254万円です。各ポータルサイトで対象住戸の自動査定を行うと、『マンションナビ』では3,857万円〜4,155万円、『マンションマーケット』では3,340万円〜3,688万円、『ふじたろう』では3,547万円、『HOME'Sプライスマップ』では3,872万円〜4,521万円、『マンションレビュー』では4,115万円(面積等を対象住戸に合わせて補正しています)。

 これらの
自動査定の平均は3,876万円、坪単価230万円となり、販売価格は10.4%割高との試算結果です。現在、所有者関係者が入居中のため、内覧は12月末頃空き予定で、空き次第内覧可能となり、内覧予約募集中です。管理費等月額12,300円、修繕積立金9,580円、合計月額21,880円の費用が発生します。

 以外と穴場の「中野富士見町」駅界隈で物件をお探しでしたら、候補の一つに加えてもよろしいかと考えます。、

 種別:中古マンション
 名称:東急ドエルアルス中野南台
 価格:4,280万円 (税込)
 所在:中野区南台3丁目
 交通:「中野富士見町」駅徒歩11分
 面積:専有面積55.67平米

詳細はこちら
東急ドエルアルス中野南台

TOPへ


| 中古マンション 中野区 | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック