<< 緊急時の駆けつけはやはり都心居住が便利−危機管理と私生活 | main | 都心物件も値下げを始めた?−西麻布高級マンションの「特別大商談会」 >>
オープンレジデンシア広尾ザ・ハウス(新築)−「広尾」駅徒歩2分に希少性大

JUGEMテーマ:マンション


★ 東京メトロ日比谷線「広尾」駅より徒歩2分の場所に立地するオープンハウス・ディベロップメント分譲・ナカノフドー建設施工・地上5階地下2階建(South Court)・地上4階地下2階建(North Court)・総戸数60戸(South Court)・29戸(North Court)の『オープンレジデンシア広尾ザ・ハウス』です。

 アドレスは渋谷区広尾4丁目です。もともと広尾は「樋籠」(ひろう)と記され、広大な原野であり、「広尾原」とも呼ばれました。現在の港区と渋谷区に跨る広域地名で、江戸時代初期までは下渋谷村の一部でしたが、1664年に町屋の起立が許され渋谷広尾町が発足、1713年に江戸町奉行の所管になった際に広尾橋を挟んで麻布側にも麻布広尾町が発足しました。

 1870年(明治3年)、渋谷広尾町は渋谷広尾町・渋谷上広尾町・渋谷下広尾町に三分割され、翌1871年に東京府豊島郡に編入されましたが、1878年(明治11年)には東京府麻布区に編入されました。1889年(明治22年)、渋谷広尾町・渋谷下広尾町の全域及び渋谷上広尾町と麻布広尾町の一部が南豊島郡(1896年より豊多摩郡)渋谷村に編入され、同村の大字となりました。

 渋谷町(1909年町制施行)は1928年(昭和3年)に町内の11大字を廃止して新たに66町を設置しましたが、広尾の名前は新設の元広尾町が受け継ぎました。このため、住居表示実施以前は現在の渋谷区広尾5丁目付近が「元広尾町」、現在の港区南麻布5丁目付近が「(麻布)広尾町」でした。港区南麻布4丁目に広尾神社があります。

 本マンションの所在する広尾4丁目一帯は、かつては下総佐倉藩堀田家の下屋敷でした。明治には久邇宮邸となり、そののち、日赤医療センター、聖心女子大学がここに移り、その後、日赤医療センターの土地6.6haが開発され、日本の高級マンションの先駆けとされる『広尾ガーデンヒルズ』が1984年〜1986年にかけて竣工しました。都心の邸宅街としての高い評価は、この開発によって決定的になったと言われ、周辺では今でも堀田坂等、大名屋敷の遺構を示す石垣など情緒ある景観を創出しています。


 「広尾」駅から本マンションまでは徒歩2分です。同駅4番出口から慶福育児会をぐるっと回り込んだ左手にSouth Court、その北側のオマーン大使館をはさんでさらに北側にNorth Courtが所在します。外苑西通りから一本入った閑静な住宅街になります。

 ここから広尾東公園へは徒歩2分、広尾散歩通りへは徒歩5分、有栖川宮記念公園へは徒歩7分、日赤通りへは徒歩10分です。古き良き時代のパリの雰囲気が感じられる
「カフェ・デ・プレ」へは徒歩3分、顧客の約7割は外国人という「ナショナル麻布スーパーマーケットへ」は徒歩7分、こだわりのパン屋「ブルディガラ」へは徒歩7分です。

 建物は上述の通り、
オマーン大使館の両側にNorth Court、South Courtが配置されます。総戸数29戸のNorth Courtの外観はベージュ色で、鋳物調の縦格子を手摺に採用し、黒いサッシ枠とともに明るい色調を引き締めています。South Courtから続くカツラ並木が一体感を醸成します。 より規模の大きい総戸数60戸のSouth Courtは、ベージュ色の外観で内廊下方式によりプライバシー性を確保、コンシェルジュカウンターも備えます。設備としては食器洗い乾燥機、ミストサウナ、大理石のフロア等が目を引きます。

 販売は現在、最終期に向けての予告広告中です。North Courtは2戸販売で、
間取り3LDK、専有面積66.05平米〜72.08平米、South Courtは3戸販売で、間取り2LDK〜2LDK+S、専有面積55.54平米〜74.61平米で、いずれも販売価格は未定となっています。

 現在売り出し住戸で価格が唯一判明しているのはSouth Court第3期3次先着順住戸1戸で、間取り2LDK、専有面積60.04平米に対し販売価格11,788万円、
坪単価649万円です。本マンションの平均坪単価は、North Courtが590万円台、South Courtが580万円台とされています。

 昨年分譲された
『ディアナガーデン西麻布』が「広尾」駅徒歩9分で、平均坪単価580万円台であったため、それと同水準でありながら「広尾」駅徒歩2分というロケーションである本マンションは魅力的に見えます。実際、「広尾」駅徒歩2分という駅近マンションは、「広尾」駅最寄りの物件では最近例がなく、希少価値の大きいマンションと言えるでしょう。

公式ホームページ ⇒オープンレジデンシア広尾ザ・ハウス
 
TOPへ


| 新築マンション 港区 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック