<< グレーシアタワーズ海老名(新築)−発展する海老名の駅前ツインタワー、ららぽーとの目の前 | main | ライオンズマンション麹町桔梗(中古)−現在、麹町中古物件として最安、しかもリノベ済 >>
転売、また転売−どエンド君の誕生と幸せについて

JUGEMテーマ:マンション


 「珍しいな…」

 不動産ポータルサイトSUUMOで、ある土地物件が目を引きました。そこは都心繁華街の大ターミナル駅で、誰もが資産を持ちたがる立地です。そこで、その大ターミナル駅徒歩10分内、土地面積30平米台後半で、価格は4千7百万円台でした。

 それでも高い、と思われるかもしれませんが、その2〜3週間前に、
同じ駅徒歩10分内で土地面積30平米のものが6,600万円台で売られていたのです。それと比べて土地面積は大きく、かつ、価格は約2千万円安いのでした。

 興味をそそられて、仲介業者に電話しました。


「問い合わせが結構来てましてね。この場所でこの価格、ちょっとないですよ。買取業者が4,500万円台なら買い取ると言ってますし、お早めにご検討ください」

 しかし、建物プランを見せてもらうと、当然ですが、3階建てで50平米台しか取れません。面積が小さいと、道路斜線を逃げて後退することができず、すっきりしたシルエットにもなりません。おまけに、道路に電柱が立っており、車が通れないのです。

「電柱って移設できないんですか?」
「東京電力に問い合わせたんですけど、他の住戸にも送電している太い線があるので、無理だって言うんですよね」

 建物価格は1,500万円はするでしょうから、結局、50平米台の駐車場なし3階建ミニ戸建てで土地と併せれば6千万円台前半はしてしまいます。立地はとても魅力的なのですが、果たしてお得なのかどうかわからなくなってきました。

 モノになるのであれば妻に話してみようかとも思ったのですが、
これではどうしようもない、と判断しました。しかし、気にはなるので、その後どうなるのかと時々フォローしていました。

 検討者は複数いたはずですが、物件は掲載されたままです。おそらく、
どの検討者も同じ思考過程を辿って諦めたのだと思われます。しかし、1ヶ月近く経ったある日、本物件は忽然と姿を消しました。

「ああ、ついに売れたか」

 少々悔しい思いを抱きながら、この土地に対する思いをクローズしたのですが、何とその2週間後、本物件が再びHP上に姿を現したのです。

「何だって!」

 私は目を疑いました。つい2週間前まで4,700万円台だった土地が、6,900万円台で売られているのです。この2週間で値段が約1.5倍つり上がったことになります。

 しかし、あらためて売りに出された本物件は、
土地売ではありますが、新たな建築プランの提案がくっついていました。そして、その提案では、地下を掘ることによって、建築面積は90平米近くを確保していました。

 さらに、今回の提案では、建物が
駐車場付きになっているのです。おそらく買い取った業者がいくらかお金を出すことで、東京電力に電柱の移設をさせることにしたのだと思われます。これで、土地面積は小さいものの、立派な車庫付き3LDKファミリー物件となりました。

 地下を掘ることで多少費用がかさむとは言え、建築費は2千万円もしていません。
結果として、90平米近い間取りの家が8,700万円程度で手に入ることになります。以前の提案が50平米台の家で6千万円台でしたので、建築坪単価はむしろ安くなっているのです。

 私を含む
当初の検討者層は、この値段でこの土地を買うことにはとても耐えられないでしょうが、初見の方であれば非常に魅力的かもしれません。こうしてこの買取業者は、少しの手間とコストとアイディアで、2千万円も物件価格を釣り上げることに成功したのです。

 そもそも
この前の売主も買取業者でしたので、ここに長年住んできた最初の売主は、相当安い価格でこの土地を手放した可能性があります。もしかすると、一番最初の値段は3千万円台で、それがこの2ヶ月足らずで約2倍の値段になったのではないかと推測しています。

 このように
転売に次ぐ転売で何人かの業者が潤った挙句、最後に物件をつかまされるのは一般の実需としての消費者です。まさにエンドの中のエンド、どエンド君の誕生となります。しかし、それで皆がハッピーなのであれば、それはそれでよいのでは、と思ってしまうところが不動産の怖いところであり、面白いところなのだと思います。

『分譲マンション・アップデート』へ


| ノウハウ・経験談 | 20:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
Comment
こんにちは!季節は冬ですが、ホラーというか
ちょっとぞっとするお話でした。

不動産に限らず、物の価格がよくわからない時代になりました。
でも、最終的には購入者が幸せを感じられるストーリーを
創り上げることができればいいのですから、
納得・満足して手に入れることが何よりなのでしょうね。

寒暖の差が激しい日が続きます。
お身体大切になさってくださいね!

| あおい | 2018/12/05 2:39 PM |
あおいさん、こんばんは。
コメントどうもありがとうございます!

半年くらい前には、恵比寿駅徒歩4分の小さな土地も
一週間で価格が1千万円上がっていました。
おそらく初めの反響を見て、
価格を釣り上げたのだと思います。
それでもその後一週間で物件は姿を消し、
早々に売れていったのだと思います…

バブルのピーク時には、不動産の価格が急激に上がりますが、
それはこのような転売が横行するのも
原因の一つだと思われます。

これから週末にかけて寒くなりそうですね。
あおいさんも、お元気でお過ごしください!
| coralisland | 2018/12/05 11:12 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック