<< Brillia(ブリリア) 向ヶ丘遊園(中古)−駅徒歩5分、最上階、新築未入居で買いやすい価格帯 | main | プレミスト東京王子(新築)−3LDKが3,400万円台、坪160万円台の商業一体再開発物件 >>
資産価値「ゼロ」の田舎の土地が生む「無限」の付加価値−イガピザという体験

JUGEMテーマ:マンション


★ いまだかつて経験したことのなかった10連休ですが、情報システムを扱っている現在の仕事では、5月1日はやはり改元対応ということで職場に出勤していました。新元号の発表は1ヶ月前と直前だったものの、元号マスタの作り込みの時間は昨年来十分あったので、難易度は低い改修でしたが、関連会社も含め適用するサーバーの数が半端ではなかったため、決して気は抜けない取組でした。当日は何事もなく、「令和」への切り替えが正常に進み、ほっと一息をついたところです。

 その意味では、5月2日からが本当のお休みとなり、2日の夕方から
家族で関西の妻の実家に車で帰省しました。妻の実家で飼っているワンコが15歳の老齢となり、特に娘が「会えるときに会っておきたい」と強く希望したこともあります。

 最近、本ブログで
「土地」に着目した中古戸建の価値について触れましたが、そんなことが通用するのは首都圏をはじめとする大都市のほんの一握りの土地であり、日本の国土の大部分ではその「価値」の意味が一変します。例えば、妻の実家の広い敷地の中に家を継ぐ立場の甥夫婦が数年前にこだわりの家を建てました。この場合の土地は先祖代々の大事なもので、将来他人に売って換金するようなものではありません。都会の尺度の「土地の資産価値」という意味では「ゼロ」なのですが、そもそも意味合いが全く異なります。

 田舎における土地とは、「使ってなんぼ」の世界です。例えば、地方におけるコンビニエンスストアでは、店舗面積に比してあきれるくらい広い駐車場敷地が確保されていたりします。そのおかげて、このようなコンビニエンスストアでは、大型トラックがストレスなく何台も連なって無料で駐車することができ、結果売上げが上がることになるのです。土地としては全くの低利用に見えながら、だからこそ価値を生み出しているのです。

 妻の実家に滞在している間に、姪が地元で評判のお店に車で連れて行ってくれました。それは
三重県伊賀市にある「イガピザ」というお店です。名前のとおり、ピザを出すお店なのですが、いわゆるピザ屋というにははばかられ(?)ます。何せ、店の場所が伊賀の山の中、周りには店など何もなく、田んぼと山に囲まれたまさに奥深い田舎なのです。

 山の中の一軒家、というのとも違います。というのも、そこは
元々材木置場で、推測するに林業が廃れて誰も使わず長らく放置されてきた土地と建物だったのです。それを芸術系の大学出たての若者たちがおそらくはただ同然で買い取り(あるいは借りて)、自分たちの木工作品のアトリエとするとともに、その片隅にきれいなログハウスを自分たちで建て、ピザを焼いて売り始めたところ、それが口コミで広まって評判になった、といった風情です。

 そんな場所ですから
駐車場もなく、お客はとまどいながら畦道に車を止めてアトリエに向かいます。木製ベンチを中心とした作品群が平気で数百万円の価格で並んでいるのもびっくりです。裏山には彼らが遊び心で作った木の上のツリーハウスやブランコがあり、子供心をくすぐります。ピザを焼いてくれるのは一人で、食べるまでには1時間も待たされましたが、「まあ、そんなコンセプトなんやろ」と何となく納得させられるものがあります。

 彼らは
過剰な客サービスをやめ、まったく自分たちの好きなように材木置場を改造し、それがお客を呼んでいるわけですから、クレームの付けようもありません土地・建物・人件費などコストは極小、生み出す価値は無限大のものがあります。

 実は
田舎ではこのような商売が流行りかけています。「こんなところにこんなものが」という地元茶処のほうじ茶ラテ、しゃれたパン屋やなぜかバームクーヘン屋などです。例え立地がどんなに悪くても、評判になれば客は必ず押しかけます。都心のように、高い賃料を払いながら、それを商品に上乗せセざるを得ず、高価な商品を売りながらも儲けは少ないといった、立地に寄りかかった苦しい商売をする必要はないのです。

 都会と田舎では天と地ほどの差がある土地の価値、しかしそれを逆手に取った付加価値の極大化を身をもって実感できたことが、この10連休の大きな収穫でした。

『分譲マンション・アップデート』へ


| ノウハウ・経験談 | 22:29 | comments(4) | trackbacks(0) |
Comment
coralislandさん こんにちは。
お仕事、プライベート共に有意義な連休をお過ごしとのこと、
何よりでした!私は日帰りで、少しばかり新緑にふれましたが、
後半は家で過ごすのにあきてしまいました・・・

イガピザ、行ってみたいです!!ピザもですが、ツリーハウスやブランコも!
(大人は遊べないのかな?)
しかし東京からは、車もないので、遠いですよね。
でもいつか行きたいです。
実現したらまた書き込ませていただきます!

楽しい記事をありがとうございました(o^―^o)
| あおい | 2019/05/13 10:33 AM |
あおいさん、こんばんは!
コメントどうもありがとうございます。
10連休は未知の体験でしたね。
長過ぎた、と言えばそうかも、という印象でした。

ツリーハウスやブランコ、素敵でした。
どちらかというと大人向けで、
ブランコは子どもではなかなか乗れない高さで、
ツリーハウスは、木の上に登るのに
一本のロープしかなく、
私達を含めてどのグループも登れませんでした。

どちらかというと、
作った本人たちが自分たちのために
面白がって作った、という恰好で、
それはそれでいいな、と感じた次第です。

ピザは1枚500円で、
食べたい人が食べてよ、という潔さがありました。
あおいさんもいつか機会があれば是非
ご体験ください。

あさってから20日まで、海外出張に行ってまいります。
今後ともどうかよろしくお願い申し上げます!
| coralisland | 2019/05/13 11:29 PM |
coralislandさん いつもお返事ありがとうございます。

ツリーハウスやブランコがおとな向けとお聞きし、
ますます行きたくなりました!

遊具につられて昨日書き忘れてしまいましたが、
地方ならではの土地の価値を見出し、各々が土地を生かして
やりたいことをする人たちがいるということ、
日本も捨てたものじゃないな♪とうれしくなりました。

海外出張お気をつけていらしてください。お忙しいところ
お返事は、どうぞお気になさらないでくださいね。

| あおい | 2019/05/14 11:43 AM |
あおいさん、おはようございます。
コメントどうもありがとうございます!

昨日、海外出張から帰ってきました。
またどうかよろしくお願い申し上げます!
| coralisland | 2019/05/21 7:43 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック