<< 資産価値「ゼロ」の田舎の土地が生む「無限」の付加価値−イガピザという体験 | main | 4月はここ3年間で最少のマンション発売戸数にーGW10連休の影響か >>
プレミスト東京王子(新築)−3LDKが3,400万円台、坪160万円台の商業一体再開発物件

JUGEMテーマ:マンション


★ JR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子」駅よりバス8分「豊島5丁目団地」バス停より徒歩3分、JR京浜東北線・東京メトロ南北線「王子」駅より徒歩22分の場所に立地する大和ハウス&コスモスイニシア分譲、長谷工コーポレーション施工、地上15階建・総戸数222戸(別途、管理事務室1戸、パーティールーム1戸、キッズ&ペアレンツルーム1戸、プライベートジム1戸)の『プレミスト東京王子』です。

 アドレスは北区豊島4丁目です。豊島は1丁目から8丁目まであり、王子・神谷・堀船、足立区新田・宮城と隣接し、町内には荒川、隅田川が流れています。武蔵国豊島郡の中心部であった地であり、平安時代頃より当時この地を治めていた豊島氏の発祥の地とされています。

 1871年(明治4年)11月14日に浦和県(現埼玉県)から東京府に編入されました。1889年(明治22年)の町村制施行時点では北豊島郡王子村大字豊島でした。1908年(明治41年)8月8日、王子村は町制施行し王子町になりました。大字豊島字築地には「王子三業地」と呼ばれる三業地があり、「築地通り」近辺には映画館(築地館)もあり栄えましたが、これが現在の築地商店街です。

 「王子」駅からは歩くと22分かかり、バス便では8分で「豊島5丁目団地」バス停、そこから徒歩3分の場所に所在します。駅からは遠いのですが、「王子」駅行きのバスは1日合計350本、平日午前7時〜8時台は合計66本もあります。しかも、マンションでは人気となりやすい官民一体(東京都、北区、民間企業)の複合開発によるマンションで、約2.9ヘクタールの敷地に、本マンションのほか、スーパーマーケット文化堂豊島店、ホームセンタービバホーム豊島5丁目店が近接して誕生します。

 さらに、
出会いの広場、まちの公園広場、眺めの広場が新たに作られ、隅田川に面した南東側にはテラスやスーパー堤防が整備されるなど、防災機能を強化するとともに、豊かな親水空間を生み出しています。

 全戸南東向きのリバーフロントです。共用施設としてはサイクルピット、パーティールームなどが備わっており、ご家族で住むのにふさわしいマンションとなっています。

 板状マンションですので、間取りは
田の字型の住戸となり、3LDK〜4LDK、専有面積68.58平米〜88.42平米のオールファミリー住戸です。注目すべきは価格で、第2期販売は3,400万円台からあり、坪単価168万円〜224万円程度です。平均坪単価は200万円を切るのではないかと見られており、バス便とは言え、23区物件としては久々の低価格水準です。

 「王子」駅からは
「東京」駅、「上野」駅、「秋葉原」駅、「飯田橋」駅、「永田町」駅などにダイレクトアプローチ、本数の多いバス便との組み合わせは、案外スムース・スマートかもしれません。再開発で商業施設と一体となった便利の良い新築マンションが、私達サラリーマンの手の届く範囲であることに希望を感じます。プレミストブランドもアピールポイント、資産性よりも生活を大事にしたいと思える物件です。

公式ホームページ ⇒プレミスト東京王子

TOPへ


| 新築マンション 北区 | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック